庭球部

2016.10.23

三菱全日本選手権 10月22日 東京・有明テニスの森公園

全日本開幕!細沼・大矢組が2回戦へ

 全日本大学対抗王座決定試合(王座)から1週間、プロや学生が頂点を懸けて戦う三菱全日本選手権(全日本)が開幕した。本戦1日目のこの日、女子からはシングルス4名、ダブルス2組が登場。初戦から全日本ならではのレベルの高い試合が展開され、細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)・大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)組が2回戦へと駒を進めた。

★早大勢、シングルス初戦突破ならず

初戦から新旧エース対決となった

 女子シングルスでは本戦からの出場となった林恵里奈(スポ4=福井・仁愛女)と予選を勝ち上がった細沼、大矢、大河真由(スポ1=千葉・秀明八千代)の4選手が全日本の舞台に挑んだ。

 初戦から早大の新旧エース対決が実現した。細沼はOGの吉冨愛子(平28スポ卒=現・橋本総業)との一戦に臨んだ。ファーストセットでは第1ゲームをブレークすると、6-0で奪取。勢いそのままにこの試合をものにしたい細沼だったが、「先輩としての意地を見せてきた」と語るように、吉冨もセカンドセットから徐々に本来の調子を取り戻してきた。主導権を握られ迎えたファイナルセットで再び流れを引き寄せることはできず。一昨年以来の対戦はまたしても先輩の吉冨に軍配が上がり、リベンジは次の機会へ持ち越しとなった。

 また、これまでに全日本出場を果たしながらも初戦突破のカベに苦しめられてきた林。今回の相手は高校生ながらこの大会に参戦している清水映里(グリーンテニスプラザ)だった。序盤から相手のペースに押され、ファーストセットダウン。続くセットでは長いジュースを制して5-5に持ち込むと、7-5でセットオールに持ち込んだ。ファイナルセットでは2-0から6ゲームを連取され逆転負け。「リードした時こそ自分からポイントを取りにいくことが今後の課題」と悔しさをにじませた。

 一方、慶大の押野紗穂との同級生対決となった大矢。ストレートでの敗戦となったが、「スコア以上にポイント間で競れて、自信になった」と内容に手ごたえをつかんだ。ルーキーの大河もプロ相手に善戦するもあと一歩が及ばず、4選手揃って初戦で姿を消した。

(記事、写真 佐藤亜利紗)

★細沼・大矢組が第1シードを破る大金星!

林・上組の最後のダブルスはインカレや王座の再戦となった

 女子ダブルス1回戦には早大から2ペアが出場。明暗の分かれる結果となった。

細沼・大矢組は昨年のチャンピオンの久見香奈恵・高畑寿弥組(ともに橋本総業)と対戦。格上の相手に、序盤から積極的に前に出て向かっていく。息の合ったプレーで着実にポイントを積み重ね、ファーストセットを6-3で奪った。勢いに乗った細沼・大矢組はもう止められない。スピーディーなテニスで相手を圧倒しセカンドセットは6-0。今大会第1シードを破る大金星を挙げ、2回戦進出を果たした。「一個一個やっていって、てっぺん取れるように頑張ります」(大矢)。この勢いで、早大ペアの快進撃に期待したい。

 続いて登場したのは全日本学生選手権(インカレ)優勝ペア、林・上唯希(スポ2=兵庫・園田学園)組。インカレ決勝、王座決勝で対戦した森崎可南子・米原実令組(ともに筑波大)との再戦となった。リベンジに燃える相手ペアに、森崎の強烈なフォアハンド、米原のボレーを中心とした攻撃的なプレーを展開される。相手のセットポイントを4度しのぎ持ち込んだタイブレークは手に汗握る接戦となるが、最後に林のミスが続きファーストダウン。切り替えて挽回したい林・上組だったが、このまま勢いに乗った相手ペアを止められず、6-7(4)、2-6のストレート負けで1回戦敗退となった。2人でのペアリングは今大会が最後。林は「これから上は上級生として引っ張っていく立場になると思う。引っ張らないといけないというプレッシャーに負けずに、どの選手と組もうと上らしいプレーをしてほしい」とエールを送る。先輩から後輩へ、これからもワセダの伝統は受け継がれていくだろう。

(記事 松澤勇人、写真 佐々木一款)

結果

▽女子シングルス1回戦

●細沼千紗(6-0、3-6、0-6)吉冨愛子(橋本総業)

●大河真由(5-7、5-7)久見香奈恵(橋本総業)

●大矢希(2-6、4-6)押野紗穂(慶大)

●林恵里奈(4-6、7-5、2-6)


▽女子ダブルス1回戦

○細沼・大矢(6-3、6-0)久見・高畑寿弥(ともに橋本総業)

●林・上唯希(6-7(4)、2-6)森崎可南子・米原実令(ともに筑波大)

コメント

林恵里奈(スポ4=福井・仁愛女)

――全日本選手権での目標はどう設定されていましたか

何回か出場しているのですが、単複ともに初戦突破ができていなくて。まずはそれを目標にやっていたのですが、気持ちの面で自分に負けてしまっていたかなというのが敗因だったと感じました。

――シングルスを振り返っていかがですか

負けられないとは思っていたのですが、固くなってしまった部分もあったので、そこは考えすぎてしまっていたかなと。セカンドを取れて、ファイナルも2-0アップから6ゲーム連取されたのですが、自分からポイントを取りにいかないとこういう上のレベルになったら勝てないので。リードしたときこそ自分からポイントを取りにいくことが今後の課題になってくるかなと思います。

