バドミントン部

2016.10.16

全日本学生選手権 10月15日 千葉ポートアリーナほか

インカレ開幕!男女共に団体ベスト4入り

 学生日本一を決める、全日本学生選手権(インカレ)が開幕した。この日は男女共に団体戦1~3回戦が行われ、男子は関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)で敗戦した明大に勝利して準決勝進出を決めた。また女子も昨年インカレ2位の龍谷大相手にシングルス3までもつれ込む激闘を制して準決勝に進出した。

 1回戦の松山大戦を危なげなく勝利し、2回戦では大経大と対戦した。シングルス1をとってチームを勢いづけると、シングルス2では渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)が「高校生の時の大きな大会と比べても特に雰囲気の違いはなかった」と語ったように、インカレ初出場とは思えないような試合運びを見せて勝利を収めた。続く中里裕貴(スポ3=埼玉栄)・富岡寿将(社3=熊本・八代東)組も圧勝して3回戦へ駒を進める。3回戦では明大と対戦、松本康平(スポ3=埼玉栄)は難なく勝利し、続く古賀穂(スポ2=福島・富岡)は第2ゲームを落とすが、最終ゲームではシーソーゲームの展開を終盤に打開し粘りを見せて勝利をつかむ。その後のダブルス1は落としてしまうものの、ダブルス2では再び中里・富岡組が登場、「完璧といえば完璧だった感じ」(中里)というように二人ぴったりと息の合ったコンビネーションで相手を圧倒してミスを誘発する。一時詰め寄られる場面もあったが落ち着いて立て直して勝利。あしたの準決勝への進出を決めた。

安定感のあるプレーを展開した中里・富岡組

 関大にストレート勝ちをした女子は、2回戦も勢いそのままに専大に勝利する。3回戦は昨年2位の龍谷大と対戦。ゲームカウント0-2となり、島田きらら女子主将(スポ4=青森山田)・金森望(スポ4=福岡・九州国際大付)組が出場。第1ゲームを落としたものの負けられないこの場面で、主将としての底力、4年生ペアとしての底力を発揮し白星を挙げる。その後流れに乗った早大は、ダブルス2を取りチームの運命はルーキーの松本茜(社1=福岡・九州国際大付)に託された。第1ゲームを16-21と落としてしまったものの、チームメイトの声援に応えるために奮闘した松本茜はその後フルゲームの末劇的な勝利を収める。昨年できなかった3回戦突破を果たした。

チームのベスト4入りを決定付け、喜ぶ松本茜

 男女共に3回戦を突破し、「優勝していきたい」(富岡)、「優勝できるように頑張りたい」(島田)と、共に目指す場所は優勝。有言実行となることを期待し、あすも早大の試合は目が離せない。

(記事 佐藤慎太郎、佐藤菜々、写真 橋本望、大庭開)

結果

▼男子団体
▽3回戦○3―1明大

シングルス1 松本康平(スポ3=埼玉栄)○2-0(21-16、21-12)

シングルス2 古賀穂(スポ2=福島・富岡)○2-1(21-18、19-21、21-18)

ダブルス1 浅原大輔(スポ1=宮城・聖ウルスラ学院英智)、吉村徳仁(スポ1=富山・高岡第一)●0-2(15-21、22-24)

ダブルス2 中里裕貴(スポ3=埼玉栄)、富岡寿将(社3=熊本・八代東)○2-0(21-14、21-16)

▽2回戦○3―0大経大

シングルス1 古賀穂(スポ2=福島・富岡)○2-0(21-13、21-17)

シングルス2 渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)○2-0(21-15、21-7)

ダブルス1 中里裕貴(スポ3=埼玉栄)、富岡寿将(社3=熊本・八代東)○2-0(21-14、21-6)

▽1回戦○3―0松山大

シングルス1 吉村徳仁(スポ1=富山・高岡第一)○2-0(21-8、21-7)

シングルス2 松本康平(スポ3=埼玉栄)○2-0(21-12、21-9)

ダブルス1 渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)、鈴木朋弥(商1=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-1(21-16、19-21、21-15)

▼女子団体
▽3回戦○3-2龍谷大
シングルス1 中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)●0-2(9-21、14-21)
シングルス2 我妻美沙紀(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(13-21、16-21)

ダブルス1 島田きらら(スポ4=青森山田)、金森望(スポ4=福岡・九州国際大付)○2-1(15-21、21-17、21-17)

