野球部

2016.10.13

東京六大学秋季リーグ戦 10月15、16日 神宮球場

明大戦展望

 早大は前節の東大戦で連勝を収めた。ここまで5勝3敗の3位。優勝戦線に生き残るためにも、第6週の明大戦は今季を左右する大事な戦いとなる。その明大は3カードを終え、全勝。春秋連覇を狙う王者の隙を突き、接戦に持ち込めれば勝機はあるだろう。何がなんでも勝ち点をもぎ取りたい。

 前回の東大戦では好機での集中力が光った。今季途中からスタメンに抜てきされた5番の佐藤晋甫(教3=広島・瀬戸内)、6番に座る中澤彰太副将(スポ4=静岡)が2試合連続で適時打を放った。共に得点圏での打率は4割超えと好調を維持しているだけに、切り込み隊長の1番・八木健太郎(スポ3=東京・早実)を中心に上位打線で好機を演出したいところだ。だが、明大は投手陣が充実しており、点を取ることはそう簡単ではない。そのためにも四死球などで出塁した走者を生かしていきたい。小技や機動力をこれまで以上に使い、相手を揺さぶれば好機は必ず訪れる。

佐藤晋はここ4打数全てで安打を記録している

 一方の投手陣は開幕から暗雲が立ち込めていた。四球などで走者をため、ピンチの場面では連打を浴びるなど、なかなか試合をつくることができなかった。しかし、東大戦では明るい兆しが見えた。1回戦では小島和哉(スポ2=埼玉・浦和学院)が9回途中まで2失点の力投。2回戦では学生最後のリーグ戦に燃える左腕・竹内諒(スポ4=三重・松阪)が3安打完封。先発投手がしっかりと試合をつくっていけば、おのずと接戦に持ち込むことができる。また、後ろには救援として今季ここまで5試合無失点の好投を続けている柳澤一輝(スポ3=広島・広陵)も控えており、この3人の投球が明大戦の命運を握っているといえる。

 対する明大は今季ここまで6戦全勝。春秋連覇に向け、視界は良好だ。選手層の厚さは六大学でも随一。チーム打率は3割3分5厘と他大を圧倒している。中でも吉田大成(4年)、渡辺佳明(2年)の2人には要注意だ。打順は下位ながら、長打力も兼ね備えており、一気に失点する危険性もある。豊富な投手陣も早大にとっては大きな脅威だ。エース柳裕也主将(4年)は今季24 2/3回を投げ、わずか3失点と抜群の安定感を誇る。2戦目以降も継投で早大打線を封じにかかってくるだろう。

1回戦での先発が予想される柳を打ち崩せるかが勝負のカギだ

 昨年は早大が達成した春秋連覇。今春は明大に王座を奪われ、この秋もここまで首位を許している。賜杯を奪回するためにも、今回の明大戦は絶対に落とせない。打撃陣は少ない好機をものにし、投手陣は試合をつくる、バックもミスせず投手を盛り立てたい。それぞれが役割に徹し、束になって立ち向かっていけるだろうか。早大の意地に期待したい。

(記事 田原遼、写真 後藤あやめ、郡司幸耀)

関連記事

竹内圧巻の3安打完封!先発が連日の好投で首位・明大戦へ弾みをつける/東大2回戦(10/03)

小島142球の熱投!攻守共に粘り見せ、東大に先勝!!/東大1回戦(10/02)

投壊10失点、立大戦で勝ち点を落とす/立大3回戦(09/27)

東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位 明 大 立 大 早 大 慶 大 法 大 東 大 勝ち点 勝率
明 大 10/22
10/23
10/15
10/16
○3-0
○5-0
○10-2
○8-4
○9-2
○7-4
1.000
立 大 10/22
10/23
○5-3
●2-3
○10-7
10/15
10/16
○9-3
○7-5
●3-4
○7-4
○6-0
.750
早 大 10/15
10/16
●3-5
○3-2
●7-10
10/29
10/30
●5-6
○8-7
○5-2
○4-2
○4-0
.625
慶 大 ●0-3
●0-5
10/15
10/16
10/29
10/30
●4-5
○7-1
○3-1
○8-0
○9-6
.571
法 大 ●2-10
●4-8
●3-9
●5-7
○6-5
●7-8
●2-5
○5-4
●1-7
●1-3
10/22
10/23
.200
東 大 ●2-9
●4-7
○4-3
●4-7
●0-6
●2-4
●0-4
●0-8
●6-9
10/22
10/23
.111