バレーボール部

2016.11.29

全日本大学選手権 11月29日 愛知・千種スポーツセンター

全日本インカレが開幕!危なげなく初戦に勝利

  学生日本一を決める大会、全日本大学選手権(インカレ)がとうとう幕を開けた。4年生のための大会とも言われる今大会。泣いても笑っても早大バレー部が現体制で臨むことができる最後の大会となる。4年生のためにーー。全員が思いを一つに優勝を目指す。初戦の相手は東海リーグに属する愛知学院大。序盤は硬さも見られたが、地力の差を見せつけセットカウント3−0(25−12、25−20、25−16)で白星を挙げた。

  負けたら終わりのトーナメント戦。インカレには普段のリーグ戦とは一味違う雰囲気が漂っていた。まずは、喜入祥充(スポ3=大阪・大塚)のスパイクで最初の一点を挙げたが、その後は初戦の硬さ故のスパイクミスやレシーブの乱れなども見られた。それでも、サーブで相手のレセプションを崩し、相手に反撃の隙を与えない。終始主導権を握り第1セットをものにした。

エンドラインぎりぎりのサービスエースを奪いチームを沸かせた真鍋

  続く第2セット。藤中優斗(スポ2=山口・宇部商)のサーブで相手を崩すと、いきなりの4連続得点。このまま相手を引き離すかとも思われたが、喜入の時間差攻撃をブロックで止められ、一時はサイドアウトを取り合う展開となる。しかし、山﨑貴矢(スポ3=愛知・星城)の強烈なサーブから5連続得点を奪うと、けがから復帰した加賀優太(商3=東京・早実)がバックアタックで活躍を見せ、相手を引き離すことに成功する。そして23−18の場面。ピンチサーバーとしてコートに入った真鍋祐輔(人4=香川・高松第一)がいきなりのサービスエースを奪うと早大サイドからは大きな歓声が上がった。そのままこのセットを取り切り迎えた第3セット。勢いに乗った早大が中盤に2度の4連続得点を奪い相手を寄せ付けない。最後は山口主将に代わって入った小林光輝(スポ2=長野・創造学園)がトスを連続で鵜野幸也(スポ2=東京・早実)に託す。その思いに応えた鵜野が3本目のトスを相手コートに叩き込み25—16。初戦で危なげなく勝利をつかんだ。

セッター小林と息の合ったプレーを見せマッチポイントを決めた鵜野

  きょうの試合では途中で大幅にメンバーを入れ替えた早大。途中からコートに入る選手の肩を叩き緊張を解し合う場面も多く見られた。あすは1日に2試合が行われるため、リザーブの選手の活躍も重要となる。「チーム全員で2試合乗り越えていきたい」(加賀)。頂点へ向けて、負けられない戦いはまだ始まったばかりだ。

(記事 杉山睦美、写真 藤原映乃)

セットカウント
早大 25-12
25-20
25-16

愛知学院大
スタメン
レフト 喜入祥充(スポ3=大阪・大塚)
レフト 藤中優斗(スポ2=山口・宇部商)
センター 加藤久典(スポ4=東京・早実)
センター 山﨑貴矢(スポ3=愛知・星城)
ライト 田中健翔(スポ4=熊本・鎮西)
セッター 山口頌平(スポ4=長崎・大村工)
リベロ 堀江友裕(スポ1=和歌山・開智)
コメント

山口頌平主将(スポ4=長崎・大村工)

――インカレの初戦となりましたが硬さなどはありましたか

思ったようなプレーは全然できてはいないんですけど、去年は1回戦で先にセットポイント取られたりする場面もあったのですが、各自感覚をなかなかつかめない中で考えれば最低限のことやできる範囲でのことはできてたのかなと思います。点数的にも悪い感じではなかったのであとは試合をしていく中で感覚を早めに取り戻して、今までやってきたチャンスボールを確実に、もっと正確にセッターのところに返して速攻を絡められたらもっとコンビができてきたりすると思います。レシーブとブロックの関係などを試合をやりながら詰めていけば問題はないかなと思います。

――コンディションはいかがですか

秋リーグが終わってこの全カレに向けてウエイトトレーニングとかも追い込んだり、軽くしたりしました。練習やトレーニングの質というのはやれるだけのことはやってきたと思うのでコンディションはいいと思います。

――センターのマークが厚い中でサイドの選手の活躍が見られましたいかがですか

センター線のマークが厚くなるっていうのはどこと対戦しても考えられることです。そんな中でもセンターはコンスタントに決めてリズムつくってほしいですし、センターにマークが厚く来てる分サイドの選手は少しマークは薄くなってると思うでそこを確実に決めていってもらいたいと思います。

――強化されているブロックですが出来はいかがですか

ブロックも止めるだけじゃないのでしっかり位置取りや出し方を間違えなければ抜けて来たボールをレシーブできます。ブロックの本数だけにこだわらずにチームとしていいブロックを目指してやってきたのでそこを今大会通じて出していければと思います。

