ラクロス部

2016.10.26

Bリーグ全日本学生選手権決勝 対慶大 10月23日 神奈川・横浜FC東戸塚フットボールパーク

またも慶大に敗北 『日本一』の栄冠を逃す  

1Q 2Q 3Q 4Q
早大
慶大
▽得点者
奥町

 響き渡る試合終了のホイッスル。ピッチにしゃがみ込み、顔をうつむかせる選手たち。関東ファイナルで敗れた慶大へのリベンジを懸けて臨んだ全日本学生選手権決勝(全日)の舞台で、その雪辱を果たすことはできなかった。序盤は互角の戦いを見せたものの、時間が経つにつれじりじりと点差を広げられてしまう。一方で早大の得点は試合終了間際の1点のみ。1-7と大きくリードを許したまま試合終了。今季のBリーグ最終戦を笑顔で飾ることはできなかった。

 第1クオーター(Q)開始のフェイスオフをMF嶋田育巳人(スポ2=米国・ウェストブルームフィールド)が制し、早大オフェンスでスタート。序盤から果敢にショットを放つ早大。グラウンドボールもしっかり取り切り、オフェンスの時間が続く。しかし以前から課題であったショットの精度をこの日も欠き、得点には結び付かない。逆に第1Q終盤に2点を奪われてしまった。第2QではMF菅原惇司(法2=東京・早実)やMF沼本悠希(人3=岡山・金光学園)らのクリアでオフェンスへ持ち込む場面が見られたが、ショット1本のみ単発の攻撃に終わり、長時間攻め入ることはできず。前半終了間際にはゴール前で決定機を迎えるもショットが打てず、このチャンスを逃す。0-2で前半を折り返した。

第4Qで一矢を報いた奥町

 点を取るしかない後半。しかし焦る気持ちとは裏腹に、第3Q3分と6分に連続失点を喫し、0-4に。早大は第3Q残り2分でのエキストラマンオフェンスのチャンスでゴールを狙うが、ダウンボールを慶大が拾ってクリア。この好機で差を詰めることはできなかった。迎えた最終Q。勢いの衰えない慶大はさらに3点を追加する。残り3分で7点差。それでも選手たちはゴールに向かって走り続けた。そして残り1分でAT奥町遼太郎(商2=東京・攻玉社)のショットがゴールに突き刺さる。このままでは終われない。その気持ちがようやく得点につながった瞬間だった。しかし、反撃ののろしを上げる前に試合は終了。1-7で敗れ、2年連続の日本一をつかみ取ることはできなかった。

試合終了後、肩を落とす選手たち

 「本当に悔しい」と語る嶋田雄二Bチームヘッドコーチ(平7政経卒=神奈川・桐光学園)。関東ファイナルに続いて宿敵に連敗を喫し、全日準優勝という結果に終わったBチーム。しかし、ここで立ち止まっている時間はない。来週にはAチームの関東ファイナル4が控えており、関東ファイナルに進めば慶大と対戦する可能性も十分ある。『日本一』のタイトル、そして打倒・慶大の思いはAチームに託された。早大ラクロス部の次なる戦いは、もう目の前に迫っている。

(記事 小川由梨香、写真 後藤あやめ)

関連記事

鉄壁のディフェンスで立命館大を封じ込め勝利!/Bリーグ全日本学生選手権準決勝 対立命館大(10/23)

コメント

嶋田雄二Bチームヘッドコーチ(平7政経卒=神奈川・桐光学園)

――きょうの試合を終えての感想を聞かせていただけますか

本当に悔しいですね。前半で2点差くらいであればというのは最初から想定していたのですが、第1Qであれだけ攻めて点が取れなかった、決め切れなかったというところを修正し切れませんでしたね。

――前回おっしゃっていたオフェンスサイドの課題が改善し切れなかったということでしょうか

そうですね。シュートまでいくシーンはあったんですけど、精度が低くて。ディフェンスは良く頑張ったと思うんですけど、気持ちが切れて最後失点が増えてしまったのは残念でしたね。

――きょうがBリーグ最後の試合となりましたが、試合後何か選手に話はされましたか

Bチームの試合はこれで終わりにはなるんですけど、とはいえAチームがまだシーズン中ですので、そこにBチームのメンバーを食い込むために、気持ちは切らさずにやっていくつもりです。しっかりきょうの反省をして、あしたからまたいつも通りのことをやっていこうという話はしました。

――今後の目標というのは

BチームのメンバーがどれだけAチームに食い込めるかということになるので、チーム全体がというよりは個々人のレベルアップに集中するかたちになるとは思います。そこについての練習自体もモチベーションも今まで以上に難しいと思うので、自分自身どれだけ課題をもってやれるかが大事になってくると思います。

