Notice: mycategoryorder_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/wasedasports2013/www/wasedasports/wp/wp-includes/functions.php on line 3959
帝京大戦展望 | 早稲田スポーツ
メニュー

ラグビー部

2016.11.05

関東大学対抗戦 対帝京大 11月6日 秩父宮ラグビー場

帝京大戦展望

 関東大学対抗戦(対抗戦)で、ここまで4連勝と勢いに乗っている早大。次に迎える相手は、早大同様にこれまで4戦全勝の学生王者・帝京大だ。前回の対戦は8月21日。22-47で敗れはしたものの、一定の成果が見られる試合だった。それから約2カ月半。早大が追いつき、追い越すのか。それとも帝京大が差を広げるのか。早大にとって対抗戦最大のヤマ場とも言えるこの試合のキーポイントをFW、BKそれぞれの視点から見ていきたい。

 ラインディフェンスや、早大が力を入れている大外でのブレイクダウンなど、BKの注目ポイントは数多くある。その中でも、BKの攻防で特に重要になってくるのは両チームのSO、早大の岸岡智樹(教1=大阪・東海大仰星)と帝京大の松田力也(4年)だ。味方を生かすパス、陣地を拡大するキック、自ら突破するラン。両選手ともにそのすべてにおいて高次元のプレーができる。どちらのチームもBKラインにはタレントがそろっているだけに、SOがどれだけ的確にゲームメークできるかが勝負のカギを握っていると言えるだろう。特に今季の早大にとって陣地拡大は必須。スクラム、ラインアウトモールといった早大が強みとしている部分を発揮するためにも、岸岡のキックでFWを前に押し出したい。対する松田は今春の日本代表にも招集され、代表キャップも獲得した選手。大学生トップクラスのSOであるだけに、一筋縄ではいかないだろう。早大は岸岡だけでなく、SH齋藤直人(スポ1=神奈川・桐蔭学園)のボックスエリアへのキックも活用しながら、空いたスペースを冷静に突いていきたい。

岸岡とともにゲームメーカーの役割を担う齋藤直

 FWのキーポイントは何といってもスクラムだろう。帝京大は前節、慶大の低くまとまったスクラムに苦しんだ。それに対し、早大がこれまでに組んだマイボールスクラム40回のうち、相手のペナルティーを誘ったのは15回にも上る。試合を追うごとに破壊力を増している早大のスクラムは、帝京大にとっても大きな脅威となり得るはずだ。プロップ千葉太一(教4=東京・早実)を中心に、FW8人で圧力を掛けたい。さらに、そこで得たペナルティーからラインアウトモールを押し込むことも武器の一つ。帝京大もモールでのトライが目立っており、どちらが主導権を握れるかに注目だ。そこで警戒すべきはNO・8ブロディ・マクカラン(2年)。191センチの長身に加え、バネのあるジャンプを見せる。ラインアウトでボールに手を掛けられないように注意が必要だ。また、ブレイクダウンの優劣も大きなポイントだろう。帝京大は、中盤の接点でプレッシャーを掛けることで生み出す数的有利の状況から、決定力抜群のバックスリーに展開するのが定石。判断良く接点でファイトし、帝京大のアタックを寸断したい。

スクラムの要である千葉

 スクラム・チームディフェンス・ブレイクダウン。今季の早大がシーズンを通してこだわり続けている三点だ。春季にどれだけ結果が出ずとも、それらを中・長期的に強化してきた。そのすべてが、帝京大打倒に欠かすことのできない要素と言えるだろう。「自分たちがこれまでやってきたことを信じて戦いたい」(ロック桑野詠真主将、スポ4=福岡・筑紫)。ノーサイドの瞬間をどのようにして迎えることになるのか。対抗戦最大のヤマ場が、目の前に迫っている。

 

(記事 進藤翔太、写真 本田理奈、寺脇知佳)

関連記事

【連載】対抗戦開幕特集 『THE 15』


早大メンバー
背番号 名前 学部学年 出身校
鶴川 達彦 文構3 神奈川・桐蔭学園中教校
貝塚 隼一郎 政経4 埼玉・早大本庄
千葉 太一 教4 東京・早実
山口 和慶 スポ4 福岡
◎桑野 詠真 スポ4 福岡・筑紫
加藤 広人 スポ3 秋田工
佐藤 真吾 スポ2 東京・本郷
宮里 侑樹 スポ2 沖縄・名護商工
齋藤 直人 スポ1 神奈川・桐蔭学園
10 岸岡 智樹 教1 大阪・東海大仰星
11 桑山 聖生 スポ2 鹿児島実
12 中野 将伍 スポ1 福岡・東筑
13 宇野 明彦 スポ1 神奈川・横須賀
14 本田 宗詩 スポ4 福岡
15 梅津 友喜 スポ1 岩手・黒沢尻北
リザーブ
16 佐田 涼祐 社4 東京・早実
17 鷲野 孝成 基理2 神奈川・桐蔭学園
18 小笠原 優 商4 秋田
19 三浦 駿平 スポ1 秋田中央
20 増原 龍之介 教1 広島・崇徳
21 吉岡 航太郎 スポ3 国学院栃木
22 高橋 吾郎 スポ3 福岡・修猷館
23 緒形 岳 スポ2 新潟・新発田
※◎は主将、監督は山下大悟(平15人卒=神奈川・桐蔭学園)

>

関東大学対抗戦Aグループ星取表(11月5日現在)
  帝京大 明大 筑波大 早大 慶大 青学大 日体大 成蹊大
帝京大 11/20 14:00

秩父宮
12/3 14:00

秩父宮
11/6 14:00

秩父宮
○42-31 ○111-0 ◯134-3 ◯91-0
明大 11/20 14:00

秩父宮
○48-28 12/4 14:00

秩父宮
11/6 11:30

秩父宮
◯60-5 ◯79-0 ◯70-0
筑波大 12/3 14:00

秩父宮
●28-48

●12-46 ●20-28 ◯15-13 11/6 14:00

熊谷B
11/19 14:00

江戸川
早大 11/6 14:00

秩父宮
12/4 14:00

秩父宮
◯46-12 11/23 14:00

秩父宮
◯48-19 ◯45-40 ◯71-0
慶大 ●31-42 11/6 11:30

秩父宮
○28-20 11/23 14:00

秩父宮
12/3 14:00

熊谷B
○55-0 ◯85-7
青学大 ●0-111 ●5-60 ●13-15 ●19-48 12/3 14:00

熊谷B
11/19 14:00

三ツ沢
11/6 11:30

熊谷B
日体大 ●3-134 ●0-79 11/6 14:00

熊谷B
●40-45 ●0-55 11/19 14:00

三ツ沢
11/26 14:00

江戸川
成蹊大 ●0-91 ●0-70 11/19 14:00

江戸川
●0-71 ●7-85 11/6 11:30

熊谷B
11/26 14:00

江戸川
※秩父宮は秩父宮ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、浜川は高崎市浜川陸上競技場、月寒は札幌月寒ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、熊谷Bは熊谷ラグビー場Bグラウンド、江戸川は江戸川区陸上競技場、海老名は海老名運動公園陸上競技場、慶大日吉Gは慶大日吉グラウンド、三ツ沢はニッパツ三ツ沢球技場。
関東大学対抗戦Aグループ順位表(11月5日現在)
順位 チーム 試合 得点 失点 得失 トライ
帝京大 378 34 344 58
明大 257 33 224 39
早大 210 71 139 33
慶大 199 42 157 29
筑波大 75 135 -60 10
青学大 37 234 -197
成蹊大 317 -310
日体大 43 313 -270
勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。