メニュー

庭球部

2016.09.18

関東学生選手権 9月17日 埼玉・秩父ミューズパーク

単複でベスト4出そろう

 前日の天候とはうって変わって日差しがまぶしく感じられたこの日、関東学生選手権(夏関)は単複で準々決勝までの試合が行われた。シングルスには早大から3名が出場したが、島袋将(スポ1=三重・四日市工)のみがあすの準決勝へ進出。一方の男子ダブルスは3組がベスト4に名を連ねた。

 まずは準々決勝突破へ。前日の試合で逆転の末に同士討ちを制した河野優平(スポ3=福岡・柳川)の相手は明大の西脇一樹だ。「弱点(バックハンド)を克服してきていた」(河野)と語るように、持ち味のサービスに加えて弱点も強化してきた相手に苦戦を強いられた。ファースト、セカンドセットともにあと一歩が及ばず4-6、4-6。ベスト8のカベを超えられず、「もっとやれることがあった」(河野)と敗戦を悔いた。同じく同校対決で勝ち上がりを見せてきた齋藤聖真(スポ2=神奈川・湘南工大付)は太田悠介(法大)との一戦。立ち上がりからキープし合う互角の展開となり、試合はタイブレークへ。しかし、終始相手にリードを奪われ5-7でこのセットを落としてしまう。ここから巻き返しを図りたい齋藤だったが、挽回することはできず、シングルスはベスト8で姿を消した。そんな中、早大から唯一、次戦へと勝ち残ったのは1年生の島袋。直近の関東大学リーグ(リーグ)で黒星を喫している逸崎凱人との対戦となった。スピーディーなラリー戦が繰り広げられる中、先にブレークするとファーストセットを6-3で先取。その後は相手の追撃をかわし、最後はサービスエースで次戦への切符を手にした。

目標としていたベスト4には届かなかった河野

 2回戦の一部と準々決勝が行われた男子ダブルス。小堀良太主将(スポ4=東京・大成)・三好健太(スポ3=埼玉・秀明英光)組は2回戦を勝ち上がり、迎えた準々決勝では後輩ペアでもある齋藤・髙村佑樹(スポ1=千葉・東京学館浦安)組とのワセダ対決に臨んだ。ファーストセットは先にブレークを許した小堀・三好組。後がなくなったセカンドセットでは先輩としての意地を見せ、4-0でリードを奪う。そこから3ゲームを連取されたが、6-3でこのセットを取り切り、勝負はスーパータイブレークへ委ねられた。「緊張した場面でもしっかりできていた」(三好)と、小堀が前衛で三好が後衛というパターンがはまり、序盤は後輩ペアを圧倒する。しかし強気なサーブでポイントを取りにくる相手に5-5で並ばれ、その後は取っては取られの展開となった。9-9で迎えた場面で、小堀が痛恨のダブルフォルト。相手のサーブポイントがそのまま決勝点となり、「詰めが甘かった」(三好)と最後の最後で取り切れなかった悔しさをにじませた。

小堀・三好組はベスト8で大会を後にした

 このほかダブルスでは、河野・坂井勇仁(スポ2=大阪・清風)組と小林雅哉(スポ1=千葉・東京学館浦安)・島袋組が準決勝進出を決めている。齋藤・髙村組と小林雅・島袋組による同士討ちが実現。単複二冠の可能性を残している島袋と全日本学生選手権やリーグで活躍を見せ勢いに乗る齋藤・髙村組の果たしてどちらに軍配が上がるのか。頂点まであと二つ、早大勢の躍進に期待したい。

(記事、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽男子

ダブルス2回戦
○小堀良太・三好健太2-6、6-3、10-1川橋勇太・豊野潤也(ともに筑波大)

●岩崎歩・小倉孝介6-3、3-6、5-10諱五貴・合戸廉太朗(ともに明大)

○河野優平・坂井勇仁6-4、6-2ヘルナンデス亨・奈良部駿(ともに専大)

齋藤聖真・高村佑樹(不戦勝)服部未蘭・松田広人(ともに青学大)

小林雅哉・島袋将(不戦勝)逸崎凱人・畠山成冴(ともに慶大)

ダブルス準々決勝
○齋藤・高村6-4、3-6、11-9小堀・三好

○河野・坂井6-3、6-4中村進之介・福田真大(ともに慶大)

○小林・島袋7-6(2)、6-4小見山僚・前崎直哉(ともに法大)

シングルス準々決勝
●河野5-7、2-6西脇一樹(明大)

●齋藤6-7(5)、3-6太田悠介(法大)

○島袋6-3、6-3逸崎(慶大)

関連記事

個人戦でも関東王者へ、夏関始まる/関東学生選手権(9/17)

コメント

河野優平(スポ3=福岡・柳川)

