ソフトボール部

2016.10.15

第48回秋季リーグ戦 10月15日 埼玉・早大所沢キャンパスグラウンド

6回コールドで大勝!ついに新体制での勝利をつかむ

TEAM
早  大
国士舘大
●宮川―加藤
TEAM
早  大
日女体大
(6回コールド)
〇廣瀬―川崎
◇(三塁打)藤井◇(二塁打)大庭

 秋季リーグ戦(リーグ戦)でいまだ勝ち星を挙げることができていない早大。どうしても欲しい新体制での初勝利を目指して、この日は国士舘大と日女体大の二校と対戦した。国士舘大戦は打線が振るわず完封負けを喫した。だが、日女体大戦ではこれまでの試合とは打って変わって打線が爆発。リーグ戦での初勝利を6回コールドでつかんだ。

 エース・宮川眞子(スポ3=福島・帝京安積)の好投に打線が応えられなかった。先発の宮川は初回に先制を許したものの、それ以降5回までを無失点に抑える粘りの投球を見せる。二塁に走者を背負った場面も自慢の速球でねじ伏せ、打撃陣の奮起を待った。しかし打線は相手左腕を打ちあぐねてしまう。5回には先頭打者の出塁に成功するも、けん制死で流れをつかめず。6回にはこの試合で最大の好機を迎えて2死二塁とするも、3番の手塚麻菜美(スポ2=北海道・とわの森三愛)が放った外野への鋭いライナーは中堅手のグラブに収まり、得点はならず。攻略の糸口をつかめないまま、6回にダメ押しの追加点を許し、完封負けを喫してしまった。

打線は宮川を援護することはできなかった

 勝ち星のないまま迎えたこの日の第2試合。ここまでもがき苦しんできた早大打線がついにつながった。初回、制球の定まらない相手投手から好機をつくると、4番の山内実咲(スポ3=神奈川・向上)の中前安打で幸先よく先制する。直後に同点とされるも、一度目覚めた打線はとどまることを知らない。3回に4連打で2点を追加し、勝ち越しに成功。続く4、5、6回にも追加点を重ね、計10安打の8得点と打線が爆発した。投げては1年生の廣瀬夏季(スポ1=北海道・とわの森三愛)が2回から6回2死まで一人の走者を出さない完璧な投球を披露。圧巻の投球内容で試合を締めた。投打がかみ合い6回コールドで試合は終了し、嬉しいリーグ戦初勝利となった。

勝ち越しの一打を放つ古川

 リーグ戦の4戦目にして、ついに新体制での初勝利をつかんだ。これまで、打線がつながらず苦戦を強いられてきた早大であったが、日女体大戦でその打線は爆発した。合計二桁安打を放ち、2回以外の全てのイニングで得点を記録し計8得点。これまで元気のなかった打線のカンフル剤になったのではないだろうか。また廣瀬に加え、この試合で今季初スタメンを飾った神樹里乃(スポ1=北海道・とわの森三愛)、古川晴野(スポ1=神奈川・厚木商)、そして川崎楽舞(スポ1=千葉・木更津総合)の1年生たちが台頭してきていることも収穫と言えるだろう。これまで出場機会に恵まれなかったメンバーの奮起はチームに良い刺激を与えたはずだ。この勢いを維持し、次戦の東女体大との試合も勝利をつかみたいところ。

(記事 本田京太郎、萩原大勝 写真 大島悠輔)

コメント

宮川眞子(スポ3=福島・帝京安積)

――先発した試合を振り返ってみていかがでしたか

2点を取られて負けてしまったのですが、自身の課題への取り組みや新しいチャレンジはできていたと思います。そして、要所要所で抑えないといけないところを抑えきれなかったことが悔しいですね。

――新しいチャレンジというのは具体的に何でしょうか

バッテリーを組んでいる加藤千陽(スポ2=愛知・星城)とお互いに分かり合えるような、お互いの考えがマッチするような配球をするということや、個人的にはきょうまでの1週間で先生(吉村正総監督、昭44教卒=京都・平安)が教えてくださった新しい投球スタイルを実践しました。それらに関しては収穫がありました。

――要所で抑えきれなかったということでしたが、具体的にどこの場面が印象的でしたか

点を取られた初回と6回ですね。味方のエラーで走者を出してしまった時に失点に絡むプレーをしてしまったということ、そしてピッチングでも、そこで抑えきれなかったということが悔しいですね。

――今季からエースという立場になったと思います。自覚というものは生まれましたか

前の代には常盤紫文(スポ4=千葉・木更津総合)さんがいらっしゃって、当時は後輩ということで紫文さんにおんぶに抱っこになっていた部分があったと思います。今度からは自分がチームをけん引できるように、という気持ちだけは負けないようにプレーをしています。

――最上級生として、今後、ワセダをどのようなチームにしていきたいですか。

ワセダらしく、ということをチーム内で掲げてやっています。練習時間は他大と比較したら短いと思うんですけど、その中でワセダらしく頭を使って質の高い練習を突き詰めて、雰囲気の良い、流れの良いチームを作っていきたいと思っています。

――最終戦と特別ページシステムへ意気込みを教えてください

あすの試合も負けられないのですが、特別ページシステムでは一戦一戦を落とすことができないので、全部勝って優勝する、という意気込みでみんなで1つになって試合をできればいいなと思います。

古川晴野(スポ1=神奈川・厚木商業)

―― リーグ戦初スタメンでしたが

嬉しかったので、一球に集中して全力でやろうと思ってました。

――3回には勝ち越しの適時打を打ちましたね

1試合目では大事なところで打ててなかったので、ここで打てなかったら負けるなと思いました。ボールをしっかり見て、長打というよりは安打を狙える打球を打とうと思ってました。

――新チームではどのような役割を担っていきたいですか

今はファーストのサブをやってるんですが、守備よりもバッティングの方が自信あるので、バッティングでチームに貢献していきたいと思ってます。

――個人的な強みはバッティングということでしょうか

長打はあまり打てないのですが、ミート力は自信があるので。

――今後の試合に向けてどこを強化していきたいですか

ミート力はあっても飛ばすことができてないので、もっとスイングスピードを速くして飛ばせるように練習していきたいです。

――今後の目標などはありますか

スタメンを狙うことです。

川崎楽舞(スポ1=千葉・木更津総合)

――きょうはどのような意気込みで臨まれましたか

先週の試合に出せていただいた時に課題が見つかったので、それをしっかり克服しようと思って出ました。

――先発した廣瀬選手の調子は

練習から速い球が走っていたので、それを多投していこうと考えてました。

――ご自身のリードはいかがでしたか

きょうはチェンジアップを生かすために、速い球を引き出すようなリードを意識しました。

――5回には適時打を打たれましたが

本当はわーってなるようなヒットを打ちたかったんですけど(笑)。自分が満足するってよりチームのためにっていう打球を意識して、とにかく間を抜こうと思ってました。

――ご自身の強みはどこにあると思われますか

自分はとびぬけて凄いものがないので、アベレージの高さで勝負しようといつも心掛けています。打撃や守備のどちらか一方に偏ることなく、総合力で勝負しようと思ってます。

――新チームでのご自身の役割はどうお考えですか

まだ1年なので、出していただいたときには謙虚さをもって一生懸命プレーする。あとは1年生らしく、先輩についていって、チームの細かいことも全部やります(笑)。

――これからの意気込みをお願いします

ワセダは今回スタートが良くなかったので、残りは全部勝つつもりで、反省を生かした試合ができるようにしていきたいと思います。