剣道部

2016.09.14

第65回関東学生優勝大会 9月11日 日本武道館

早大4強入り、全日本に向け大躍進!

 全日本学生優勝大会(全日本)に向けた熱い戦いがことしも聖地、日本武道館で幕を開ける。悔しさの残る個人戦を終え、早大剣士たちは関東学生剣道優勝大会に挑んだ。シードのため2回戦から出場となった早大は東洋大、亜大を下し、4回戦で慶大、5回戦では強敵・筑波大を破るなど快進撃を続けたが、準決勝で今大会覇者の中大に惜敗。決勝進出とはならなかったものの見事4強入りを果たし、全日本への切符を手に入れた。

 初戦となった東洋大戦では、1年生ながら代表入りした秋山健太(スポ1=福岡大大濠)がメンで一本勝ち。早大はこの一勝を守り抜き、3回戦へと駒を進めた。全日本出場を懸けた亜大戦、先制を許す苦しい展開となるも、五将・安井奎祐(スポ2=茨城・水戸葵陵)がドウで一本勝ちし流れを変えた。その後流れに乗った早大は、久田松雄一郎(スポ3=佐賀・龍谷)が一本を奪うなどして2−1で勝利を収める。続く4回戦では慶大と対戦。「(慶大には)他の大学に比べて特別に負けたくない」と先鋒・山本聖人(政経3=埼玉・早大本庄)は述べた。序盤にコテを奪われるも、連続でメンを奪い返し宿敵の慶大選手に逆転勝利を収める。そのまま勢いに乗った早大は4−0で快勝し、準々決勝進出を決めた。

 続く筑波大戦では、両者一歩も引かない引き分けの試合が続く。そんな中均衡を破ったのは中堅・森本翼副将(社4=京都・龍谷大平安)。「今まで積み重ねてきたことが勝ち切れたところにつながった」(森本)と開始直後にメンを取られたもののその後メンとコテを奪い逆転勝ちを収めた。この貴重な白星を最後まで守り抜き、早大は4強入りを果たす。

筑波大に勝利し喜び合う選手たち

 筑波大を倒し勢いづいたかに思われたが、そう上手くはいかなかった。準決勝となった中大戦は、先鋒が終盤にコテを取られ、相手を追う苦しい展開に。そんな中、森本がまたもメンを奪い追い付くことに成功する。続く三将の小林直道主将(スポ4=東京・高輪)は序盤にメンを取られるも、「意地で取った」と振り返る渾身のドウを決め引き分けに持ち込んだ。続く副将戦では、勇大地(スポ3=東福岡)が試合開始直後にドウを決めそのまま一本勝ち。早大有利の状況で大将戦へとつないだ。大将・久田松の相手は大学剣道界屈指の剣士である梅ヶ谷翔(中大)。序盤から激しい攻防が続き、引き分けにさえ持ち込めば早大の勝利という優勢から一転、中盤に一本を奪われ勝負は代表戦にもつれこんだ。早大代表は3年の久田松。「負けても勝ってもいいから楽しんでこい」(小林)「何も考えずお前に好きなようにやってこい、責任は4年生の責任だから」(森本)。2人の4年生にこう送り出された久田松は梅ヶ谷相手に互角以上の健闘を見せる。しかし最終決戦を制したのは梅ヶ谷。静まり返った場内にメンの決まった音が鳴り響いた。惜しくも決勝進出はならず、3位という結果で幕を下ろした。

代表戦で梅ケ谷との死闘を繰り広げる久田松

 筑波大を制し強豪・中大を追い詰めるなど、だんだんと全日本優勝への道筋が見えてきた。本大会でベスト4に残るのは8年ぶりの快挙であり、全日本に向けて好調なスタートを切ったといえる。小林主将は大会を振り返り「嬉しい反面、やはり中大戦を振り返っても優勝を狙えたと思うので悔しくもあります。今大会で得た課題と悔しさをバネにして、全日本では優勝できるように頑張ります」と述べた。彼らの目は、すでに全日本優勝を見据えている。全日本まであと1ヶ月を切った。大会に向けてより一層ハードな稽古を積む早大剣士たちは、よりたくましく成長した姿を見せてくれるだろう。

