メニュー

バドミントン部

2016.10.19

全日本学生選手権 10月18日 千葉ポートアリーナ

男女単は古賀、中西が3回戦突破

 全日本学生選手権(インカレ)4日目のこの日は、男女シングルスの1~3回戦が行われた。男子は5名、女子は2名出場し、関東学生選手権アベック優勝を飾った古賀穂(スポ2=福島・富岡)と中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)が勝ち残った。

 3回戦に臨んだ古賀は、第1ゲームをいきなり11-21で落としてしまう。第2ゲームも一時5点差をつけられるが、ここから東日本王者の意地を見せた。怒涛(どとう)の12連続ポイントで一気に巻き返し、このゲームをもぎ取る。その勢いを失うことなく、続くゲームも快勝し、4回戦へと駒を進めた。松本は同じ埼玉栄高校出身の中大・五十嵐優と激突。共に1ゲームずつ奪い、ファイナルゲームを迎えた。応援の声が響き渡る中、両者一歩も譲らない熱戦が繰り広げられる。松本は何度も床に倒れ込みながら必死にシャトルを追い続け、自分の得点につなげていった。20点目を先取し、そのまま白星を挙げたいところだったが、松本が放ったシャトルはコートの向こうに落ちてしまう。その後もシーソーゲームになるが、最後は五十嵐に鋭いコースを狙われ、涙をのむことになった。

試合後、松本は悔しそうな表情を見せた

 2回戦に登場した我妻美沙紀(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)は、高校の1年後輩と対戦。第1ゲームは13-14までは追随したが、そこから流れを奪われてしまう。第2ゲームも中盤からミスが目立ち、なかなか攻撃のチャンスを生かし切れない。相手のミスを誘うなどして追加点は挙げたが及ばず、最後はサーブレシーブがネットに阻まれて、ここでコートを後にすることになった。中西は2回戦、相手を一桁で抑えて下すと、その勢いは止まらない。3回戦は第2ゲームで先制を許したが、10点目を得たところから流れに乗り、相手を突き放す。そのままストレートで制して4回戦へ進むことになった。

身体を大きく使ってシャトルを追う我妻

 大会5日目は個人戦各種目の4、5回戦が行われ、いよいよ全日本総合選手権出場を懸けた戦いが本格化する。早大からは現在各種目1組ずつ勝ち残っており、ベスト8以上で予選、ベスト4以上で本選の挑戦権を獲得することができる。日本一を決する舞台へ何名進出することができるか、戦いはまだまだ続いていく。

(記事 橋本望、写真 佐藤亜利紗、石塚ひなの)

結果

▼男子シングルス
▽3回戦

古賀穂(スポ2=福島・富岡)○2-1(11-21、21-13、21-11)
松本康平(スポ3=埼玉栄)●1-2(23-21、17-21、21-23)

渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)●0-2(19-21、14-21)

▽2回戦

松本康平(スポ3=埼玉栄)○2-0(21-13、21-16)

古賀穂(スポ2=福島・富岡)○2-0(21-14、21-17)

渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)○2-0(21-16、21-11)
中里裕貴(スポ3=埼玉栄)●0-2(12-21、18-21)

▽1回戦

松本康平(スポ3=埼玉栄)
○2-0(21-17、21-6)
中里裕貴(スポ3=埼玉栄)○2-1(21-17、13-21、21-18)

渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)○2-0(21-12、21-16)
富岡寿将(社3=熊本・八代東)●0-2(16-21、16-21)

▼女子シングルス
▽3回戦
中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)○2-0(21-9、21-16)

▽2回戦
中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)○2-0(21-9、21-6)
我妻美沙紀(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(13-21、12-21)

関連記事

中里・富岡組がまさかの3回戦敗退、2組が4回戦へ/全日本学生選手権(10/17)

女子は2位、男子は3位で団体戦を終える/全日本学生選手権(10/16)

インカレ開幕!男女共にベスト4入り/全日本学生選手権(10/16)

コメント

松本康平(スポ3=埼玉栄)

――五十嵐優選手(中大)との対戦歴を教えてください

一度も勝ったことがないです。

――どのような気持ちで試合に臨まれましたか

3年生にもなると、バドミントンで進路を決めたいなという思いもあるので、そのためには結果を残さなければいけません。こんなところで負けてはいられないという強い気持ちで臨みました。

――一度も勝ったことがないとおっしゃっていましたが、きょうは接戦でした。競った理由は何だったと思いますか

元々高校が同じで実力はあまり変わらないと思うんですけど、いつも気持ちの部分で相手が勝っているのかなと思います。もう何度も戦っていて、去年も団体戦も個人戦もやったので、向こうもそうだと思いますが相手のくせや特徴を分かっているのでいい試合になったのではないかと思います。

――勝敗を分けたのは何だったと思いますか

相手の方が元気でしたね。

――団体戦も含めことしの全日本学生選手権(インカレ)全体を振り返っていかがでしたか

団体戦の準決勝は負けてしまったんですけど、その時の試合以外はしっかり実力が出せたのではないかなと思います。