ハンドボール部

2016.09.17

関東学生秋季リーグ 9月17日 埼玉・三郷市総合体育館

終盤逃げ切り3連勝!強豪撃破へ弾みをつける

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)は第4戦が行われ、4位の早大は7位の国士舘大と対戦した。試合序盤、課題とする『出だし』を良いかたちで乗り切ると、その後もうまく試合を進め、4点リードで折り返す。後半も主導権を掌握し、残り11分の時点でリードはこの日最大の7点に。しかし、ここから相手の必死の追い上げにあうと、気づけばわずか2点差のところまで詰め寄られてしまう。それでも、最後は相手のミスにも助けられ、なんとか逃げ切りに成功。22-20で辛くも勝利し、3連勝を飾った。

 ここまでは全ての試合で立ち上がりに苦しんできた早大。しかし、この日は芳村優花(教3=愛知・星城)が幸先よく先制点を奪うと、その後も 島崎愛(社2=熊本国府)のノーマークシュートや安藤万衣子(教3=東京・文化学園大杉並)のミドルシュートなどで着実に得点。守っては、GK北村早紀(スポ1=群馬・富岡東)がファインセーブで相手の得点機を阻止し、コートプレイヤーも懸命なディフェンスでそれに応えた。前半のスコアは11ー7。今季初めてリードした状態でハーフタイムを迎えた。

守備面での貢献も光る島崎

 後半、立ち上がりに3連取を許すなどいきなり1点差まで詰め寄られてしまう。しかし、絶好調をキープする川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)のミドルシュートですぐさま応戦。するとこれが呼び水となり、正木優唯副将(スポ4=京都・洛北)、川上、内海菜保(スポ3=香川・高松商)、島崎が立て続けにシュートを決め、一気に突き放す。「受け身にならず、積極的に攻めのオフェンスをしよう」(正木副将)という意識が功を奏し、残り11分で7点までリードを広げた。これで勝負あったかに思われたが、ここからネジを巻き直した国士舘大の猛追にあう。相手の積極的なプレッシングに自分たちのミスも重なり、早大は残り2分でその差を2点まで縮められてしまう。その後も気の抜けない展開を強いられたが、相手のシュートミスにも助けられ、なんとか反撃をしのぎ切った。22-20で薄氷の勝利。終盤こそ肝を冷やしたが、課題の立ち上がりの悪さを克服するなど、収穫も多い一勝となった。

パス回しの中心を担う安藤。この日は自らも得点を重ねた

 下位チームに3連勝。手堅く白星を積み上げるあたりは、チームの試合巧者ぶりがしっかり発揮されているといえるだろう。しかし、ここからが本当の勝負だ。東女体大、筑波大、桐蔭横浜大。上位を占める3強との対戦が、いよいよあすから始まる。「今までとはあたりの強さもスピードも違う」(芳村)。その言葉通り、この3チームは、これまで対戦してきたチームに比べて、個の能力もチームの成熟度も格段に高い。だからこそ、ここから早大の真の実力が問われることになる。

 とりわけ、あす対戦する東女体大は最も難しい相手だ。何を隠そう、早大は創部してから東女体大に一度も勝ったことがない。加えて春季リーグ全勝優勝を成し遂げた今季の東女体大は、攻守の完成度がずば抜けて高く、縦への攻めの速さも一級品。言うまでもなく、秋季リーグ優勝候補の最右翼だ。

 だが、早大にも確実に勝機はある。「全員で最後まで粘れれば勝ちも見えてくるはず」と佐藤主将が語るように、とにかくチームが一枚岩となって相手の攻撃を防ぎ、接戦に持ち込むことだ。「とにかく食らい付けるように、開き直って強気に勝負」(安藤) という気持ちに全員がなれるかどうかが、カギを握るだろう。

 「ことしのワセダは一味違う」。そう言わしめるためにも、その手で歴史を動かす一勝をつかみ取りたい。

(記事 栗村智弘、写真 大槻竜平、平松史帆)

関連記事

後半に圧倒!チーム一丸となって連勝飾る/関東学生秋季リーグ(9/11)

守りで粘って逆転、秋季リーグ初勝利!/関東学生秋季リーグ(9/4)

関東学生秋季リーグ
早大 22 11−7
11−13
20 国士舘大
GK 北村早紀(スポ1=群馬・富岡東)
LW 内海菜保(スポ3=香川・高松商)
LB 芳村優花(教3=愛知・星城)
CB 正木優唯(スポ4=京都・洛北)
PV 佐藤未来(スポ4=東京・文化学園大杉並)
RB 富永穂香(スポ2=東京・佼成学園女)
RW 川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)
コメント

PV佐藤未来主将(スポ4=東京・文化学園大杉並)

――きょうの試合はいかがでしたか

勝ち切れたことは良かったんですけど、後半点差が開いたときにこっちのミスで詰め寄られてしまって、そこは反省すべきところだと思います。

――課題としていた『出だし』の部分に関してはいかがでしたか

これまでの試合は最初から足を動かすことができていなかったんですけど、きょうは始めからファールで潰しにいくというのを全員が徹底できたので、出だしに関しては良かったんじゃないかなと思います。今までは最初に点差をつけられてそれを追いかけるという展開になってたんですけど、きょうは先制点も取れましたし、うまく試合に入れたと思います。

――相手のエースプレイヤーへの対策も徹底していましたね

押し込まれたときに最後打ってくるのはやっぱりあの選手なので。春リーグのときは気持ち良く打たれてしまって失点していたので、それならこっちから高めに仕掛けて、基本はマンツーマンでついていこうという感じで、メリハリをつけて守りました。

