メニュー

ハンドボール部

2016.09.11

関東学生秋季リーグ 9月11日 神奈川・桐蔭横浜大体育館

後半に圧倒!チーム一丸となって連勝飾る

 関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)第3戦。この日は開幕から連敗で最下位に沈む日女体大と対戦した。確実に白星をつかみたい早大だったが、前半はチャンスで決め切れず、3点リードを許しての折り返しとなってしまう。だが、選手たちは落ち着いていた。後半3分に追い付くと、ゲーム終盤は川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)や芳村優花(教3=愛知・星城)らの得点で一気に突き放した。30−23で快勝。上位追撃に向けて弾みをつける結果となった。

 前半は波に乗り切れない。「自分たちで流れを悪くしてしまった」(佐藤未来主将、スポ4=東京・文化学園大杉並)という言葉通り、チャンスを生かし切れず、15分には4−10と6点差をつけられてしまう。その後は、佐藤主将のポストシュートや内海菜保(スポ3=香川・高松商)のカットインなどで3点差まで詰め寄ったものの、これまでの2試合同様リードを許した状態で後半に突入した。

 「1点ずつ返せば大丈夫。自分たちから仕掛けていこう」(佐藤主将)。勝つためには積極的なプレーが求められる後半。キャプテンを中心にもう一度気を引き締め直した早大が見せたのは、物怖じしない勇敢な姿勢だった。特にそれが現れたのはディフェンスだ。「フットワークを使って全員で守る」(江島朋夏、スポ2=東京・佼成学園女)という言葉通り、誰一人足を止めずにピストンし続け、相手に付け入る隙を与えない。内海と川上の両ウイングは1枚目の位置から素早く飛び出し、相手のパスを何度もカット。ボールを奪うとすぐに速攻につなげ、最後は江島や川上が冷静にノーマークを決めた。この日が公式戦初スタメンとなったGK北村早紀(スポ1=群馬・富岡東)も終盤に好セーブを連発。「すごく緊張した」と振り返ったルーキーは、自ら前に出て相手との間合いを詰める果敢なキーピングで、ピンチを何度も救って見せた。

ディフェンスはもちろん、オフェンスでも活躍した江島

 オフェンスでは、右ウイングの川上が大活躍を見せた。チーム内唯一のサウスポーは、抜群の跳躍力を生かしたシュートでゴールネットを次々に揺らし、チームトップタイの8得点をマーク。同じく8得点を挙げたエース芳村、華麗な個人技で魅せた内海と共に攻撃を牽引し、チームの逆転勝利に大きく貢献した。

「後半は落ち着いて打てた」と振り返った川上

 橋本澪(スポ3=東京・佼成学園女)、今井季穂里(教3=千葉・昭和学院)、大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)。チームはいま、攻守の要が次から次へと負傷離脱する、いわば緊急事態に陥っている。それでもこの試合は、そんな緊急事態を忘れさせるかのような逆転勝利だった。頼れる主力がチームを引っ張り、秋季リーグから出場機会を得た選手たちが自らの強みをしっかりと出し切る。チーム一丸となってつかみ取ったこの白星は、これからに向けて間違いなく好影響を与えてくれるだろう。今後は全員が口をそろえるように、『出だしの悪さ』を改善することが最重要になってくる。「何ができて、何ができないか。学んだことをこの先に生かしていきたい」(内海)。貪欲に謙虚に。選手たちは『勝利』の二文字だけを追い求め、突き進む。

(記事 栗村智弘、写真 尾澤琴美、新津利征)

関連記事

猛追見せるも及ばず。秋季リーグは黒星発進/関東学生秋季リーグ(9/3)

守りで粘って逆転、秋季リーグ初勝利!/関東学生秋季リーグ(9/4)

