Notice: mycategoryorder_Widget で呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています ! 代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/wasedasports2013/www/wasedasports/wp/wp-includes/functions.php on line 3924
シーソーゲームに競り勝ち東大から勝ち点奪取!/東大2回戦 | 早稲田スポーツ
メニュー

野球部

2016.09.19

東京六大学秋季リーグ戦 9月18日 神宮球場

シーソーゲームに競り勝ち東大から勝ち点奪取!/東大2回戦

東大2回戦
慶 大
東 大
(慶)岡野、髙橋亮、菊地、○加藤拓-郡司
◇(本塁打)山口1号ソロ(二塁打)木村健、重田、清水翔

 慶大は、優勝争いに絡むためには決して負けられない東大との2回戦に臨んだ。序盤は東大にリードされるも6回に逆転。8回に試合をひっくり返されながらもすぐさま逆転し返すなど、粘り強い野球で東大から勝ち点をもぎ取った。ただ、1回戦とは打って変わって投手陣が9得点の打線に助けられるかたちとなり、加藤拓也(4年)に次ぐ投手の不在という課題は依然として残る結果となった。

 試合は初回から大きく動いた。東京六大学リーグ戦初登板の岡野新二(1年)が東大打線につかまり3点を先制されると、東大リードのまま試合が進む。しかし、4回、負傷した岩見雅紀(3年)の代走で2回から出場した山口翔大(4年)が追撃のソロ本塁打を放ちこれで2-4。さらに6回には相手の細かいミスにも助けられて3点を加え、逆転に成功した。

途中出場し4回には右越え本塁打を放った山口

 5―4の1点リードで迎えた8回、前日の1回戦で無安打無得点試合を達成した加藤拓が登板。しかし、味方の失策を契機として、今秋のリーグ戦初被安打を含む2本の安打を浴び、東大に2点を許してしまう。なんとか逆転したい9回、先頭打者は8回途中出場の重田清一主将(4年)。「スタンドの声になんとか応えようと思った」と、右翼線に打球を飛ばすと迷うことなく全力疾走で頭から二塁に滑り込んだ。「主将がしっかり仕事をすれば周りはついてきてくれると思う」(重田)。主将の気迫あふれるプレーに応えるように続く山口、郡司裕也(1年)に連打が出るなど、打者一巡の猛攻で4点を挙げ、再び試合をひっくり返すことに成功。その裏の東大を三者凡退に打ち取り、試合を締めくくった。

9回は先頭の重田が二塁打で出塁。主将の一打が逆転勝利を呼び込んだ

 5季ぶりの優勝に向けまずは開幕カードで勝ち点を得た慶大。9回には強打の慶大らしい攻撃が見られたものの、6失点を許した投手陣に課題が残った。来週行われる春の王者・明大との一戦は厳しい戦いになるだろう。「なんとか一勝一勝積み重ねていくだけ」と重田主将が語るように、今後の戦いを勝ち抜き優勝を手にするためにはミスのない着実な試合運びで勝利を拾っていくことが必要だ。この試合のような粘り強い野球で、リーグ戦の一つのヤマ場・明大戦に挑む。

(記事 村田華乃、写真 加藤佑紀乃、守屋郁宏)

関連記事

加藤拓、無安打無得点試合達成で完勝!/東大1回戦(09/18)

東京六大学秋季リーグ戦星取表
順位 明 大 立 大 慶 大 早 大 法 大 東 大 勝ち点 勝率
明 大 10/22
10/23
9/24
9/25
10/15
10/16
10/1
10/2
○9-2
○7-4
1.000
立 大 10/22
10/23
10/15
10/16
9/24
9/25
○9-3
○7-5
10/8
10/9
1.000
慶 大 9/24
9/25
10/15
10/16
10/29
10/30
10/8
10/9
○8-0
○9-6
1.000
早 大 10/15
10/16
9/24
9/25
10/29
10/30
●5-6
○8-7
○5-2
10/1
10/2
.667
法 大 10/1
10/2
●3-9
●5-7
10/8
10/9
○6-5
●7-8
●2-5
10/22
10/23
.200
東 大 ●2-9
●4-7
10/8
10/9
●0-8
●6-9
10/1
10/2
10/22
10/23
.000
コメント

重田清一主将(4年)

――きょうは、先制点を取られ、追いかける展開となりましたが、ベンチではどんな話をしていましたか

ある程度の失点は覚悟していたので、とりあえず一点一点取りにいこうという話をしていました。守備のミスを減らして、失点を1点でも少なくするようにということも言っていました。

――加藤拓也投手(4年)の投球を見ていて、何か感じたことはありますか

いつも助けてもらっているので、負けを付けさせないように、なんとかしてやりたいと思っていました。

――9回には先頭打者として、どんな気持ちで打席に入りましたか

やはり、優勝するには落とせない試合だったので、どんなかたちでもいいから塁に出ようと思っていました。スタンドからは4年生からの声も聞こえていたので、なんとかその声に応えようと思いました。

――重田選手の安打で打線がつながり、逆転に結びつきましたね

はい。主将がしっかり仕事をすれば、周りはついてきてくれると思うので。今までいい仕事ができていなかったので、少しは自分の仕事ができたかなと思います。

――逆転勝ちで開幕カードの勝ち点を取ることができましたが、今後の抱負をお聞かせください

楽な試合はないと思うので、なんとか一勝一勝積み重ねていくだけです。

――来週は春の王者、明大との対戦です

厳しい戦いになるのは分かっているので、総力戦でなんとか勝ちを拾うつもりでやりたいと思います。ミスなく粘り勝っていきたいと思います。