ラグビー部

2016.10.03

関東大学対抗戦 対成蹊大 10月2日 秩父宮ラグビー場

成蹊大に完勝!次戦に弾みをつける

 関東大学対抗戦(対抗戦)の初戦、筑波大戦を激闘の末制し、勢いに乗る慶大は、成蹊大との試合に臨んだ。前半は早い段階から得点を取ると、固いディフェンスで相手を自陣に入れず試合を展開。8つのトライを奪い、50-0で前半を折り返した。後半は自陣でボールが動く展開が目立ち始め、相手に失点を許す場面もあった。しかし勢いは依然として慶大にあり、得点を積み重ねていく。結果、85-7の圧勝で対抗戦2戦目を白星で飾った。

 前半、早い段階から試合は動いた。試合開始から2分、SO古田京が右側に相手を寄せ、空いたスペースにCTBの堀越貴晴が切り込む。堀越は相手ディフェンスに捕まるも、走り込んできたCTB今成哲がボールを受け取りそのままトライ。さらに6分に追加点を挙げると、完全にペースをつかみ始める。22分には、接点からボールを直接持ち出したSH中鉢敦がラックサイドに生じたスペースを突いて、インゴールを割った。その後も猛攻は止まらず、トライを量産していく。また前に出てディフェンスすることでプレッシャーをかけ、相手が自陣でプレーすることを許さない。主導権を握った慶大は8トライを獲得し、50-0で前半を終えた。

ディフェンスの一瞬の隙を突き、前へと進む中鉢

 後半は、前半と一転して成蹊大に迫られる場面から始まった。4分には自陣のゴール前まで攻め込まれる。しかしこのピンチを粘り強いディフェンスで押し返し、10分には逆に慶大がトライを挙げた。続いて14分、途中出場したNO・8川合秀和は中鉢からパスを受け取ると、相手を引きずりながらボールをインゴールに持ち込む。その後も慶大は得点を重ねていった。しかし30分で隙を突かれ、FWのしつこいアタックで成蹊大にトライを奪われてしまう。慶大はその後トライを決めるも、以後は目立った動きもなくノーサイド。85-7の大勝で対抗戦2戦目を終えた。

対抗戦初出場ながら2トライを決めた川合

 試合を通して慶大の強みであるディフェンスでプレッシャーをかけていくプレーが見られた。前に出て守ることで相手の攻撃の機会を減らし、失点を最小限に抑えることができた。しかし後半はペナルティーが目立つようになり、自陣でプレーすることが多い。今後は、ミスを減らしてプレーの精度を上げていくことが重要であろう。次の日体大戦では、ディフェンスにさらに磨きをかけ、最後まで質の高いラグビーが見られることに期待がかかる。

(記事 坂巻晃乃介、写真 大庭開、喜柳純平)

関東大学対抗戦
慶大 スコア 成蹊大
前半 後半 得点 前半 後半
50 35
85 合計
【得点】▽トライ 松岡、佐藤大、豊田祥、中鉢3、堀越2、今成、金澤、山中、川合2 ▽ゴール 古田(9G)、青井(1G)
※得点者は慶大のみ記載
関東大学対抗戦Aグループ星取表(10月2日現在)
  帝京大 明大 筑波大 早大 慶大 青学大 日体大 成蹊大
帝京大 11/20 14:00

秩父宮
12/3 14:00

秩父宮
11/6 14:00

秩父宮
10/23 14:00

秩父宮
10/9 14:00

帝京大G
◯134-3 ◯91-0
明大 11/20 14:00

秩父宮
10/16 14:00

浜川
12/4 14:00

秩父宮
11/6 11:30

秩父宮
◯60-5 ◯79-0 10/23 14:00

上柚木
筑波大 12/3 14:00

秩父宮
10/16 14:00

浜川

●12-46 ●20-28 ◯15-13 11/6 14:00

熊谷B
11/19 14:00

江戸川
早大 11/6 14:00

秩父宮
12/4 14:00

秩父宮
◯46-12 11/23 14:00

秩父宮
10/23 11:30

上柚木
10/16 11:30

浜川
◯71-0
慶大 10/23 14:00

秩父宮
11/6 11:30

秩父宮
○28-20 11/23 14:00

秩父宮
12/3 14:00

熊谷B
10/9 14:00

慶大日吉G
◯85-7
青学大 10/9 14:00

帝京大G
●5-60 ●13-15 10/23 11:30

上柚木
12/3 14:00

熊谷B
11/19 14:00

三ツ沢
11/6 11:30

熊谷B
日体大 ●3-134 ●0-79 11/6 14:00

熊谷B
10/16 11:30

浜川
10/9 14:00

慶大日吉G
11/19 14:00

三ツ沢
11/26 14:00

江戸川
成蹊大 ●0-91 10/23 14:00

上柚木
11/19 14:00

江戸川
●0-71 ●7-85 11/6 11:30

熊谷B
11/26 14:00

江戸川
※秩父宮は秩父宮ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、浜川は高崎市浜川陸上競技場、月寒は札幌月寒ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、熊谷Bは熊谷ラグビー場Bグラウンド、江戸川は江戸川区陸上競技場、海老名は海老名運動公園陸上競技場、慶大日吉Gは慶大日吉グラウンド、三ツ沢はニッパツ三ツ沢球技場。
関東大学対抗戦Aグループ順位表(10月2日現在)
順位 チーム 試合 得点 失点 得失 トライ
帝京大 225 222 35
明大 139 134 23
早大 117 12 105 18
慶大 113 25 88 16
筑波大 47 87 -40
青学大 18 75 -57
日体大 213 -210
成蹊大 247 -242
勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。
コメント

金沢篤ヘッドコーチ

――この試合を振り返っていかがですか

昨年からの反省で自分たちのスタイルを出すラグビーをするというのを目標としてやってきました。自分たちのスタイルはやはりディフェンスですね。ディフェンスの部分で相手にプレッシャーをかけること、そしてブレイクダウンで成蹊大にどれだけプレッシャーをかけることができるかを焦点に当てて練習してきました。そうした中で選手はよく意識してプレーしてくれていました。このことは点数にも表れていますし、選手たちはよくやってくれたなと思います。

――ことしのチームの一番の強みは

自分たちはディフェンスが強みであり、慶大の強みにしていかなくてはならない部分だと思っています。そこを意識して試合に臨んでいますし、誰が見てもディフェンスを重点的にやっているのだと思われるチームを目指しています。

――目標は関東大学対抗戦の優勝ですか

出場している以上、優勝を目指すのは当たり前です。さらに先の全国大学選手権優勝を狙うのも当然だと思います。優勝に向けてチャレンジしていきたいです。

――帝京大など強豪校との距離と戦う際の課題を教えてください

まずフィジカルの部分で帝京大、東海大、大東文化大、明大などにどれだけ追いつけるかを目指しています。基本的に慶大は身長が高くないので、体重だけで通用するかはわかりません。コーチ陣を中心に強化を進めています。矛盾している部分でもあるのですが、運動量の強化にもチャレンジしたいと思っています。

NO・8鈴木達哉主将

――この試合を振り返っていかがですか

序盤から成蹊大にプレッシャーをかけることで、自分たちのペースで試合を進めることができました。おおむねよかったと思うのですが、最後にモールでの、セットプレーでのトライを許してしまったのは非常に残念です。