その他

2016.12.18

第34回神宮外苑ロードレース 12月4日 神宮外苑

神宮外苑ロードレース開催!ブラインドランナーの笑顔光る

12月4日。JBMA神宮外苑ロードレースが開催された。今年で34回目を迎える同大会には延べ1500人以上がエントリー。記録を競う10キロのロードレースと、楽しくそれぞれのペースで歩くことを目的とした5キロのウォーキングの2種目が行われた。老若男女、障がいの有無などあらゆる垣根を取り払い、誰もが楽しめるこの大会。ノーマライゼーション社会の実現へ向け、果たす役割は大きいという。

多くのランナーが神宮外苑に集った

 ゲストランナーには、今年9月にリオデジャネイロパラリンピックで銀メダルを獲得した道下美里選手(三井住友海上)、同じく銅メダルを獲得した岡村正広選手(千葉県立千葉盲学校)も参加した。次回で35回目の節目を迎える本レース。2020年の東京パラリンピックに向けて、今後もますます盛り上がっていくだろう。また来年、黄金色の銀杏のもとに、たくさんの笑顔が咲き誇るのが楽しみだ。 

(記事、写真 太田萌枝)

>>詳細記事はこちら

日本盲人マラソン協会(JBMA)大会・イベント 結果レポート/第34回神宮外苑ロードレース(広報インターン記事)