メニュー

水泳部

2016.10.08

第92回日本選手権 10月7日 東京辰巳国際水泳場

最後は意地を見せた今季ラストゲーム!

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大
ブルボンWPC柏崎 11
▽得点者
小路3、徳用、大竹、齋藤、小泉
   

 日本学生選手権(インカレ)からおよそ1ヶ月、現体制で臨む最後の大会となる日本選手権を迎えた。負ければ終わりの一発勝負。ワセダはブルボンウォーターポロクラブ柏崎との1回戦に臨んだ。序盤から試合の主導権を握られ、苦しい展開となる。ゴール前でなかなかチャンスを作れず、前半で奪った得点は1点のみ。後半もじりじりと点差を広げられ、スコアはこのピリオドを終えて3-9となった。第4ピリオド、最後の意地を見せて4点を奪ったが反撃及ばず。7-11で初戦敗退となった。

 この日の相手にはリオ五輪イタリア代表2人が助っ人として加わり、いつにも増して力は強まった。「話では日本人とイタリア人がかみ合っていないということを聞いていたが、予想以上にうまくかみ合っていた」(徳用万里奈、社3=埼玉・秀明英光)。守備の要である徳用が第1ピリオドだけで2回の退水(※)になるなど、体格、パワーで勝る外国人選手の対応に序盤から手を焼いた。それならば攻撃で上回りたいところだったが、ゴール前でなかなかチャンスを作れず、第2ピリオドを終えて得点はわずか1。試合前半のスコアは1-5と苦しい戦いを強いられた。

得点を決め、ガッツポーズを見せる大竹

 巻き返したい第3ピリオド。逆転に向けてこれ以上点差を離されたくなかったが、立て続けに失点を許し、3-9とさらに苦しくなった。「最後なので勝つことはもちろんですが、楽しみたいというの一番に考えていた」(小路安希主将、スポ4=埼玉・秀明英光)。このチームで戦う最後の8分間。勝利は厳しくなったが、選手全員が持てる力を出し切った。パス回しのスピードを上げ、試合前半に比べてチャンスの場面が増えた。このピリオドだけで4点を奪うことに成功。ディフェンスでは全体的に下がることで相手の攻撃の芽を摘んでいった。7-11と結果的に白星とはならなかったが、強豪相手に最後は一矢報いることができた。

3得点を挙げる活躍を見せた小路女子主将

 「最後4年生一人というチームで大変なこともたくさんありましたが、このチームで水球をできたことが心の底から良かったと思う」(小路)。4年生が小路だけという中で始まったことし。チームは春から少しずつ成長していき、集大成となるインカレでは2位に輝いた。惜しくもこの大会では初戦敗退となったが、最後はワセダらしい水球を見せることはできた。「やはりインカレの決勝で負けてしまったので、そこで優勝してもらいたい」(小路)、「来年はインカレで優勝して、日本選手権でもメダルを目指してできたらいいなと思う」(松岡美有、スポ2=埼玉・秀明英光)。成し遂げられなかった先輩の思いは、たしかに後輩が受け継いだ。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

   

(記事 井口裕太、写真 杉野利恵、井嶋梨砂子)

コメント

  

小路安希女子主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――最後の大会となりましたが、どのような気持ちで臨まれましたか

最後なので勝つことはもちろんなんですが、楽しみたいというの一番に考えていました。

――今回の試合を振り返って、いかがですか

最後は笑って終わりたいと思っていて、負けたことはすごく悔しいんですが、チームとしては良い出来だったんではないかと思っています。

――相手のディフェンスはどのように克服しましたか

向こうのチームにもワセダの泳ぎの力は負けていないので、ディフェンスで掴まれても泳ぐというのを徹底していました。

――インターバルではどのような指示を出されましたか

もっと泳いでいこうということをずっと言っていました。

――後半に巻き返しましたが、上手くいったのは どのような点でしょうか

後半はパス回しが早くなっていったので、それが点につながったのではないかと思います。

――これで引退となりますが、今の気持ちはいかがですか

これまで4年間すごく楽しいチームで、最後4年生一人というチームで大変なこともたくさんあったんですが、このチームで水球をできたことが心の底から良かったと思えます。

――ことしのチームはどんなチームでしたか

最初はチームとして成り立たなくて、どうしようかという感じだったんですが、最終的に勝ちたいという気持ちがチームをひとつにしたと思います。

――最後に、後輩にはどのようなことを期待しますか

やはり日本学生選手権の決勝で負けてしまったので、そこで優勝していただきたいですね。私は応援に行きたいと思います。

徳用万里奈(社3=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合内容についていかがですか

勝ちたかったですね。相手チームには社会人に加えてイタリア人が2人入っていました。話では日本人とイタリア人がかみ合っていないということを聞いていましたが、予想以上にうまくかみ合っていましたね。

――イタリア人の選手には苦しんだ印象がありました

向こうのエースが中にいて、その人とイタリア人の2人に(対して)私と有寿(齋藤、スポ3=山形工)が1ピリ目と2ピリ目で合わせて(退水が)2回ついてしまいました。あまりディフェンスでぐいぐいいってしまうと二人ともいなくなってしまう可能性があったので、下がりのディフェンスでということで途中から変更しました。

――体格、パワーの面で勝る相手に対してディフェンスの面で意識したことはありましたか

下がりのディフェンス、ギャップに入るスピードですね。少し早くにギャップに入り始めて、連動して動くことを意識してやっていました。

――主将を務めた小路選手(安希、スポ4=埼玉・秀明英光)への思いは何かありますか

私は安希さんと高校の時から同じで、合計で実質5年間同じチームでさせていただいて、本当に頼れる先輩でした。色々と厳しくしてもらった面がありながらも、優しくしていただいたりもして。もちろん水球は先ほどの試合のように、キャプテンらしい素晴らしい選手で、生活面でも先輩として指導していただいて本当に感謝しかないです。

――次は最上級生となりチームを引っ張っていく立場となります

抜けるのが安希さん一人ですけれど、安希さんという存在が大きかったわけで。安希さんが抜けても大丈夫なように、これから自分も含めて最上級生がワセダというチームを確立、自立させていきたいなと思っています。

松岡美有(スポ2=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合にはどのような意気込みで臨まれましたか

きょう勝たないとあした以降試合がないので初戦突破を目標にやっていましたが、残念な結果に終わってしまいました。

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

もうちょっとしっかりと戦えた相手だと思うのですが、途中で引き離されてしまって。最後のピリオドは攻められていましたが最終的には途中についてしまった点差のせいで負けてしまいました。最初からもっと攻めて、ディフェンスもちゃんとできていたら勝てたかなと思います。

――外国人選手のシュートのパワーやスピードなどは違いましたか

全然違ってすごくいいシュートばかりでしたが、そういうシュートも止められるようにならないとダメだなと思いました。

――ゴールキーパーから見てチームの動きというのはどうでしたか

あんまり泳げていなくて攻めづらかったのかなと思います。ディフェンスもフローターの人にやられすぎていたと思うので、ディフェンスももう少し対策を練れたら良かったのかなと思います。

――現体制での試合はこれで最後となりましたが、今季を振り返ってみていかがでしたか

去年は出られなかった日本選手権にことしは出場できたというのはとても良かったなとは思いますが、出るだけでなくて結果を残せたらいいなと思います。インカレ(日本学生選手権)は2位という結果を残せましたが目標は優勝でしたし、今回も初戦突破というのを目標にしていたので、目標は達成できていなかったのかなと思います。来年はちゃんとインカレで優勝して、日本選手権でもメダルを目指してできたらいいなと思います。