ダブルス2 我妻、中西○2-0(22-20、21-18)

シングルス3 松本茜(社1=福岡・九州国際大付)○2-1(16-21、21-17、21-14)

▽2回戦○3-1専大
シングルス1 我妻美沙紀(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(17-21、14-21)
シングルス2 中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)○2-1(15-21、21-14、21-16)

ダブルス1 島田きらら(スポ4=青森山田)、金森望(スポ4=福岡・九州国際大付)○2-0(24-22、21-12)

ダブルス2 我妻、中西○2-1(21-19、19-21、21-11)

▽1回戦○3-0関大
シングルス1 松本茜(社1=福岡・九州国際大付)○2-0(21-18、21-14)
シングルス2 中村幸(スポ2=富山国際大付)○2-1(14-21、21-12、21-16)

ダブルス1 島田きらら(スポ4=青森山田)、金森望(スポ4=福岡・九州国際大付)○2-0(21-16、21-11)

関連記事
コメント

島田きらら女子主将(スポ4=青森山田)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

いつものリーグとかは一日一試合なので勝ちオーダーでいっていたんですけど、きょうの初戦は、いつも我妻(美沙紀、スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)・中西(貴映、スポ3=埼玉・大宮東)が兼ねるところをしっかり休ませて3-0で勝つという流れをつくってそのままの勢いで勝ちたいなと思っていました。なので、それがうまくいって結果として団体戦らしい勝ち方ができてすごくうれしいです。

――3回戦で対戦した龍谷大は昨年2位の強豪校でしたが、対戦前にどのような印象を持っていましたか

やっぱりシングルスがすごく強いというイメージがあったんですけど、自分たちのベストオーダーで戦って勝ちにいって、それで負けたらしょうがないという気持ちで臨みました。

――マッチカウント0-2からの出場でしたがプレッシャーはありましたか

全然プレッシャーとかはなくて、いつもは我妻や中西に頼ってしまうチームという感じなんですけど、それを払拭できるようにとにかく全力で戦い抜こうという気持ちで頑張りました。

――主将として今のチームの雰囲気をどのように感じていますか

徐々にみんな一丸となって戦えているなというのをすごく実感するし、きょうは本当にチーム力で勝てたので、あすもこの勢いでチーム全員で戦いたいと思います。

――あすへの意気込みをお願いします

あすも厳しい戦いになるとは思いますが、とにかくチーム力で勝つという思いで、1試合でも多く勝って優勝できるように頑張りたいと思います。

中里裕貴(スポ3=埼玉栄)、富岡寿将(社3=熊本・八代東)

――準決勝に進出した、今の率直な感想をお願いします

中里 率直に言うと、うれしいの一言ですけど、ホッとしたというのもありますね。秋季リーグ(関東大学秋季リーグ戦)で入れ替え戦にまわって、2部には落ちなかったんですけど、そういうどん底からはい上がってきました。本当は明大ではなく日大が勝ち上がってくると思ってたんですけど、その日大を倒した明大に勝ったということは前向きに考えるとあした勝つ、そして優勝するチャンスはあると思うので、気持ちは上がっています。

富岡 自分もうれしいの一言ですけど、昨年決勝の舞台に立って、最後自分たちが決められなかったというのもあって、それを越えて優勝するために練習してきたので、初日の3試合をしっかり勝ってあしたにつなげることができてよかったです。

――2、3回戦とも素晴らしい戦いでした。試合を振り返っていかがですか

中里 本当に明大戦は、完璧と言えば完璧でしたね。自分たちのかたちとしても僕が前に入って、富岡が後ろまわってという感じで。しかもなおかつドライブ戦とかになってもしっかり返せて、そのまま自分が(前に)入って富岡が後ろで打つという連続したかたちが全部できました。でもあしたそういうプレーができるかというとそれはわからないので、一からまた気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。

富岡 きょう自分の中では100パーセント(力を)出せたかと言われるとそうではなかったです。中里が今良い感じに仕上がってきていて、うまく前に入ってくれているので、それに対して自分もスピードを合わせていました。自分が遅れたら中里のスピードも意味がなくなるので、合わせた動きもして、そして自分からも前に入っていくという攻撃のかたちをあしたまた切り替えてつくっていきたいと思います。