――終盤は2点差まで詰め寄られるなど、冷や汗をかく展開となりました

本当はもっと点差をつけて、ベンチメンバーも全員得点をとるくらいの運びをしたかったんですけど、そこで一歩引いてしまったというか、私自身が大事な場面でシュートを外してしまって、それで流れを引き寄せられなかったなと思います。ただ、とりあえず勝てたことは良かったですし、課題を次に生かしていきたいです。

――あすからはいよいよ上位チームとの対戦になります。キャプテンから見て今のチーム状態はいかがでしょうか

自分たちのいいところも悪いところもしっかり共有できていますし、声も春リーグより出ていて、コミュニケーションもとれていると思います。これからは接戦で勝ち抜いていかなければいけなくなると思うんですけど、そういうときこそ声をかけていって、やっぱり大事なところでミスするチームにはなりたくないので、しっかり勝ち切れる力をつけていきたいです。

――あすの東女体大戦に向けて意気込みをお願いします

やっぱり相手の個の力のほうが上なので、そこでは敵わないと思います。でも、チーム全員で最後まで粘ることができれば勝ちも見えてくると思うので、とにかく勝つことにこだわって戦いたいと思います。

CB正木優唯副将(スポ4=京都・洛北)

――試合を振り返って

(試合の)流れは悪くなかったんですけど、後半の10分は点差が離れていたのに自分たちの余裕を(相手に)詰められたことは課題ですね。

――オフェンスで何か目標はありましたか

そんなに攻めれない相手ではなくて、初めの出だしにミスして相手に逆速攻されるというのが毎試合あったので、ミスするのはしょうがないからオフェンスでしっかりとシュートまでいって、戻りまでやろうということは話していました。

――個人的に意識していたことは

オフェンスをやり始めたときに、ポストが空くなって思いました。なので自分を犠牲にしてポストや周りを生かすようにすればどんどん空いてくると思ったので、自分が突っ込むよりかは、(相手を)出させてスペースを空けて(シュートを)打つなど周りを生かすプレーをしようと意識していました。

――毎試合課題となっていた立ち上がりはいかがでしたか

オフェンスはそこまで悪くはなかったです。でもディフェンスからの速攻がうまくいかなくて、そこで点数を取れていれば流れはもっと良くなっていたと思います。

――試合終盤までもつれる展開となりましたが、終盤は選手にどのような声をかけていましたか

みんなにちょっと余裕があったと思うので、自分たちのプレーをすることと、もっと受け身ではなくがつがつしたプレー、自分たちから積極的に攻めていくオフェンスをしようと声をかけていました。

――あしたから上位チームとの戦いが始まります。意気込みをお願いします

そんな簡単に勝てる相手ではないと思っていますが、最後まで粘れれば勝ち切れる力はあると思うので、終盤競った試合をして勝てるようにしたいと思います。

CB安藤万衣子(教3=東京・文化学園大杉並)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

勝ってたところで最後の最後、ミスが重なってしまったので、そこが反省点かなと思います。

――どういったことを意識して試合に臨みましたか

怖がらずにプレーすることと、打てるときは打っていきたいということですね。実際に打って決められたので、良かったなと思います。

――きょうはそのミドルシュートをいいポイントで何本か打てたのではないですか

そうですね。思ってたよりディフェンスがあたりに来なくて、打てるかなと思って打ったら入ってくれました(笑)。

――特に1本目のシュートは素晴らしいミドルでしたね

あれはちょっと、自分でもびっくりしましたね(笑)。

――ポストへのアシストもありました。全体的にご自身のプレーを振り返っていかがですか

落ち着いてたかなと思います。(相手ディフェンスの)隙間とかポストの動きも見えていて、試合中は早くパスを回してくれと言っていました。パスが回ってきたらすぐに(ポストに)落とそうと考えていて、きょうは早いパス回しの中でうまく合わせることができたので良かったです。

――今季ここまでのご自身のプレーを振り返っていかがですか

けがをしてしまったことで出場時間が限られる中で、自分のベストを出し切ることができているかというとそうでもなくて。もっと自分の持ち味を生かしていきたいと思っていて、きょうはいい展開をすることができたと思うので、そういう意味では、きょうで吹っ切れたところもありますね。

――あすから上位陣との対戦です

これからはもっと思ったようにプレーできなくなると思うんですけど、そこできょうの後半みたいにミスを連続するのではなくて、消極的にならずに前からあたってあたって、自分もステップやミドルを積極的に狙っていきたいです。

――まずは東女体大との一戦です。意気込みをお願いします

とにかく食らい付けるように、いっそ開き直って強気に勝負したいと思います。

LB芳村優花(教3=愛知・星城)

――きょうの試合で個人的に意識したことはありますか

今までの試合でディフェンスとの距離が近くなってしまっていたので、遠くしようということを意識してたんですけど、きょうはできなかったです。

――春季リーグで勝利した相手でしたがいいイメージなどありましたか

練習試合も結構していたので、相手がどういうチームでクセとかもわかっていたので、その中で先に牽制を仕掛けようと思っていました。

――課題としていた出だしはいかがでしたか

まあまあでしたね(笑)。いつもよりはミスが減っていたり、ディフェンスで守れていたのは良かったと思います。

――この試合で見つかった課題はありましたか

一番わかりやすいのが、後半ラスト10分でミスから点差を追い詰められてしまったことで、それを無くせば控えのメンバーも出せたと思うし、逆に国士舘が相手だったから負けなかったけど、他の強い相手だったら負けてしまっていたと思うので、最後まで流れを切らさず集中していきたいと思います。

――あすからの試合は上位陣との試合になりますが、意気込みをお願いします

今までとはあたりもスピードも違うと思うので、常に挑戦する気持ちで全力でやっていきたいと思います。