――Aチームはまだ試合が残っています。最後に今後に向けて一言お願い致します

ケイオーに負けるのは一番悔しいですね。Bチームは残念ながら関東と全日でケイオーに負けてしまいましたが、Aチームには関東の決勝で早慶戦になる可能性がありますから、そこでしっかり勝って僕らの気持ちを晴らしてくれればと思います。

G川本祐輔ゲームキャプテン(商4=岡山芳泉)

――きょうの試合を終えての感想を聞かせていただけますか

悔しい限りです。

――きょうは関東ファイナルで敗れた慶大相手でしたが、どのような意気込みで臨まれましたか

ディフェンスが踏ん張って、オフェンスが点を取ってくれれば勝てる。それだけを考えていました。

――きょうの早大のプレーについては

途中までは踏ん張っていたんですけどね。でも踏ん張って、踏ん張り続けましたね。最後は失点して、こっちが点を決められなくて負けたという感じです。

――きょうの試合で出し切れなかったと感じる点はありますか

向こうの方がうまくて、ちょっとしたミスですぐに点を取られてしまうので。そこの詰めの甘さとかは結構感じましたね。

――きょうがBチームでの最後の試合となりましたが

春先にプレ(プレシーズントーナメント)で(決勝で立大に)負けて、きょうも(関東ファイナルで)一回負けている(慶大が)相手で。さすがにもう負けられないなと。その中でも自分はゴールを守る立場なので、自分が点を取られなければ負けることはないなという思いでいて。でも点を取られてしまって悔しいです。

――ゲームキャプテンとしてBチームを引っ張ってこられて、ことしのBチームについては

僕は統率力があるわけでもなく、プレーで引っ張るわけでもなくて至らない点が多かったんですけど、下級生が多くて、下級生が積極的に頑張ってくれて。下級生が頑張ってくれたからこそここまでこられたかなというのはありますね。みんなが頑張ってやってこられたかなと思います。

――一緒にBチームを引っ張ってきた同期に向けては

僕がキャプテンとして至らない点がある中で、少ない4年生が頑張ってくれて。勇気を与えてくれたりとか、そういった点で非常に感謝しています。

――これから大一番を迎えるAチームメンバーに向けては

Bチームが優勝できずに終わってしまったので、この借りを必ず返してほしいです。自分もBチームからAチームを目指して頑張ります。

MF竹井渉(政経4=東京・都立国際)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

ディフェンスはうまくやってくれたと思うんですが、終盤まで0点で苦しい展開が続いて、オフェンスが機能しなかったです。

――関東ファイナルでも当たった相手でしたが

僕はフェイスオフ専門なので、実際に相手とマッチアップする機会はあまりないのですが、数少ない出場機会で、きょうは自分の中でも良いフェイスオフができたと思います。手応えは良かったですね。

――4年生としてBチームで戦ってきていかがでしたか

後輩がすごくうまく、活躍してる中で、Bチームに呼んでいただいてるかたちなので、Bチームでプレーできたのは幸せでした。フェイスオフに限って言えば、将来有望な後輩がたくさんいるので、これから頑張って欲しいですね。

――Bチームの同期に掛けたい言葉はありますか

100人超えているチームの中で、Bチーム、Cチーム、Dチームとなると、苦しい練習がたくさんあって、合宿とかでも心が折れそうになることがありました。それでも、その中で一緒に頑張ってこられて、途中で抜けていったメンバーもいますが、最後まで残ってやれたのはすごく大きいことです。かけがえのない仲間が手に入ったかなと思っていて、とてもうれしいですし、みんな一人一人努力家なので、尊敬する気持ちが大きいです。

――11月3日にはAチームのファイナル4が控えています

プレーヤーとしてやっている以上は最後までAチームで出る気持ちは忘れないで、フェイスオフですけど、しっかり最後まで全力でやっていきたいです。Aチームで出る気持ちは忘れていません。大舞台に立ちたいと思っています。

MF吉村平(スポ4=埼玉・早大本庄)

――きょうは慶大との試合になりましたが、振り返っていかがですか

オフェンスのせいで負けたと思っています。ディフェンスがしっかり守ってくれている中で、最終的に取れたのが1点では勝てないと思いますね。

――もっと決められたと思う場面があったのでしょうか

シュート精度というのが練習の時から課題として挙がっていました。その課題を克服しようとずっと練習してきたのですが、最後の最後まで克服できずに終わってしまいました。

――4年生としてBチームで戦ってきていかがでしたか

オフェンスの4年生がBチームで4年生は僕しかいなかったので、僕一人でまとめ切れていなかった中を後輩が助けてくれました。後輩にはすごく感謝しています。

――Bチームの同期に何か掛けたい言葉は

最後は悔しい思いをしましたが、「ありがとう」と言いたいです。

――11月3日にはファイナル4があります

チームの戦いはまだ残っていて、Bチームの戦いはこんなかたちで終わってしまったので、絶対にリベンジしたいです。

DF新美拓郎(政経4=AISS)