賞状を受け取る小林主将

(記事 松本一葉、写真 佐藤諒)

結果

2回戦 ○早大1―0東洋大

先鋒 山本    ―

次鋒 秋山    ―コ

五将 安井   ド―

中堅 森本    ―

三将 久田松  コ―

副将 勇     ―

大将 小林    ―

3回戦 ○早大2―1亜大

先鋒 山本    ―

次鋒 秋山    ―コ

五将 安井   ド―

中堅 森本    ―

三将 久田松  コ―

副将 勇     ―

大将 小林    ―

4回戦 ○早大4―0慶大

先鋒 山本  メコ―コ

次鋒 秋山    ―

五将 安井    ―

中堅 森本   コ―

三将 久田松  ド―

副将 小林    ―

大将 勇   メメ―メ

5回戦 ○早大1―0筑波大

先鋒 山本    ―

次鋒 秋山    ―

五将 安井    ―

中堅 森本  メコ―メ

三将 久田松   ―

副将 勇     ―

大将 小林    ―

準決勝 ●早大2―2中大(代表選0―1)

先鋒 山本    ―コ

次鋒 秋山    ―

五将 安井    ―

中堅 森本   メ―

三将 小林   ド―メ

副将 勇    ド―

大将 久田松   ―メ

代表選 久田松 メ―

早大 ベスト4(全日本出場決定)

コメント

小林直道(スポ4=東京・高輪)

――本日の試合を振り返っていかがですか

全員が力を出し切れて、本当にいい試合だったと思います。

――団体戦のシーズンに向け、チームとしてどのようなことを意識してきましたか

チームワークを大切にするために、いろんな出稽古に行って他の大学と練習試合をして、チームワークを磨いてきました。

――本大会にはどのような目標を持って臨みましたか

関東優勝を目指していました。結果は3位で悔しい部分もあるのですが、今後につながるいい試合内容だったと思います。

――東洋大戦、亜大戦では結果だけ見ると少し苦戦した印象ですが

すこし硬い部分はあったんですけれど、逆に接戦で勝てたことがそのあと上位に上がれた要因だと思います。そういった意味でいい経験ができたのではないかと思います。

――その中で秋山健太選手(スポ1=福岡大大濠)、安井奎祐選手(スポ2=茨城・水戸葵陵)など若い選手の活躍もありました

いつも以上の実力を発揮してくれて、すごく心強かったです。

――続いて小林選手ご自身の試合に関してです。筑波大戦では負けられない場面での登場でした

もう引き分けさえすれば勝ちだったので、何が何でも勝つために取られないことを意識していました。

――中大戦ではそれまでと違い三将としての出場でしたが、どのような経緯でのオーダー変更だったのでしょうか

全員で話し合って、相手選手との相性だったりを考慮して決めました。

――先取されたのちに取り返しましたが、その時のお気持ちはいかがでしたか

そうですね、無心だったので自分でもあまり覚えていないのですが、意地で取ったかなという感じです。

――決まり手の逆ドウは狙っていたのですか

狙っていたと言えば狙っていたんですけれど、普段試合などであまり決めている技ではないので、自然と出たという感じですね。

――代表選に久田松雄一郎選手(スポ3=佐賀・龍谷)が選出されたいきさつに関してうかがってもよろしいでしょうか

それまでの大将戦もすごくいい内容だったので、このまま臨んだほうがチームとして勝てると思ったからです。

――その際久田松選手にはどのような言葉をかけましたか

負けても勝ってもいいから楽しんでこいと言いました。負けてもお前のせいじゃないということも伝えましたね。

――本日のベスト4という結果を主将の小林選手から振り返って改めていかがでしょうか

数年ぶりにベスト4に入れたことで嬉しい反面、やはり中大戦を振り返っても優勝を狙えたと思うので悔しい面もあります。

――夏の間チームワークを意識してやってこられたとのことでしたが、きょう一日このチームで戦った手応えはいかがでしたか

非常によかったなと。きょうの試合を通して、私たちのチームワークをより一層強められたのではないかと思います。

――最後に、全日本に向けての意気込みをお願いいたします。

きょう得た課題と悔しさをばねにして、全日本では優勝できるように頑張ります。

森本翼副将(社4=京都・龍谷大平安)

