ソフトボール部

2016.11.03

第47回関東大学選手権 10月30日 神奈川・秦野市おおね公園スポーツ広場

堅守光るも好機生かせず。打線の覚醒を待つ

TEAM
早  大
淑徳大
○宮川―加藤
◇(二塁打)山内
TEAM
早  大
東京富士大
●廣瀬―加藤
◇(二塁打)川崎

 冬を感じさせるような寒空の下、今季のヤマ場の一つである関東大学選手権(関カレ)が開催された。初戦の相手は淑徳大。序盤に早大が1点をもぎ取るも、その後はスコアボードに0が並ぶ緊迫した投手戦に。結局先発の宮川眞子(スポ3=福島・帝京安積)を始めとする堅い守備が相手打線に得点を許さず、1-0で初戦を突破した。続いて迎えた3回戦は東京富士大との対戦。秋季リーグ戦(リーグ戦)の開幕戦ではわずか2安打に抑えられ敗北したが、今回も打線がなかなかつながらない。終盤に得点機を迎えるもあと一本が出ず、またも完封負け。3回戦敗退となった。

 序盤の1点が決勝点となった。2回、大庭由乃(スポ3=千葉・木更津総合)が四球を選んで出塁。2死三塁の好機をつくると、8番の川崎楽舞(スポ1=千葉・木更津総合)が中前に打球を運んで走者を返した。追加点を奪いたい打線だったが、3回以降は好機をものにできない。一方、先発投手の宮川は初回から先頭打者に安打を許すも、少ない球数で確実に打者を打ち取り相手打線を散発3安打に抑える好投。三塁手の手塚麻菜美(スポ2=北海道・とわの森三愛)など、バックの堅実な守備にも助けられ、リードを守り切った。

手塚の守備に何度も歓声が上がった

 3回戦は同リーグの強豪・東京富士大との対戦。廣瀬夏季(スポ1=北海道・とわの森三愛)が先発のマウンドに上がった。3回、安打を許すと、続いて打ち取った当たりの送球がそれてしまい走者が進塁。2死二、三塁で左前適時打を浴び1点を失うも、本塁を狙った二塁走者を角頼遼香女子主将(社3=千葉経大付)が好返球で刺し、このピンチを最少失点で食い止めた。逆転を狙う5回、ここ数試合で当たっている川崎が右中間を破る鮮やかな二塁打で反撃の糸口をつかむと、加藤千陽(スポ2=愛知・星城)が左前安打で続き好機を広げる。しかし後続が倒れ、得点はならず。終盤にダメ押しの1点を追加され、0-2で東京富士大に敗れた。

川崎が二塁打を放つも、得点はつかめなかった

 好機をつくるものの、あと一本が出ない。秋から発足した新チームの課題としてはまず得点力の不足が挙げられるだろう。チーム全体がそのことをしっかりと自覚しているからこそ、試合ごとの打順の入れ替えや1年生の積極的な起用などが行われている。来週の特別ページシステムの準決勝では、今回敗れた東京富士大と再び対戦することとなる。今季取り組んできた課題の成果を発揮し、次こそ勝利をつかみたい。

(記事 三浦遥 写真 石田耕大)

コメント

川崎楽舞(スポ1=千葉・木更津総合)

――きょうは外野での先発出場となりました

以前一度特別ページシステムのときに外野で出させてもらって、急な出場だったのでその時は心構えができてなかったんですけど、今回はもしかしたらあるかもしれないと自分の中で準備ができていたので入り方としては良い準備ができたと思います。

――1試合目で先制の適時打、2試合目でも二塁打を放つなど打撃の調子が上向いているように見えますが

とにかくきょうはキャプテンの角頼(遼香女子主将、社3=千葉経大付)さんのほうから自分たちのマックスを持っていくっていうことを言われたのでとにかく振るというということだけを意識して、調子が良いかはわからないんですけど、結果として出てくれたのでそこは良かったと思います。

――きょうは好守もみられましたが、守備面については振り返っていかがでしょうか

ポジショニングをとるのにまだライトというポジションに慣れていなくて周りに迷惑をかけてしまっているので、そういうところで貢献できたらなという思いから出たプレーかな、と思います。

――最近は1年生が多く試合に出るようになりましたが、意識している同期の選手はいますか

今回出なかった1年生も、今回出場してたショートの神(樹里乃、スポ1=北海道・とわの森三愛)とか代打で出た増子(奈保、スポ1=東京・日出)とかもそうなんですけど、みんながみんな自分にとってはライバルと思ってます。全員意識してます。

――来週特別ページシステムで再び東京富士大との対戦を控えていますが、そこに向けて意気込みをお願いします。

きょうのリベンジということで、バッティングはきょうの二塁打は自分のなかでは良かったんですけど、あのタイミングで打つよりかは自分の結果よりチームの勝利なので、最後の打席でキャッチャーフライをあげてしまったところであのバッティングができたらな、という悔いが残っているのでチャンスで打てるようにしたいと思います。あと守備では変わらず貢献できるように頑張りたいと思います。