――あすは5セットマッチの試合を2試合することになりますが意気込みをお願いします

もちろん一試合一試合やってくだけですけど、勝ち進めばあしたの2試合目がこの日大と当たりますがまず1つ目の山場かなと思います。春リーグはストレートで負けたりもしてますし、油断とかは全然ないですがやってきたことをしっかり2試合目の日大戦に限らず1試合目から自分たちのアップをして自分たちのプレーをすれば問題ないと思います。そこの準備を怠らずにやっていきたいと思います。

加賀優太(商3=東京・早実)

――きょうはサーブからコートに立ちましたが、元々出場は決まっていたのですか

全カレは実力的には格下相手でも苦戦することが多いので、自分たちのチームに余裕があってもなくても、自分は出場する立場だと思っていました。(出場は)聞いていなかったのですが、出るものだと思って準備をしていたので、心境の変化はなかったです。

――初戦ということで硬さはありましたか

自分自身2ヶ月ぶりの実戦だったのでけっこう緊張してしまい上手くいかない部分もあったのですが、他の人に助けられて上手く初戦を勝てたので良かったです。

――きょうの試合の振り返りをお願いします

自分的には頌平さん(山口頌平主将、スポ4=長崎・大村工)にうまく使ってもらって決められた場面もあったのですが、こっちが2段トスでキツイ場面で全然決められませんでした。あすからは日大とも当たると思いますし、そういう場面でトスが上がってきたときに、実戦から離れていたということを言い訳にして取り組みたくないので、あすはそういう厳しい場面でも決められるようにしたいです。

――今のチームの状態としてはいかがですか

きょうは初戦ということで硬さも見られたのですが、今まで東京の練習でもみんな調子良いなっていう感じはしていたので、いい具合で来ていると思います。

――あすへ向けての意気込みをお願いします

1日2試合あるので、スタメンの人たちを楽にさせてあげられるように、初戦から自分たちリザーブのメンバーがたくさん出て、チーム全員で2試合乗り越えていきたいです。

藤中優斗(スポ2=山口・宇部商)

――インカレ(全日本大学選手権)の初戦となりましたが緊張などはありませんでしたか

去年は初戦で緊張して思うようにプレーできませんでした。ことしは2年生になったので思い切ってやろうということを心掛けていたので、初戦は緊張するだろうなと思ったんですけどあまり緊張はありませんでした。

――コンディションはいかがですか

トレーニングの面であったり、6人の試合形式での練習というのを多めにやって追い込んで来ました。秋リーグが終わって見つかった課題を全カレ(全日本大学選手権)に向けて改善してきました。この1週間で疲労を抜きながら調整してきたのでコンディションはバッチシだと思います!

――スパイク決定率が高かったと思いますがご自身のプレーを振り返っていかがでしたか

初めての会場だったり、全カレの初戦ということもあったので2段トスだったり難しいボールを入れるんじゃなくて打ち込んでいこうということはきょう僕の中で心掛けていました。その部分を打ち込めたのと、相手がコミット(ブロック)で来てて常に(ブロックが)1枚だったのでその部分で決めやすかったなと思います。/p>

――あしたは5セットマッチの試合を2つこなすことになりますが意気込みをお願いします

相手は負けられない相手だと思うのでだからこそしっかり気合を入れて3ー0で無駄なことをせずにしっかり勝ち切りたいと思います。

堀江友裕(スポ1=和歌山・開智)

――ご自身にとって初めての全カレの舞台でした

2日前くらいから、夜もあまり寝れなくて、ずっと緊張していました。

――きょうのご自身のプレーを振り返っていかがですか

極端に言うと、一本目のサーブが返った時に緊張が解けました。体も動いていたので初戦としては良かったのではないかなと思います。

――周りの先輩に何かアドバイスは受けましたか

僕は見るからに緊張していると思われていたので、先輩にも「思いっきりやったら良いよ」と言われました。でもやっぱり1年で出るからにはちゃんと良いプレーをしないといけないと思います。試合に入ってからはいいパスも返っていたので、「ナイスキャッチ」などの声もかけていただいて、とてもやりやすい環境でプレーができました。

――課題としているブロックとレシーブの関係についてはいかがでしたか

きょうのチームはそんなに強打を打ってくる感じではなかったのですが、その中で少ないボールでもワンタッチをかけてレシーブも上がっていました。僕としては50点くらいの出来で、2本に1本上げれるくらいでした。(相手のレベルが)上になってきたら強打も増えてくるので自分の技術的なところを修正していきたいです。

――今の時点でのチームの雰囲気はいかがですか

良いか悪いかで言ったら良いと思います。自分のプレーで先輩にストレスを溜めないように、気を使うというわけじゃないんですけど、安定したプレーをしていきたいです。

――あすへ向けての意気込みをお願いします

順調にいったら日大と当たるので、1部のチームということで、ナメてかかったりしたら危ないと思うので、しっかりと一戦必勝で一点一点集中して優勝目指して頑張っていきたいと思います。