――個人戦から本日までどのような稽古をしてきましたか

歴代で一番きついって言われるくらいきついメニューをやってきました。きょねん接戦を制しきれなくて負けてしまったので。そういうときの精神力、一本を取り切るっていうところが大事だと思うので、主将を中心に考えて、私は副将としてやってきて、その成果として結果は残せたのかなと。

――ベスト4という結果は悪くなかったということですね

優勝するチャンスがあっただけに悔しいです。満足はできないですね。

――目標はやはり優勝だったのですね

もちろんそうです。

――本日、どの試合が印象に残りましたか

筑波大学との試合です。前3人が引き分けで来て、自分も始まってすぐ一本取られてそこからすぐ取り返しました。今まで積み重ねてきたことが勝ち切れたところにつながったのかなと思います。

――一本取られて、二本目を迎えたときのお気持ちはいかがでしたか

相手が出てくるのは分かっていたので、そこでどう勝負をかけるかっていうのを考えて、運良く取れたので良かったです。

――初戦は硬い試合でした

次峰だけが勝って1ー0という競った試合で、自分自身も一本取られてまったく満足いかない試合でした。そこで気合いを入れ直さないといけないなって自分自身に発破をかけて、その結果徐々に(調子が)上がっていったのかなって思います。

――全日本出場がかかった亜大戦も接戦の硬い試合でした

何本か惜しいところがあったんですけど、取り切れなかったので、それは全日本での課題になってくると思います。

――4回戦は早慶戦になりました

やった河村(慶大)は、早慶戦で毎年やってて対戦は4回目で、まさかここでもやるとは思ってなかったです(笑) 。通算で負け越していて、きょう勝ったら追い付くので、意地でも自分が取ってチームの勝ちにつなげようと思っていました。結果勝ててよかったです。

――毎回当たるのはたまたまですか

たまたまですよ(笑)。

――4回目の対戦ということで、どの辺りを狙おうというようなことは考えていたのでしょうか

狙っていた部分はありました。でも、あんまりそこは意識してないですね。お互い手の内を知り尽くしているので、気持ちで負けないようにしました。

――中大は去年全日本で敗れたチームでした

自分自身は去年レギュラーにも入ってなかったので。ただ、0ー1で負けて回ってきて、中大の後ろ三枚は超有名選手なので、中堅も全日本3位で強いんですけど、自分が取るしかないなって思って。結果に結び付いたので、そこは良かったなと思います。

――永井選手(中大)からメンを取りましたね

もう一本取れたんじゃないかなって思っています。もう一本取ったら勝てたんじゃないかなって思って、そこは正直悔しいです。

――どのような言葉をかけて久田松雄一郎選手(スポ3=佐賀・龍谷)を代表戦に送り出したのでしょうか

彼は3年生で、代表戦に彼を出すのは実力的な部分がありました。でも、責任は彼にはないと。自分たち4年生の力が足りないので、あいつに託したというところではあったので、何も考えずにお前の好きなように、思い切ってやってこいと。責任は4年生の責任だから、と送り出しました。

――本日は、勝負どころで勝ち星を取ってくる、ポイントゲッターとしての役割を果たしていたと思いますが、自分自身のパフォーマンスはどのように捉えていますか

結果的には良かったですけど、まだ改善の余地がたくさんあるので、あと1ヶ月でどこまで修正できるかというところが勝負になってくると思います。

――具体的にどこをどのように改善していくのでしょうか

一つだけ言えるのは、初戦と2回目がどうしても硬かったので、スタートから全力でチームの流れをつくっていけるような選手になっていかないと、まだまだ全日本で勝つのは厳しいと思います。

――全日本へ向けてどのような稽古をしていきますか

もちろん日本一を目標に稽古していくんですけど、具体的にはこれまで続けてきた厳しい稽古をしていきます。最後の一本を取るっていうのは、技術云々よりも、精神力に左右される部分が多くあると思うので、そういうところを重点的にやっていきます。厳しいときにも最後の一本まで気を抜かない稽古を続けて頑張っていきたいと思います。

