ソフトボール部

2016.10.15

第48回秋季リーグ戦 10月15日 東京・シクラメンスポーツ公園

日体大を攻守に圧倒!充実のコールド勝ち

TEAM
日体大
早  大 3☓ 7☓
(6回コールド)
〇豊田―山本
◇(三塁打)塩沼2

 秋季リーグ戦(リーグ戦)も終盤に差し掛かり、第4戦を迎えた。この日の対戦相手である日体大は、これまで幾度となく早大の前に立ちはだかってきた難敵。しかし、この日の早大ナインは終始主導権を握り続け、相手を圧倒した。先発の豊田誉彦(スポ3=兵庫・滝川)を中心に守備から流れを作ると、打線は毎回安打を記録し、終わってみれば大量7得点。投打がかみ合い、会心の勝利でリーグ戦勝ち越しを決めている。

 先発の豊田は序盤、ストライクを先行させる強気の投球を披露。「打者のタイミングが全然合っていなかったので、2ストライクまではポンポンと取っていこうと心掛けた」(豊田)。この立ち上がりの快投が、早大に流れを呼び込むこととなった。1点を争う展開が続いた中盤には、四死球から不穏な空気が漂うシーンも見られたが、山本修平(スポ3=大阪・清風南海)が二盗を阻止したほか、相手の4番打者を遊ゴロ併殺打に打ち取るなど、野手陣の好守もあって流れを渡さず。三塁を一度も踏ませることなく、6回を被安打1でまとめあげ、強力打線を完封した。

豊田は6回1安打の快投

 打線は1回、川上卓也(スポ1=岡山・新見)が左前安打を放つと、相手の打球処理がもたつく間に二塁を陥れる好走塁。この二塁走者を塩沼泰成主将(スポ3=福島・安積)が左中間を破る適時三塁打で生還させた。リーグ戦で初めて先制点を奪い、試合の入りに成功すると、4回には好投を続けていた豊田が、2死三塁から三塁線を破る適時打を放ち、自らの打棒で貴重な追加点を記録。早い段階で先制し、流れを渡さないうちにダメ押しに成功。理想的な展開に持ち込み、これで勢いに乗った早大はさらに畳み掛ける。続く5回に、塩沼主将のこの日2本目となる適時三塁打で2点を追加すると、迎えた6回。2死一、二塁から2番・川上と3番・鳥岡健(スポ2=岡山・高梁)が連続で適時打を放ち、勝負あり。終始危なげない試合運びを見せた早大は、6回で7点差をつけ、コールドゲームで快勝となった。

先制の適時打を放った塩沼

 この試合の日体大は、国士舘大との激戦を落とした直後のダブルヘッダーに臨んでいたということは留意しておく必要がある。しかし、以前から試合に出ている実力者も多く残る強豪相手に、チームとして掲げる『守備は2点以内、打撃は6点以上』を達成しての完勝となった。「こういうソフトボールをいつもしていけば、チームも成長していくし、勝ちも近づいてくる」(塩沼主将)。ただ、大きな自信と手応えを得る試合となったとはいえ、まだまだ発展途上。「自分たちがやりたいことをどれだけできるかということを徹底して、良い形で勝てるように」(塩沼主将)と、早大はさらなる進化を目指してあすの学芸大戦に臨む。

(記事 守屋郁宏 写真 三浦遥)

コメント

塩沼泰成主将(スポ3=福島・安積)

――きょうの試合全体を振り返って

試合を通して自分たちのやりたいソフトボールというものができていました。結果も7回コールドということでやりたいようにできたかなと思います。

――初回に先制できたという意味でもワセダらしい理想的な形で試合ができましたね

そうですね。まず守備は2失点以内ということを掲げていて、その中でも豊田(誉彦、スポ3=兵庫・滝川)が良いピッチングをしてくれて守備もしっかりと守れていたということと、今までの試合では全て先制されてしまっていたのですが、こちらが先制できて、その攻撃が切れることなくベンチも盛り上がって点を重ねていけたのが良かったです。

――きょうはその先制の適時打を打たれました

ドロップ系の球を多く投げるピッチャーだったので、ベルトから下の球をしっかり打つ意識を徹底してみんなに言っていて、それを自分がしっかり打席で示せました。

――きょう塩沼選手は3安打3打点の活躍ですが、点数をつけるとしたら何点ですか

まずチームが勝ってくれて、その中で自分の仕事をしっかりできたので。何点だろう…(笑)。僕は勝つためにやれることをやれたら良いと思っていたので、ある意味100点に近い出来だったと思います。こういうソフトボールをいつもしていけばチームも成長していくし、勝ちも近づいてくるということを実感しました。

――相手は昨季何度も悔しい敗北を喫した日体大でしたが、意識はされましたか

そうですね。日体大は(早大との試合の)前にも国士舘大と試合をしていて、よく打つしスイングも強くて、内野陣も去年からずっと出ている人が出ていて安定していました。強い相手なので僕らは挑戦者のつもりで、みんなも気持ちが入ってしっかりやっていたと思います。

――あすの学芸大戦へ意気込みをお願いします

学芸大は日体大に比べると少しレベルは落ちるかもしれないですが、それでも強い相手なのできょうみたいに自分たちがやりたいことをどれだけできるかということを徹底して、良い形で勝てるように頑張っていきたいです。

豊田誉彦(スポ3=兵庫・滝川)

――なかなかこれまで勝てていない相手との対戦でした

前から勝ててないっていうことはあったんですけど、新チーム同士の戦いということで、その中で自分がいかに抑えられるかというのがきょうの試合の課題だったと思うので、それを意識していました。

――きょうの試合を振り返ってください

初回の守備を三者凡退に抑えたところで、相手は前の試合がすごく長引いていて、その試合の疲れが見えるなという風に見えたので、これはもっと圧していけばしっかり抑えられるのではないかな、と思ってやっていました。

――特に序盤は、ストライク先行の投球をしていたように感じました

バッターのタイミングが全然合っていなかったので、2ストライクまではポンポンと取っていこうという風にキャッチャーと話をして、しっかり心がけていました。

――打撃面でも貴重な追加点を奪う適時打がありました

あそこでどうしても1点欲しい場面で、しっかりとミートして速い打球を打って、(野手の)間を抜けてくれればラッキーだなというふうに思って打席に入ったんですけど、しっかりとミートできて芯に当たって、速い打球で抜けていったので、運が良かったなという感じです。

――あすの試合に向けて意気込みをお願いします

あすもそれ以降もきょうのような試合運びができれば、ピッチャーとして今後につながっていくんじゃないかなというふうに考えているので、きょうと同じような形で今後も頑張っていきたいと思います。