――ダブルスはいかがでしたか

本当に自分のミスが多くて、なかなかポイントにつながらなかったのが、セカンドは特にもったいなかったかなと。ファーストもタイブレークで3-3だったのですが、そこからやはり引いてしまって相手に先にポーチに出られてしまったりとか、相手のポーチを避けて自分がストロークをミスしてしまったりとか、向こうは何もしていないのにただこちらのミスで落としてしまっていたので、そこがタイブレークを取られてしまった差なのかな。

――上唯希選手(スポ2=兵庫・園田学園)との最後のダブルスになりましたが、メッセージはありますか

本当に今の試合は申し訳なかったと、その一言しかないです(笑)。これから上は上級生として引っ張っていく立場になると思います。引っ張らないといけないというプレッシャーに負けずに、どの選手と組もうと上らしいプレーをしてほしいなと思います。

――上杉海斗選手(慶大)との混合ダブルスに向けて意気込みをお聞かせください

ミックスは初めてなのですが、女子はたぶんというか絶対に狙われるので(笑)。26日から試合なので、あと4日しっかり練習して、ミックスは結構チャンスがあると思うので、気持ちをしっかり切り替えて頑張っていきたいと思います。

細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)・大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)

――きょうの対戦相手は第1シードということでしたが、どのような印象を持って臨まれましたか

細沼 1人は本当に強い選手で、去年2人がこの大会で優勝したというのは知っていて。私がツイッターでもよく見かけるくらい強い選手で。勝とうというよりはとにかく楽しもうと思って臨みました。

大矢 いま細沼さんが言ったように、強い選手だというのは分かっていて。ドロー番号2番ということで、前日に2人で倒しがいがあるねということを話していました。思い切りできましたし、自分たちの持てる力を発揮できましたし、気負わずにできたかなと思います。

――何か具体的な対策はありましたか

細沼 もう何をやってくるか全然分からなかったので(笑)

大矢 分析などもあまりできるような相手ではなかったので、自分たちの試合をしようという気持ちでしたね。

――ファーストセットを振り返ってみて

細沼 もうあんまり覚えてないんですよ・・・。

大矢 0-2になって、そこから2-2に追いつけたのが良かったかなと思います。私サーブで、0-40から挽回して1-2にできて。自分の中では結構大きかったなと思います。

細沼 0-2までは相手が強い強いと思いすぎて変な力が入ってしまっていて。大矢がサーブの時にキープできたのが大きかったよね。

大矢 結構緊張というか、頑張って取らなきゃっていう力みがなくて、これは大丈夫だ!と思ってましたね。

――ではそれがきょうの勝因でしょうか

細沼 そうですね、そのゲームだったかなと思います。

――セカンドセットは6-0でした

細沼 相手が本当に嫌そうだったので、私たちのプレーをやるだけだなと思っていました。

大矢 思い切りいってこのまま流れを自分たちの方に引きつけようということだけ意識していました。

――ダブルスの前にシングルスの試合がありましたが、疲労などはありませんでしたか

細沼 疲労とかは特になかったんですけど、あした部活行きたくないな、勝つしかないと思ってました(笑)。シングルスはお互い負けちゃったんで。

大矢 ダブルスしかないので、絶対残ってやるという気持ちで(笑)。

――細沼選手は吉冨愛子選手(平28スポ卒=現・橋本総業)との対戦ということでしたが、いつぶりの対戦だったのでしょうか

細沼 1年生の時の夏関(関東学生選手権)の決勝ぶりですね。

――以前の対戦の時と何か変化はありましたか

細沼 ファイナルまでいくようになったんですけど、スコアがちょっと・・・という感じですね。すごく先輩の意地というものを感じて、そこは見習わなきゃいけないなと思いました。やはり私の中で吉冨さんはエースという存在ですね、

――試合内容は振り返ってみていかがですか

細沼 もうちょっとできた部分はあったかもしれないんですが、ファイナルとか相手が完ぺきだったので。どうすればいいんだろうと思っているうちに終わってしまいました。セカンドセットはちょっと相手に流れを渡してしまったのが良くなかったのかなと思います。

――大矢選手は慶大の押野紗穂選手との対戦となりましたが

大矢 私はどちらかというとダブルスのほうが得意なんですけれど、その中でもきょうは打ち合ってポイントを取れましたし、スコア以上にポイント間は競れたので。満足しているわけではないですが、押野選手は私と同年代でトップの選手だと思っていて、その相手に打ち合うことができました。もっとできるという自信にもなりましたし、次当たったら勝ちたいですね。

――以前当たったことはありましたか

大矢 高校の引退試合みたいな、全日本ジュニアで当たって。それ以来でした。

――その時よりは手応えを感じているということでしょうか

大矢 その時から押野さんが強くなっていって、学年のトップになっていったのでお互い変わっていっているというか、徐々にレベルアップしていっているのでどうなんでしょう・・・。

――今大会に向けてはどのような目標で臨まれていますか

細沼 予選の時はとりあえず本戦に上がろうという気持ちでした。ダブルスはワイルドカードをいただけていたので、勝ちたいなという思いでダブルスにかける思いの方が強かったんですけど、相手が第1シードということで・・・本当に勝てて良かったです(笑)。シングルスは負けてしまったので、本命のダブルスで頑張ります!

大矢 シングルスは予選に入れると思っていなかったのですが、出させていただけることになって。何が何でも本戦に上がりたいという気持ちが強くて、本戦に上がって1回戦で負けてしまったのですが、ダブルスの方が得意なので(笑)。こっちしか残っていないので、上位進出できるように頑張ります!

――では改めて次戦に向けての意気込みをお聞かせください

細沼 1回戦がすごすぎて、次の相手まで見ていないんですが。学生のダブルが通じるということが分かったので、シードを倒したということで優勝もあると思うので、一個一個頑張ってやっていきたいと思います。

大矢 先を見過ぎずに、一個一個やっていって、てっぺん取れるように頑張ります。