山本聖人(政経3=埼玉・早大本庄)

――今大会を振り返って

初めてこういった全学年混合の公式戦に出られて、非常にいい経験になりました。ですが、準決勝で自分が先鋒で流れを作れなくて負けてしまったので、自分の力不足を痛感しました。

――団体戦が始まって先鋒を任されていますが、手応えはいかがですか

1回戦、2回戦はプレッシャーとの戦いで、流れを作らなければという意識でやっていたのですが、全日本が決まってからは先鋒なので気負わず楽しくやろうと思って試合に臨みました。

――慶大戦ではチームに勢いをもたらす二本がありましたが、その場面を振り返って

慶大は今の代が1、2年生の時の新人戦で敗れて悔しい思いをしたので、絶対に負けないという気持ちで自分が流れを作ろうと臨みました。

――その後チームは逆転勝ちを収めました

最初に一本取られてしまったのですが、自分が流れを作ることができたのでよかったです。

――高校時代から対戦している慶大に対しては特別な思いがありますか

ワセダとケイオーということで、ずっとライバルとしてやってきていますし、自分自身としては去年の早慶戦で個人として負けてしまって悔しい思いをしたので、他の大学に比べて特別に負けたくないという気持ちはあります。

――準決勝の中大戦はどのような思いで戦っていましたか

相手が前に個人戦で対戦して負けている相手だったので、リベンジをしてやろうと思ったのですが、最後の最後で取られてしまったので悔しいです。

――最後に、全日本に向けた意気込みをお願いします

きょう戦ってみて、自分たちの力が通用するということが分かったので、全日本に向けてあと一ヶ月もないですが、しっかり調整して日本一目指して頑張っていきたいです。

勇大地(スポ3=東福岡)

――きょうはどのような意気込みで臨まれましたか

きょうはとりあえず優勝するつもりで、全日本とは考えずにこの大会で優勝するという気持ちで臨みました。

――慶應戦で大将を務めることになったいきさつを教えてください

まあ相性ですね。

――勝たなければならない場面で回ってきた中央戦を振り返ってください

後ろに勝負をかけるんじゃなくて、自分で勝って後ろに迷惑をかけないようにしようと思いました。

――中央との結果をチームとしてどのように捉えていますか

まだまだ中央には力が及ばないのかなと思ったんですけど、勝てる可能性も全然あるし、試合内容とかも振り返れば勝ってたんじゃないかなと思うので全日本で借りを返したいです。

――改めてベスト4という結果をどのように捉えていますか

やっぱりまだ悔しいですね。優勝を目指してやってきただけに悔しさがあります。

――全日本が決まりましたが意気込みを教えてください

私が入学してからまだ全日本で優勝していないので優勝できるように頑張ります。

久田松雄一郎(スポ3=佐賀・龍谷)

――本日の試合にはどのような意気込みで臨まれましたか

いつも通り勝ちに行こうと思って臨みました

――今日の調子はどうでしたか

まあまあよかったと、悪くはなかったと思います

――中央大との大将戦を振り返ってどうでしたか

勝ち試合だったのでもったいないことをしたなと思って。上級生や下級生、チームのみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいです

――代表選に選ばれたいきさつはどのようなものでしたか

大丈夫か、と言われたので大丈夫ですと言って臨みました

――チームメイトからはどのような言葉をかけられましたか

しっかりやってこいよというようなことを言われました

――長時間にわたる試合でしたがいかがでしたか

まあ、普段からやっていることを出せればと思ってしっかり気を張っていたんですけれど、最後は甘いところが出てしまったなという感じです

――中大の梅ヶ谷選手と戦った印象はいかがでしたか

まあ昔からずっとやってきていてあそこはよく打たれてきていて、あそこだけは気を張ってたんですけど打たれちゃいましたね

――ベスト4という結果についてはどう思われましたか

初戦からワセダらしく戦えてきたと思うのでまあ関東は関東で全日に向けてしっかり立て直していけたらいいなと思います

――最後に、全日本に向けて意気込みをお願いします

しっかりワセダらしく、みんなにを迷惑かけた分、お返しできたらなと思っています