Notice: mycategoryorder_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/wasedasports2013/www/wasedasports/wp/wp-includes/functions.php on line 3959
快晴に響く『紺碧の空』――伝統の一戦を圧勝で終える | 早稲田スポーツ
メニュー

ホッケー部

2016.11.09

第90回早慶定期戦 11月6日 早大東伏見グラウンド

快晴に響く『紺碧の空』――伝統の一戦を圧勝で終える

 この瞬間を、待っていた。歓喜に湧く応援席。駆け寄る選手たちは笑顔、涙、それぞれの喜びを爆発させる。伝統の早慶定期戦。ことし、男子は90回という節目の年を迎えた。試合は終始早大ペースで進む。慶大の戦略を徹底的に分析し、攻撃の芽を摘み取る。さらに後列から攻めの起点をつくる、これまでの早大が使うことのなかった秘策を投じた。前後半でそれぞれ3点を奪取し、失点は0。「作戦が功を奏した」と宮崎主将は圧勝の試合に満足げな表情を浮かべた。

 試合はいきなり動きをみせる。開始早々、DF斎藤湧大(スポ1=栃木・今市)のボールにFW関修平(商2=東京・早大学院)が合わせ、先制点を獲得。喜びを全身で表したパフォーマンスで会場を盛り上げた。直後には課題の1つであるペナルティコーナー(PC)から再び関が得点を奪う。開始10分以内に2得点を挙げた早大。勢いが加速した。19分にはFW今村光成(商1=東京・早大学院)のアシストからMF宮口和樹(スポ3=滋賀・伊吹)がゴールへ押し込み、得点をさらに伸ばす。負けられない慶大は前半、2度のPCで反撃チャンスを得るが、早大守備陣に阻まれ失敗。3-0で試合を折り返す。

3点目を奪取した宮口

 勝負の後半、1度手にした勢いが衰えることはなかった。開始5分でこの試合4度目のPCを獲得すると、宮崎の一撃で点を加算。しかし直後の後半7分、慶大にペナルティストローク(PS)を許し、この試合最大の危機を迎える。「止めてくれ」、観客席の祈る声が飛ぶ中、GK戸田翼(スポ4=滋賀・伊吹)はシュートを冷静に弾く。守護神として早大のゴールを守り続けてきた4年生の神髄を見せた。12分には宮崎が再びPCからの点を取り、慶大を一気に突き放す。その後も相手にPCを許すなど幾度となく危機を迎えるが、DF陣が一枚上手の守備を展開し、無失点を貫いた。終了間際に宮口が中盤から抜け出し、宮崎につなぐ。主砲の宮崎が放つ鋭いシュートが、きょうの試合を物語った。終了のブザーとともに弾ける喜び。西日が差し込む東伏見に『紺碧の空』が響き渡った。

ファインセーブで無失点に貢献した戸田

 得点力に欠け、後半に弱い――新体制となってから抱える課題に苦しめられた早大ホッケー部の努力が、ようやく花開いた瞬間だった。リーグ戦とは異なるこの試合は、早慶両チームの選手たちにとって特別な意味を持つ。宮崎は「早慶戦は何としてでも勝ちたい」と語気を強めた。例年ならばこの一戦を最後に4年生は引退だが、ことしは全日本学生選手権(インカレ)が控えている。いざ、最後の戦いへ。今試合の自信と勢いを携え、早大は全国の強豪に挑む。

(記事 榎本透子、写真 大森葵、下長根沙羅)

完勝の喜びを爆発させた

関連記事

【連載】インカレ直前特集『Shooting Stars』

伝統の一戦、2年連続の優勝ならず/第89回早慶定期戦(12/02)

早慶定期戦
早大 3-0
3-0
慶大
コメント

FW宮崎俊哉(スポ4=福井・丹生)

――早慶戦はご自身ではどのような位置づけと考えていますか

3年までは早大と慶大が試合をする、くらいにしか考えていなかったんですけど、4年生になって、伝統の一戦ということにようやく気づきました。早慶戦に負けたら後悔する部分もあるだろうし、ホッケー部だけではなく早大の多くの体育会が早慶戦をやっていて、早慶戦の大きさや伝統を感じています。そんな戦いには何としてでも勝ちたいし、結果を残そうと思って臨みました。

――今試合を振り返っていかがですか

見てても分かったと思うんですけど、気持ちよかったというか、自分たちがしっかり作戦を練ったことが忠実に出来て、それを継続的に出来て、生まれた結果だと思います。6-0で大勝という形で早慶戦を締めくくれたのは純粋に嬉しかったです。

――作戦は早慶戦に向けてのものですか

はい。ことし1年間、フルプレスをしたことがなくて、早慶戦にぶっつけ本番で、フルプレスで相手にしっかりプレッシャーをかけていこうという話をして、それがはまりましたね。慶大も多少早大の対策をしたと思うんですけど、うちは(これまで)フルプレスをやっていなかったので、どれだけ作戦を立てても見出せなかったと思います。うちが秘策としてフルプレスをしたのが功を奏して、きょうにつながったと思います。

――今シーズンなかなか決まらないPCが決まっていましたね

そうですね。これまでずっと練習してきましたし、ホッケーの得点源であるPCを駿河台大戦では決められなかったけど早慶戦では決まった、ということは勝敗を左右する大事なセットプレーなので、インカレでも決められるように今後も磨いていきたいと思います。

――PC以外にインカレにつなげていきたい部分はありましたか

メリハリのあるプレーですね。前からプレスをかけるときと、引いて守備を安定させるという部分で、時間ごとに分けてしっかりとメリハリのついたプレーをインカレでもやっていきたいと思います。正直インカレで戦う朝日大は慶大よりも強い相手なので、気持ちで負けずに一矢報いるくらいの気持ちで、しっかり準備していきたいと思います。