――今大会はどのような目標を持って臨まれていますか

結果的にはシングルスベスト4、ダブルス優勝というのを目標にしています。

――シングルスの試合を振り返って

もっとやれることがあったのかなと。良い試合だったとは言えないかなと思います。

――相手の印象は

最近になって、自分の弱点を克服してきたのかなという印象です。長所であるサービスがさらに良くなっているのかなと思います。バックハンドが去年あたりまで弱点だったのかなという印象だったのですが、そのあたりを克服してきているのかなと感じましたね。

――試合内容は振り返ってみていかがですか

ブレークされても追いつく場面というのもいくつかあって、そこでもう一回気持ちを入れ直して、キープにつなげられなかったというのがきょうの敗因かなと思います。

――ダブルスは2試合ありましたが

坂井(勇仁、スポ2=大阪・清風)と組むのは初めてで、二人でうまくテンションをあげていければいいかなと思っていて。うまくマッチキングしてきているのかなと感じる部分もありますが、残り決勝を含めて多くても2試合なので、息が合うようにしていきたいなと思います。

――あすの準決勝に向けての意気込みをお願いします

僕はそのペアと対戦したことはないのですが、坂井は対戦したことがあるということなので。しっかり坂井から話を聞いて、試合中もしっかり話し合って準備して、坂井からいろいろな情報をもらいながらやっていけたらいいなと思います。

三好健太(スポ3=埼玉・秀明英光)

――今大会はどのような目標を持って臨まれていましたか

秩父では1年生の頃から戦績が良くて。クラブがクレーコートだったというのもあって、クレーコートは好きなので、今回は優勝を狙っていました。ダブルスも小堀さん(良太主将、スポ4=東京・大成)と組ませていただいて、上位までいきたかったのですが、スーパータイブレークで負けてしまって。最後の大事な場面で詰めが甘かったのではないかなと思います。

――小堀主将とペアを組まれるのは初めてでしたか

公式戦では初めてだったのですが、練習試合では何度か組ませていただいていて。その時から結構組みやすくて、今回もやっていて信頼感がありました。小堀さんと組む以上は上位にいきたかったなと思います。

――きょうの1試合目もスーパータイブレークまでもつれる試合となりました

自分が硬くなっていて、小堀さんも硬くなってしまっていて。途中から自分たちのテニスができていて、声を出して行ったらスコアにも現れたので、そこは良かったのではないかなと思います。応援もすごくプッシュしてくれたので、応援のおかげかなと思います。

――準々決勝では後輩でもある齋藤聖真(スポ2=神奈川・湘南工大付)・高村佑樹(スポ1=千葉・東京学館浦安)組との対戦となりましたが

やはりインカレベスト4という結果を出していたというのはありますが、そこはあまり気にしていなくて。全然勝てないとも思っていなかったですし、むしろ勝てると思ってやっていました。なので負けてすごく悔しいですね。

――相手のやりにくかった点はありますか

やりにくいとは感じなかったのですが、やはりクレーコートだったので2アップしてきたときにボレーでしつこくやってきて、イレギュラーになることも多かったので。ツーボレーでやってきた時に、しっかりこっちから強い球を打てるようにしっかり精度を上げていかなければいけないなと思います。王座(全日本大学対抗王座決定試合)までシングルスの試合が多いですけど、ダブルスもしっかり練習していきたいなと思います。

――きょうの試合で良かった点はありますか

僕が後ろで小堀さんが前という形が一番心地良くて。しっかりストロークを打って、小堀さんが前で打ってくれるというようにやることが決まっていたので、タイブレークで緊張した場面でもしっかりできていたと思います。でも最後取りきれなかったというのは詰めの甘さなのかなと思いますね。

――今大会のシングルスでの戦いを振り返って

そこも後輩に負けてしまって。正直そこも自分の中で勝てると思っていました。ファーストセットはジュースが多くて取りきれなかった場面が多かったのですが、セカンドセットはチャンスがたくさんあった中で、簡単なミスを一回して相手に取られてしまうということが多くて。ダブルスも一緒で、大事な場面でしっかりしつこくできるプレーをしていかなければ、上の選手や同じくらいの選手との対戦で緊張した時には取れないと思います。練習から緊張感を持って、しっかり強い球を打ちながらもコートの中に入れていくことを徹底してやっていきたいと思います。

――王座に向けての意気込みをお願いします

リーグ(関東大学リーグ)ではあまり調子が上がって来なかったのですが、夏関(関東学生選手権)で自信を持てるように、王座も考えながらやっていて。声出してファイトすること、技術面ではフォアでしっかり勝負していくということを意識していました。この大会でリーグよりも調子が上がってきたので、王座でもしっかり勝負できるのではないかと自信を持つことができました。この1ヶ月長いようで短いので、1日1日を大切にして、しっかり練習していきたいです。