庭球部

2016.10.14

全日本大学対抗王座決定試合 10月14日 東京・有明テニスの森公園

女王の貫禄見せ、初戦を圧勝で飾る!

 女子部にとって11連覇を懸けた全日本大学対抗王座決定試合(王座)が幕を開けた。ワセダはこの日、2回戦で北大と対戦。ダブルスで2勝しチームに弾みをつけると、続くシングルスでは3選手が隙のないテニスで相手を寄せ付けず、1ゲームも与えることなく圧倒した。全体スコア5-0で順当に駒を進め、あすの準決勝では西の強豪・関学大と激突する。

 ダブルス2試合、シングルス3試合で争われる女子の団体戦。ダブルス1には林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)・上唯希(スポ2=兵庫・園田学園)組が登場した。連覇の重圧がのしかかる中、ゲーム序盤はプレーに硬さが見られ、格下相手に粘られる場面も。「上と二人で話し合ってお互いの良いところをうまく引き出せていたのではないかなと思う」(林)と少しずつ修正を図っていき、第1セットを6-2でものにすると、続くセットは6-0のストレートで下した。ダブルス2に出場したのは細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)・大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)組。第1セットではファーストゲームをいきなり0-40とされてしまうが、一気にポイントを奪いブレークする。「0ー40から一気にゲームを取れて、スタートよく切れたのが一番かなと思う」と大矢。このゲーム以降は波に乗り6-0、6-0のストレートで相手を下し、ダブルスで2勝をつけシングルスに勢いをつけた。

6-0、6-0で相手を圧倒した細沼(左)・大矢組

 続くシングルス3試合は圧巻だった。シングルス2の細沼は、強烈なバックショットを軸に圧倒。もう1つのコートではシングルス3の上が多彩なショットで相手を翻弄(ほんろう)し共に6-0、6-0で白星を挙げる。そして最後のシングルス1には林が登場した。時には相手がのけぞるような威力のあるショットで、ゲームを完全に支配。最後まで主導権を明け渡すことなく、完勝でこの日の試合を締めくくった。次戦を見据えてフルメンバーで臨んだシングルスは三人が1ゲームも落とすことなく、貫禄のストレート勝ちを収めた。

最後の王座に挑む林

 ダブルス、シングルス共に相手に実力の差を見せつける一戦となったが、続く準決勝、決勝は厳しい戦いが予想される。「あしたの試合はきょうよりも厳しい時間帯であったり、劣勢であったりあると思うが、そういう時こそ選手とサポートが一体となって戦うことが重要となってくる」(林)と次戦に向けて主将は気を引き締めた。王座11連覇に向けて、絶対王者に死角は見当たらない。

(記事 井口裕太、写真 佐藤亜利紗)

結果

○早大5-0北大

ダブルス1
○林恵里奈・上唯希6-2、6-0土屋早希・高橋里奈(ともに北大)
ダブルス2
○細沼千紗・大矢希6-0、6-0池田奈央・岡本渚(ともに北大)
シングルス1
○林6-0、6-0高橋
シングルス2
○細沼6-0、6-0土屋
シングルス3
○上6-0、6-0酒井遥(北大)

関連特集

王座直前特集『全てはこの日のために』

コメント

林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)

――まずは初戦となりましたが、どのような気持ちで臨まれましたか

選手もサポートも初戦ということもあって、ダブルスの序盤は緊張した場面もありました。いい緊張感を持てていて、緊張した中でもうまくプレーができていたのではないかなと思います。

――ダブルスは最初硬さもあったように見られました

普段練習している時よりもボールが飛んでこなかったり、自分が予想していなかった方にボールが飛んできたり、普段と違うことが多くて。前半はそこに少し苦戦していたのですが、上(唯希、スポ2=兵庫・園田学園)と二人で話し合ってお互いの良いところをうまく引き出せていたのではないかなと思います。

――シングルスも関東大学リーグと同じオーダーとなりました

土橋さん(登志久監督、平元教卒=福岡・柳川)、隼さん(渡辺ヘッドコーチ、平19スポ卒=静岡・庵原)と話し合って決めました。次の準決勝で対戦する関学大は1位通過で王座に臨んでいますし、私が1年生の時の王座(全日本大学対抗王座決定試合)で対戦していて、強いチームであることはわかっていました。そこで120%の力が出せるように、ということで。関学大に対しては毎年シングルス1の選手に苦戦していて、去年も吉冨さん(愛子、平28スポ卒=現・橋本総業)が苦戦していました。初戦の相手はどこであろうと関係なく、ワセダはワセダでフルメンバーで戦うというのを昨日決めました。

――ご自身の試合を振り返って

ダブルスに関してはさっきも言ったように硬さがあっ他のですが、その中でお互いの良さを引き出せていて。自分の中では前衛の動きが良くて、ネットプレーで取るポイントも多かったかなと思います。シングルスは団体戦ということと、コートの中に入れるということを意識してやっていました。細沼(千紗、スポ3=東京・富士見丘)と上が良い試合をやっていて、試合時間が短かったのですが、それはあまり関係なく、「2時間でも3時間でも良いからとりあえずコートに入れろ」と土橋さんに言われたので、そこはすごく意識していました。

――シングルスに関しては3選手共6-0、6-0で相手を圧倒する勝ち方でしたね

ダブルスで2-0をつけて、リードしていたのですが選手やサポート全員がもう一度気を引き締め直して、臨めた結果、3人共6-0、6-0という結果で勝てていたのではないかなかと思います。

――5-0で良いスタートを切ったと思いますが、改めて関学大戦に向けての意気込みをお願いします

向こうも関西の一位通過で、ワセダとやるということで向かってくるとは思うのですが、それはみんな覚悟していることなので。それをつぶせるように、あとは練習の成果を出すだけなので、あしたの試合はきょうよりも厳しい時間帯であったり、劣勢であったりあると思いますが、そういう時こそ選手とサポートが一体となって戦うことが重要となってくると思います。あしたも1日全員で頑張っていきたいと思います。

大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)

――王座の初戦ということで固さはありましたか

ダブルスなのでパートナーがそばにいてくれますし、リーグ(関東大学リーグ)も初戦と第2戦をこの会場でやっていたので、あまり緊張や硬さはなかったです。

――第1セットの入りの部分は連続でポイントを奪われましたが

一気に0ー40までいってしまって、相手も私たちの苦手なところや嫌なところにボールを運んできていて自分たちのことを分析しているんだなと感じましたけれど、そこから2人でポイントを取ることを心がけて、そのゲームもクリアできたら、その後はいい流れでいけました。

――どのあたりからリラックスして試合に臨めましたか

ファーストゲームが終わった時に0ー40から一気にゲームを取れて、スタートよく切れたのが一番かなと思います。

――第2セットは1ゲームも落としませんでした

セカンドセットはファーストセットを6ー0で取ったので、いろいろなことをしていこうということで。普段よりツーアップ多くしたり、チャレンジしたプレーを積極的に取り入れていきました。

――大矢選手が後ろで、細沼選手(千紗、スポ3=東京・富士見丘)が前になるときの攻めを強化したいと挙げていましたが、きょう試合をしてみていかがでしたか

私が後ろのときでも相手を結構押すことができたので、あした以降はもっと相手が強くなってくると思いますけど、思いきって振り切れば相手を押せることもできると思うので、それを意識してあしたからも頑張りたいと思います。

――大事な試合が続くあした以降に向けて抱負をお願いします

ダブルスに出場させていただくことになると思いますが、最初の試合になるのでチームに元気を与えて勢いをつけられるように頑張りたいと思います。