ソフトボール部

2016.10.27

第48回秋季リーグ戦 特別ページシステム 10月23日 埼玉・東京富士大日高総合グラウンド

総当たり戦最下位からの快進撃!準決勝へ

TEAM
早  大
日女体大
○宮川―加藤
TEAM
早  大
日女体大
〇廣瀬、宮川―川崎、加藤
◇(二塁打)山内

 秋季リーグ戦(リーグ戦)の総当たり戦を1勝4敗という不本意な戦績で終えた女子部。現時点ではリーグ最下位だが、心機一転して最終順位が決定する特別ページシステムへと臨んだ。第1試合は今季唯一の白星を挙げた相手である日女体大との対戦。初回から敵の失策が絡み先制点を奪うと、先発の宮川眞子(スポ3=福島・帝京安積)は変化球を巧みに織り交ぜた投球で相手打線を全く寄せ付けない。見事に完封勝利を収め、続いて東女体大と対戦した。拮抗(きっこう)した展開となるが、4回に打線がつながり2点を先制。投手陣は度々ピンチを背負いながらも、要所を締めリードを守り切る。最後まで踏ん張った早大ナインの粘り勝ちで、来月5日の準決勝に駒を進めた。

 ラッキーなかたちでの先制となった。初回、先頭打者の藤井美潮(スポ3=神奈川・平塚江南)が左前に安打を放つと、2番の神樹理乃(スポ1=北海道・とわの森三愛)がすかさず犠打で走者を進める。続いて相手野手が遊ゴロの処理で暴投し、藤井が一気に生還。あっという間に点を先取し、試合の主導権を握った。一方、先発の宮川も外角の直球と緩い変化球でテンポ良く打者を打ち取っていく。相手打線に付け入る隙を与えず、5安打無失点、四死球0という完璧な内容で試合を締めた。

宮川は7回を投げ抜き完封

 2回戦で対戦相手として迎えるのは、前回の対戦で1安打完封負けを喫した東女体大。早大は廣瀬夏季(スポ1=北海道・とわの森三愛)、川崎楽舞(スポ1=千葉・木更津総合)の若い1年生バッテリーが先発となった。度々ピンチを背負いながらも、廣瀬は要所を締める投球で3回まで無失点に抑える。試合が動いたのは4回。4番・山内実咲(スポ3=神奈川・向上)が右翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、その後も好機を広げ1死満塁とする。この得点機で8番の川崎から左前適時打が飛び出し、2点をもぎ取った。先制点をもらった廣瀬は直後、フルカウントからやや高めに浮いた球を二塁打とされ、続く打者にも適時打を浴びて1点を失ってしまう。しかしそれ以上の失点を許さず、5回からマウンドに上がった宮川も東女体大打線の追い上げをなんとかかわして投げ抜いた。最終回はあわや本塁打かという大飛球を左翼手の角頼遼香女子主将(社3=千葉経大付)が腕を伸ばしてつかみ取り、試合終了。1点差の緊迫した試合を制した。

山内の二塁打が先制の皮切りとなった

 投手陣を始めとする粘り強い守りで連勝を飾った早大。次の準決勝の試合では、開幕戦で惜しくも競り負けた東京富士大と対戦する。得点力不足が原因で敗北した相手に、打線がどれほど食らいついていけるか。今季の集大成となる特別ページシステムの舞台で、開幕戦からの成長を見せてくれることに期待したい。

(記事 三浦遥 写真 石田耕大)

コメント

角頼遼香女子主将(社3=千葉経大付)

――きょうの2試合の振り返りをお願いします

6位からのスタートだったのですが、ここが本番ということでチームでも照準を合わせてやってきたので、内容の濃い試合ができたのではないかなと思います。

――2試合とも1年生が多く出場しました

このリーグ戦と、次に控えている関カレ(関東大学選手権)では選手の底上げということを目標に、いろいろな選手を使って全体的なレベルを上げていこうとしているので、そういった意味ではその目標も達成できました。

――きょうの試合では犠打を多く決めている印象を受けました

そうですね。今、バントの練習もしていますし、いろいろな戦術を使っていこうというスタイルでやっています。

――開幕戦から比べると、打順も大きく変わりました

あえて固定をしていないという形です。今はいろいろな選手でいろいろな打順を組んで、その組んだ打順によって点の取り方も変えているので、この後もまた変わっていくと思います。

――東女体大戦の最終回での左翼飛球、ヒヤリとしましたね

はい、あれは捕っていなければホームランでした(笑)。

――現時点で、リーグ戦での収穫はございますか

とにかく今、自分たちが持っている力がどれほど通用するのかを試すということが一番大きなテーマで、その中で開幕戦に比べると自分たちのやりたいことができているし、どこまで通用するかということもわかってきて良かったと思っています。ただ、課題としてはバッティングで点が取れない、ランナーが出ても返す一本がなかったりと得点力に欠けるので、その部分をこれから磨いていこうかと思っています。

――次の特別ページシステムの準決勝に向けて一言お願いします

もう1位を目指して戦うのみなので、厳しい戦いになるとは思うのですが、全員で協力してやっていきたいです。

宮川眞子(スポ3=福島・帝京安積)

――1試合目を振り返って

点を取ってくれる野手としっかりと持ち味を引き出してくれたバッテリーの加藤(千陽、スポ2=愛知・星城)に感謝でいっぱいです。

――外角への投球が効果的だったように見えましたが

一番いいボールが来てるなっていうのと、審判さんがどこまでストライクを取ってくれるかという相性がうまくいったので、そこがうまく噛み合ったのかなと思いました。

――2試合目にリリーフとして登板されましたがそちらについてはいかがでしたか

1年生のもう1人のピッチャーの廣瀬(夏季、スポ1=北海道・とわの森三愛)があそこまで踏ん張って投げてくれたので、私も絶対に0で抑えなきゃいけないと思って気持ち引き締めて行きました。ギリギリだったんですが、最後も角頼(遼香、社3=千葉経大付)が取ってくれたりところなど本当に野手に助けられました。

――現時点で今季リーグ戦を振り返って

リーグ総当たりの時はあまり自分たちの粘り強さが出し切れず、かみ合わなかったんですけど、きょうの2試合はみんなの気持ちや役割が一つにまとまっていたことが勝ちに結びついたのかなと思いました。

――来季へ向けての課題はありますか

私はまだまだ課題だらけで、全然いいピッチングができなかったところが反省なんですけど、チームとして勝ちながら課題を見つけていければいいなと思います。この冬で成長してインカレ(全日本大学選手権)を優勝できるように角頼を中心に頑張っていきます。