――インカレに向けて練習してきたことは、きょうの試合で発揮できましたか

中里 はい、できましたね(笑)。

富岡 そんなにミスばかりという試合でもなかったので、あしたに向けていい試合ができたなという感じですね。

――3回戦の第1ゲームで一時2点差まで詰め寄られる場面がありましたが、そのとき2人でどのようなことを話されましたか

中里 2点差まで詰め寄られたところで、相手も(気持ちが)引いていたので。自分たちのミスと相手の攻撃が決まるのは仕方ないので、2点差に詰め寄られても相手が弱気になっているところを自分たちが強気にいけたところが、そのあと点差を離すことができた要因だと思います。

富岡 自分たちは1回引くと、そのまま引いちゃうというのも多々あったんですけど、2人共落ち着いてというか、相手を見て、相手が上から打ってきても精神的にはダメージを受けずに最後までいつも通り自分たちのプレーができたと思います。

――あしたは優勝の可能性があります。意気込みをお願いします

中里 ここまできたら弱気にはなれないので、きょうのようにしっかり気持ちを入れて、切り替えて頑張っていきたいと思います。

富岡 あと最後2試合は今チーム全体が優勝しようという気持ちが高まっているので、それだけを目指して優勝してきたいと思います。

中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは、団体戦という面ではしっかりベスト4に入れることができてすごく良かったと思います。けれど個人的には、専大の試合でダブルスもシングルスもファイナルまでいってしまって、龍谷大の試合は、正直本当に手も足出なかったなって思うような負け方をしてしまったので、あまり良くなかったかなと思います。

――専大の試合でダブルスとシングルス共にファイナルとなった要因は何だと思いますか

シングルスに関しては、相手が独特なフォームから球を打ってきていて、それに自分が警戒しすぎて、足が思うように動きませんでした。それで第1ゲームを取られてしまって、第2ゲーム、第3ゲームは、その球にも慣れて全然怖くなくなったので勝てたと思います。ダブルスは、負けたことのない相手だったので、勝てるだろうという気持ちで試合に入ってしまって、それで相手がすごく乗ってしまったので、その気持ちの部分かなと思います。

――昨年2位だった龍谷大戦はどのような気持ちで臨みましたか

まずシングル1かシングル2で絶対1つ取りたいって気持ちが早稲田のチームにはあって、ダブルスは2つとろうっていうのがもともとのプランでした。そこで3-1か、良かったら3-0で終わらせるぐらいの気持ちで臨んだんですけど、シングル1とシングル2がちょっとだめで。でも、最後に一年の松本茜(社1=福岡・九州国際大付)が頑張ってくれたので結果的には良かったんですけど、もともとは上級生でとって、ダブルス2つ取って決めるっていうプランのオーダーでした。

――昨年果たせなかった3回戦突破についてはいかがですか

すごくうれしいんですけど、龍谷大は優勝してもおかしくない戦力があるチームなので、やはりそこを倒したからには、その人たちの分まで戦わないといけないと思いますし、春季リーグ(関東大学春季リーグ戦)や秋季リーグ(関東大学秋季リーグ戦)で優勝することができなかったのでここが1つ通過点っていう感じで思って、あしたまた頑張ろうって感じです。

松本茜(社1=福岡・九州国際大付)

――試合を振り返って

自分は春季リーグや秋季リーグに出させていただいていたのですが、いつもは先輩が全部勝って自分は全然勝てていなくて先輩に助けていただくかたちでした。きょうはいつも勝っている先輩が負けていて2-2で回ってきたときは不安だったし、いつも負けている分しっかり勝って恩返ししたいなという気持ちでした。

――第1ゲームを落としてから第2ゲームで逆転勝ちされましたが、気持ちの切り替えなどはありましたか

相手は格上の選手で第1ゲームを落としてしまったんですけど、自分は挑戦者のような気持ちでやろうと思って気負わずにやりました。

――チームの応援は聞こえていましたか

最後の方とかは相手のチームの方が人数が多いのに早稲田の応援しか聞こえないくらいみんなが応援してくれていました。4年生の先輩と一緒に長く間試合をしたいという気持ちもありましたし、みんながついてくれていると思うとすごくたくさん力をもらいました。本当に私一人の力ではなくてみんなの応援の力で勝てた試合だと思います。

――あしたへの意気込みをお聞かせください

あしたは準決勝ということできょうの勝った喜びには余韻に浸りつつ、もう一回あしたは気持ちを切り替えて、チャレンジャーの気持ちで勝ちにこだわってもっと4年生の先輩方と団体戦をしたいと思っています。