軟式庭球部

2016.12.01

全日本学生選抜インドア選手権 11月27日 神奈川・小田原アリーナ

層の厚さを見せつける!船水・星野組が優勝

 全国の学生の精鋭たちが集う全日本学生選抜インドア選手権(学生インドア)。ワセダからは3ペアが出場し、全ペアがベスト4に進出する活躍を見せる。決勝は船水颯人(スポ2=宮城・東北)・星野慎平(スポ2=奈良・高田商)組と安藤優作(社2=岐阜・中京)・安藤圭祐(スポ4=岐阜・中京)組の同士討ちに。船水・星野組が勝利し、天皇杯に続き学生インドアの頂点に立った!

 全日本学生選手権チャンピオンの吉川純平(スポ4=徳島・脇町)は小西晶也(社4=三重)とペアを組んで出場。梅澤・安積(東海大)組との対戦では久々のインドアでの大会ということもあり、自分たちのミスで失点を重ねてしまう。しかしゲームカウント1−3で迎えた5ゲーム目、小西のカットサーブが反撃の糸口となった。小西晶のサーブで相手を崩すと、浮いたリターンをすかさず吉川がコートにたたき込む。諦めることなく強気に攻め続け、勝負の行方をファイナルに持ち込む。しかし決め手となる一本が出ずにファイナル5−7で敗れてしまう。次戦で顔を合わせた広光・河辺(中京大)組を1で振り切り、得失ゲーム差で準決勝に駒を進めた。Aブロックの船水・星野組、Bブロックの安藤優・安藤圭組はともに全勝で準決勝に進んだ。

サーブから流れを作った小西晶

 準決勝で船水・星野組は岡本・榊原(日体大)組を撃破。安藤優・安藤圭組は小西・吉川組を倒し、決勝戦はワセダ対決となった。序盤、安藤圭のボレーが炸裂。船水が様々なコースに打ち安藤ペアを翻弄(ほんろう)しようと試みるが、安藤優・安藤圭組も食らいつく。取っては取られのシーソーゲームを展開し、ゲームカウント2−2。ここから、船水が持ち前のカバーリングで安藤ペアの攻撃を封じ始める。星野も甘いボールは逃さずボレーで決めにいった。最後は星野が逆をついたボレーを決め5−3で船水・星野組が見事優勝を決めた。

落ち着いてボレーを決める星野

 インドアでの試合となる今大会でもワセダは強さを見せつけた。船水、星野、安藤優ら2年生はもちろんの事、引退を迎えた4年生も現役時代と変わらないプレーで大活躍した。これから増えていくインドアの試合に向けて、ワセダ全体で幸先の良いスタートを切った。

天皇杯に続きインドアでも頂点に立った船水(左)・星野組

(記事 栗林桜子、写真 吉澤奈生)

コメント

船水颯人(スポ2=宮城・東北)

――優勝おめでとうございます。きょうの調子はいかがでしたか

先週まで外でやっていて、インドア練習も1、2回しかできていなかったので、インドアの感覚がつかめませんでした。慣れていない中で、12月の中旬にある大きな大会に向けて確認しながらじゃないですけど、いろいろと試しながらやっていました。その中でミスが出てしまいましたね。

――アジア選手権を経験して試合の取り組み方で変わったことは

アジア選手権自体、まぐれとかではなく自分自身狙って取れたメダルという実感がありました。特に変わったことはないですが、今まで自分がやってきたことが正しかったんだと証明されたので、今までよりも自信を持ってプレーできるかなとは思います。

――決勝は安藤兄弟との対決でした、振り返っていかがでしたか

安藤安藤のペアと戦えるのも残り少なくなったので、勝つことはもちろんだったのですが良いゲームをできたらとも思っていました。内容も悪くなかったと思います。

――これから試合数も少なくなっていきますが、冬に向けて

やはりボールを打つ練習というよりはトレーニングをメインにやっていきたいです。来年は国際大会のない1年でもあるので2年後に向けてもっと強い体を作っていかなくてはならないと先日のアジア選手権大会で感じました。もう一度体を作り直すことに力を入れたいです。来年1年間はインカレと天皇杯の連覇を目標に頑張ります。