漕艇部

2016.09.21

第43回全日本大学選手権 9月22~25日 埼玉・戸田ボートコース

インカレ展望

 全日本大学選手権(インカレ)が9月22日から4日間、ついに幕を開ける。対校エイトの連覇に加え、『日本一』を狙う男子部と女王の座の死守が求められる女子部。早大から出場する全12クルーはそれぞれどのような戦いを見せてくれるのだろうか。学生日本一を懸けた戦いが、すぐそこに迫っている。

 『日本一』は渡さない。昨年、絶対王者であった日大の牙城を崩し19年ぶりに勝利を挙げた対校エイト。今季は早慶レガッタからクルーとシートを変更し、王者としてインカレに挑む。その中でも、圧倒的な漕力を誇る石田良知(スポ3=滋賀・彦根東)がストロークを務めることは大きい。石田がつくるリズムに全員が狂いなく合わされば、今季のクルー最大の強みである爆発力から勢いが生まれる。また、1本を長く漕ぐ意識も追求してきた。技術とスピードを兼ねる日大に前半どれだけ食らいつき、ラスト500メートルで突き放せるか。「僕たちが日本で一番速い」(是澤祐輔主将、スポ4=愛媛・宇和島東)。クルー全員が日本一への確かな自信を持っている。新生早大エイトが5分45秒26という昨年更新した記録を塗り替え、黄金時代を築きあげる日も遠くない。また、昨年2年ぶりに頂点に輝いた舵手付きペアは佐藤修平(文3=秋田)が再びかじを取り、ルーキーを栄冠へと導く。舵手なしペアからは1年ぶりに東駿佑(政経3=東京・早大学院)と石阪友貴(政経4=東京・早実)が再結成。全日本軽量級選手権で学生1位の経験を持つ二人はもう一度、学生日本一を奪取する。早大学院高出身者で組まれた舵手付きフォアは団結力を武器に、舵手なしクォドルプルはフレッシュな1年生をストロークに擁し、それぞれ表彰台入りを目指す。今季の第二エイトで勝利を味わった2人を有する舵手なしフォアと1年生と4年生で組まれたダブルスカル、そして初のインカレ出場となる有田光佑(創理4=東京・早大学院)のシングルスカルにも注目だ。それぞれの思いを胸に、この日まで全てを懸けてきた。総力戦で挑む熱き戦い。聖地をエンジ一色で染め上げる。

メンバーを変え、連覇を狙う対校エイト

 女子部の強さのカギは勝ちへのこだわりだ。「一番勝ちが似合うのはワセ女」(土井鈴奈、教4=埼玉・浦和一女)。昨年、『全種目優勝』という偉業を達成し、今季は総合8連覇が懸かる女子部。舵手付きクォドルプルではバウを務め、後ろからクルーをまとめる佐藤紫生乃女子主将(スポ4=宮城・塩釜)と冷静な判断で多くのクルーを優勝へと導いたコックスの亀本咲季子(人4=埼玉・浦和一女)を筆頭に、昨年シングルスカルで日本一に輝いた米川志保(スポ2=愛知・旭丘)がストロークに乗り、勝利のリズムを刻む。また舵手なしペアは浦和一女魂で連覇を狙い、ダブルスカルでは1年生と3年生がペアとなり息の合った漕ぎで日本一を勝ち取る。また入部から成長が著しい南菜月(教1=新潟南)がシングルスカルに出場。ハイレベルなレース展開が予測される中、勝利をたぐり寄せられるか。全員が主役となり、全員で表彰台の頂点を目指す。女王のプライドに懸け、連覇をまたひとつ、つないでみせる。

総合8連覇に死角はない女子部

 ついに火ぶたが切られる熱戦。『One WASEDA』の理念の下、早大漕艇部が見据えるのはただ一点、優勝だけだ。前期は早慶レガッタを始め、結果を残すことができなかった。だからこそ、このインカレという大舞台では必ず最高の結果を残してみせる。「この代で勝つ」(佐藤紫女子主将)。2000メートルを全力で漕破したその先に見えるのは、高く拳を突き上げたエンジの戦士たちに違いない。

(記事 黒田菜々子、写真 寒竹咲月)

♦早大各クルー出漕メンバー

▽男子部

【エイト】

C:藤川和暉(法4=東京・早稲田)

S:石田良知(スポ3=滋賀・彦根東)

7:石橋広陸(スポ3=愛知・豊田北)

6:鈴木大雅(スポ2=埼玉・浦和)

5:是澤祐輔(スポ4=愛媛・宇和島東)

4:木金孝仁(社4=東京・早実)

3:伊藤大生(スポ2=埼玉・南稜)

2:竹内友哉(スポ4=愛媛・今治西)

B:内田達大(スポ3=山梨・吉田)

【舵手付きフォア】

C:片所宏之(社3=東京・早大学院)

S:有田雄太郎(法3=東京・早大学院)

3:金子怜生(社2=東京・早大学院)

2:得居亮太(法3=東京・早大学院)

B:菅原拓磨(国教4=東京・早大学院)

【舵手なしフォア】

S:井踏直隆(文構2=東京・早大学院)

3:飯尾健太郎(スポ2=愛媛・今治西)

2:川田悠太郎(国教4=東京・早大学院)

B:富田剣志(スポ3=愛媛・今治西)

【舵手なしクォドルプル】

S:藤井拓弥(社1=山梨・吉田)

3:杉田陸弥(人4=栃木)

2:川田諒(社1=愛媛・松山東)

B:尾崎光(スポ2=愛媛・今治西)

【舵手付きペア】

C:佐藤修平(文3=秋田) 

S:高山格(スポ1=神奈川・横浜商業)

B:堀内一輝(スポ1=山梨・富士河口湖)

【舵手なしペア】

S:東駿佑(政経3=東京・早大学院)

B:石阪友貴(政経4=東京・早実)

【ダブルスカル】

S:菅原諒馬(商1=東京・早大学院)

B:寺田圭希(人4=滋賀・膳所)

【シングルスカル】

有田光佑(創理4=東京・早大学院)

▽女子部

【舵手付きクォドルプル】

C:亀本咲季子(人4=埼玉・浦和一女)

S:米川志保(スポ2=愛知・旭丘)

3:石上璃奈(スポ3=長野・下諏訪向陽)

2:木下美奈(スポ3=山梨・富士河口湖)

B:佐藤紫生乃(スポ4=宮城・塩釜)

【ダブルスカル】

S:木野田沙帆子(スポ3=青森)

B:木下弥桜(スポ1=和歌山北)

【舵手なしペア】

S:田口えり花(商3=埼玉・浦和一女)

B:土井鈴奈(教4=埼玉・浦和一女)

【シングルスカル】

南菜月(教1=新潟南)