スケート部

2016.10.18

第10回東日本学生選手権 10月15、16日 東京・東大和スケートセンター

礎主将とルーキー安藤がインカレ出場権を獲得!

 2日間に渡って行われた東日本学生選手権。女子Aクラス以外では、早大から3名が出場した。女子Cクラスのルーキー安藤美裕(教1=東京・早実)、男子Bクラスの礎良輔主将(基理=東京・早大学院)が日本学生氷上競技選手権(インカレ)へ駒を進めるなど、それぞれが力を出し切った。

★宮下、復帰戦は悔しい結果に

大学ラストシーズンを戦う宮下

 女子Bクラスには宮下真梨子(国教4=米国・ミルバーン高)が出場。関東学生フリースケーティング選手権をけがで棄権、完治しないまま挑んだ今大会は41位と振るわなかった。シングルアクセルは決まったものの、他の2回転を予定していたジャンプは全て決まらず。大きな課題を残すも、伸びやかなスピンとステップで観客を魅了した。初めての衣装で臨んだというプログラムでは、前半はピアノ協奏曲に乗せた優雅な演技を、後半はアップテンポな曲調に合わせたダイナミックな滑りを見せ、会場を『アメリ』の色に染め上げた。昨季はステップでの転倒もあったが、今回は最後まで滑り切るなど成長も見せた宮下。「次はおそらくバレンタインカップ、もっと練習して頑張りたい」と述べるなど、意気込みを見せている。4年生の宮下にとっては最後の大会となるであろう次戦、今大会で見つけた課題を糧に有終の美を飾ってくれるだろう。

(記事 松本一葉、写真 村田華乃)

★二度の転倒も、1年目でインカレの舞台へ

久々の公式戦で堂々たる滑りを見せた

 ついに迎えた大学デビュー戦。頼れる先輩たちの声援を背に、安藤は笑顔でリンクの中央に向かった。今季のプログラムに選んだのは『エビータ』。まずは、最初のコンビネーションジャンプ二つを完璧に着氷する。特に、冒頭ではルッツからのコンビネーションという高難度の技に挑み、加点のつく高さのあるジャンプを成功させた。その後二つの転倒こそ見られたが、赤い衣装をまとい、スピード感のあるスケーティングで『強い女性』を表現。「緊張した」と語りながらも持ち味を発揮し、14位で見事インカレ出場を決めた。大学生になり、新境地に足を踏み入れたニューヒロイン。「インカレでこのプログラムの集大成を見せたい」。初めての大舞台に向け、技術面、表現面共に磨きをかける。

(記事 川浪康太郎、写真 糸賀日向子)

★礎、ジャンプに収穫も表彰台逃す

力強いプログラムを滑る礎

 この大会の最後に登場したのは、主将である礎。昨季から持ち越した『メタルギアソリッド』に合わせて演技を披露した。前半のジャンプは課題であったダブルアクセルを含め全て着氷し、順調な滑り出しを見せる。後半になると転倒などジャンプの乱れはあったものの、軸のぶれない美しいスピンで自身の魅力をアピールした。まとまった演技で終えたように見えたが、ジャンプの要素を一つ抜かしてしまう痛恨のミス。ステップシークエンスがレベル1になってしまったことも相まって点数が伸び悩み、表彰台を逃した。試合後、礎はインカレでは「ダブルアクセルをクリーンで降りる」と明確な目標を掲げた。大学最後の舞台で二年連続の表彰台に乗り、集大成を見せる。

(記事 糸賀日向子、写真 松本一葉)

閉会式に出席した礎主将

結果

▽男子Bクラス

礎良輔 4位(57.16点)

▽女子Bクラス

宮下真梨子 41位(31.35点)

▽女子Cクラス

安藤美裕 14位(32.24点)

コメント

礎良輔主将(基理4=東京・早大学院)

――きょうの試合の感想をお願いします

目標はダブルアクセルをクリーンで降りることでした。二つとも立ちはしましたが、まだアンダーローテーションマークがついてしまいました。次回のインカレ(日本学生氷上競技選手権)こそはクリーンに降りたいと思っています。

――演技は完成度が高かったように見えたのですが、点数が伸びなかった要因というのはなんだったのでしょうか

実は、二つ目のアクセルを立ったときに自分でもびっくりしてしまい、途中で本当はやらないといけないジャンプを一個飛ばしてしまいました。みんなよりも一つ要素が少なくなってしまったことによる影響と、いつもレベル2はとれているステップシークエンスで今回点数が伸びなかったのが原因かなと思います。