――きょうの慶大との試合を振り返っていかがですか

要所要所で自分も決められる時があったのですが、決め切れませんでした。ディフェンスも頑張っていたのですが、相手はセットディフェンスで強くもってくるので、クリアからのブレイクがカギかなと思っていました。それをもう少しできていれば、もっと良い試合ができたのかなと思います。

――関東ファイナルで戦った相手でしたが、チームで調整はされましたか

ディフェンスでいうと、下から攻めてくるので、それに対してはちゃんとスライドをつくって、簡単に決められないようにする。それはしっかりできましたね。あとは局面で、フェイスオフで、ちゃんとボールを取りやすいようにフォーメーションを変えたというのもうまくいったと思います。

――新美選手はロングでシュートを打てるというのが特徴だと思いますが、ご自身のプレーはいかがでしたか

最後に1点を決めたかったというのもあったので、(決められなかったのは)すごく悔しいです。 この悔しさは相当引きずりそうです。もしかしたら社会人でもやるかもしれないですね(笑)。

――4年生としてBチームで戦ってきていかがでしたか

例年4年生は少ないのですが、ことし特に少なくて、その分同期との絆を感じることができました。何よりも後輩が頑張ってくれたのが、自分は一番うれしかったです。

――同期や後輩に掛けたい言葉はありますか

まだ終わっていないので、まだ気を抜くなとしか言えません(笑)。ここからシーズン終わるまで、自分はバックアップに転じるかまだ分かりませんが、とにかく一人でも多くBからAチームに上がれるように、自分も全力でチームを支えていきたいと思います。

DF大橋祐次郎(法4=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返って一言いただけますか

(慶大に)2連敗ということで、悔しい気持ちというが大きいです。

――きょうのご自身のプレーについてはいかがですか

チームの中で良くコミュニケーションを取れていたので、個人でできることももっと多かったと思うんですけど、自分の力を完全に発揮できなかったかなと感じる部分があります。

――きょうがBチームでの最後の試合となりましたが

川本(G、祐輔ゲームキャプテン、商4=岡山芳泉)も言っていたんですけど、BチームはAチームに上がるための場所でしかなくて、Bリーグが終わったからと言ってAチームが続く限りチームも続いていくので、最後までAチームをフォローしてケイオーを倒せれば良いと思っています。

――一緒に戦ってきた後輩の活躍についてはどうご覧になっていましたか

僕らの代自体が少ないということもあってBチームに充てられる4年生も少ない中で、2年生も3年生も主体的になってやってくれて。僕はチームを転々と移動することも多かったんですけど、僕がいないところでも3年生の鈴木陽介(DF、政経3=神奈川・桐蔭学園中教校)とかが引っ張っていてくれていたみたいで、そういう点では良く頑張ってくれたなと思っています。

――Aチームは関東ファイナル4を控えています

ケイオーに借りを返しにいこうという思いでいます。

DF小林薫平(政経4=東京・都立国際)

――きょうは慶大との試合となりましたが、振り返っていかがですか

関東ファイナルで負けた相手だったので、負けたくなかったです。相手が強いことは分かっていたので、それをどう乗り越えるかということを今週ずっとやっていたのですが、まだ力不足だったなと感じます。

――今までは好調だったディフェンスはきょうの試合いかがでしたか

前半は粘ることができていて、しっかり今週課題であったことを全部クリアできていたので、前半はすごく良かったです。しかし、やっぱり後半集中力が切れてしまったりして、甘いところにつけ込まれてしまった部分がありました。後半最後まで集中することが課題だと思います。

――4年生としてBチームで戦ってきていかがでしたか

自分の代自体が人数が少ないので、4年生の一人一人の裁量が多くて、それぞれが引っ張らないといけない立場でした。つらい時を一緒に過ごした仲で、一緒に悩んだりしました。

――後輩に掛けたい言葉はありますか

一つは、まだ矢野組は終わっていないので、しっかり一人一人全日(全日本選手権)に向けて、どうやってチームに貢献できるかというのを意識してほしいです。もう一つは、自分はことしから上のチームにいって試合に出させてもらうことがあったので、今出てない人はこれからも諦めずに頑張ること、今出ている人たちは責任感を持って、もっと上を目指してほしいなと思います。

――11月3日のファイナル4に向けて思いを聞かせてください

絶対に勝つ!