――ジャンプの構成についてお伺いします。冒頭のコンビネーションジャンプを、昨季までの初めのルッツから、(冒頭から数えて)二つ目のアクセルに変更されていました。そのことにはどのような狙いがあるのでしょうか。

ダブルアクセルにコンビネーションをつけるというのも今回の目標だったのですが、本当は最初のルッツもコンビネーションジャンプの予定でした。しかしちょっとよろけてバランスを崩してしまって入らないなと思いました。だから後半のアクセルの所にトーループをつけるというかたちで今回は構成を演技中に変更しました。

――ステップなどの表現面はいかがでしたか

自分としてはいつも通りにやったつもりでした。もしかしたらエッジが甘かったのか、あまり点数が伸びなかった原因にもなってしまったので、もう少し丁寧に踏めるようにしないといけないなと思います。また、表現面も気をつけたいなと思います。

――前日に中塩美悠選手(人通2=広島・ノートルダム清心)と松嶋那奈選手(スポ3=東京・駒場学園)が女子Aで1、2位となりましたが、早大の主将としてどう思われましたか

とても誇らしく思っています。

――最後のインカレに向けての意気込みをお願いします

先ほども言ったようにダブルアクセルをクリーンで降りて、表彰台以上を目指して頑張っていきたいと思います。

宮下真梨子(国教4=米国・ミルバーン高)

――どのような思いで今大会に臨まれましたか

あんまり練習ができていなくて練習でもジャンプがあまり跳べてなかったので、緊張しました。

――前回の大会では棄権されましたが、どうされたのですか

足が痛くて、その時は棄権しました。

――怪我の後、どのような調整を行いましたか

まだ完全には治っていなくて、それでまだあまり練習ができていないです。

――今回のプログラムについて教えて下さい

去年作ったプログラムで、『アメリ』という名前の映画の曲です。

――途中で曲が転調しましたね

いや、最初ずっとゆっくりなので、テンポを変えようと思いました。

――衣装や振り付けへのこだわりはありますか

衣装は今回初めて着たのですが、あまりこだわりはないです。

――今回の演技について教えて下さい

全然ジャンプが跳べなくて、シングルアクセルしか跳べなかったのですごく悔しいです。全部ダブルの予定だったんですけど、練習でも全然跳べませんでした。

――今後の予定とその意気込みをお願いします

次の試合はおそらくバレンタインカップなので、もっと練習して頑張りたいです。

安藤美裕(教1=東京・早実)

――大学に入って初めての公式戦でしたが、振り返っていかがですか

大会自体が久しぶりでシングルは初めてくらいだったので、とても緊張したのですが、できる限りのことはやったかなと思っています。ただ空気にのまれてしまった感じはしました。

――今回のプログラムの曲名と衣装のこだわりを教えてください

曲は『エビータ』です。衣装は、最初は白と赤で迷っていたのですが、強い女性の曲だったので、赤を選びました。

――演技中も『強い女性』を表現することを意識しましたか

今まではゆったりした曲が好きだったのですが、今回は変えて『強い女性』を出そうと意識しました。

――ジャンプでは転倒が二つありましたが、連続ジャンプ二つはきれいに決まりました

コンビネーションジャンプは自信もあったので、なるべく加点のつく高さのあるジャンプを意識しました。転倒した方は、自分の中で何かが崩れてしまっていて、それが響いてしまったのかなというのはあります。

――ことしから早大のスケート部フィギュア部門に入って、ここまでいかがですか

これまでは個人でやっていたので、大学を背負うということが大きくて、自分の周りにいるたくさんの方々にお礼を言えるような演技ができればなと思っていました。

――演技前には、先輩たちから何か言葉を掛けられましたか

「頑張って」という言葉にすごく支えられました。

――女子Aクラスの二人をはじめ、先輩たちのスケートを見てどのように感じましたか

1、2フィニッシュだったので、見ていて本当にすごいなと思いました。ここでトップ選手の演技を見て、自分も続いていかないといけないと感じました。

――最後に、出場が決まった日本学生氷上競技選手権(インカレ)へ向けた意気込みをお願いします

今回失敗した部分や、演技面でも練習不足な部分があるので、そこを強化して最終的にはインカレでこのプログラムの集大成を見せたいです。