関東学生秋季リーグ
早大 30 11−14
19−9
23 日女体大
GK 北村早紀(スポ1=群馬・富岡東)
LW 内海菜保(スポ3=香川・高松商)
LB 芳村優花(教3=愛知・星城)
CB 正木優唯(スポ4=京都・洛北)
PV 佐藤未来(スポ4=東京・文化学園大杉並)
RB 富永穂香(スポ2=東京・佼成学園女)
RW 川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)
コメント

PV佐藤未来主将(スポ4=東京・文化学園大杉並)

――きょうの試合はいかがでしたか

やっぱり試合の出だしのところが課題だなと、改めて感じる試合でしたね。

――この試合にはどういった対策を練って臨みましたか

相手はロングシュートとかよりは、ずらして攻めてくるチームだったので、そこで相手に合わせて守ることにならないようにということは気をつけていました。自分たちのディフェンスができないと相手にシュートを打たれたり、ポストのマークミスが起きたりするので、そこは重点的にやってきたんですけど、きょうはディフェンスで少し粘り切れなかったなと思います。

――ここまでの2試合と同じく前半をビハインドで折り返しましたが、ハーフタイムのチームの雰囲気はいかがでしたか

前半は自分たちで流れを悪くしてしまって。後半はまずは自分たちのディフェンスをしっかりやろうと。普段の練習でも、ビハインドの状況を想定した練習もしてきましたし、1点ずつ返していけば大丈夫という話はしました。

――後半だけのスコアでいえば10点差を付けました。

前半悪かった中で、自分自身も焦っていくつかミスをしてしまって、後半は自分たちから仕掛けていこうということをずっと言い続けました。それが結果的に勝ちにつながったのかなと思います。

――きょうは内海菜保(スポ3=香川・高松商)選手と川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)選手が攻守にチームを引っ張りましたね

そうですね。きついときにシュートを決めてくれたので、すごく助けられました。

――けが人が多く出てしまっている状況ですが、これに関しては

確かに立て続けに出てしまっているんですけど、それで崩れてしまっていたらチームとして戦えているということにはならないですし、出てくる選手一人一人に違った強みがあるので、そこを生かしていけるチームになりたいです。

――きょうは初スタメンとなった北村早紀(スポ1=群馬・富岡東)選手もチームを何度も救いましたね

そうですね。特に終盤は何度も止めてくれて。ほんと助けられましたね(笑)。

――ここまでの3試合を振り返っていかがでしょうか

課題は明確で、やっぱり出だしなんですよね。これから強いチームと当たっていく中で、今までみたいに前半駄目で後半逆転するっていうふうにはいかないと思うので、試合の最初から相手についていくというか、自分たちのハンドボールをいかにできるかが大事になってくると思います。

――次の国士舘大戦に向けて意気込みをお願いします

絶対に勝たなきゃいけない試合ですし、しっかり勝ってその次の東女戦で全てをぶつけるためにも、まずは目の前の試合で勝つことにこだわってやっていきたいと思います。

RW川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

土曜日の試合も出たしが悪いのが課題だったのですが、それがきょうも出てしまいました。後半はなんとか立て直すことができて良かったと思います。

――出だしが悪いというのには何か原因があるのでしょうか

最初に色々なことを試そうとして、それがうまくいかず、ミスが出て逆速攻を受けるという感じですね。

――きょうの試合で個人として意識したことはどういったことでしょうか

春の試合で日女体大のキーパーを相手にシュートを外してしまったので、とりあえずシュートのときに跳ぼうということを意識しました。

――得点を量産しましたが、感覚としてはいかがでしたか

前半に速攻で2本、見事にバーに当てて外してしまって、まずいと思ったのですが、ハーフタイムにみんなが「キーパーが空いてるところがあるからためれば大丈夫」と言ってくれて。後半はパスを回してくれて落ち着いて打つことができました。

――キーパーとの駆け引きという面ではいかがでしたか

駆け引きというよりは、跳んでからキーパーの動きを見極めるのが得意なので、高く跳んでキーパーが動いたのを見てから逆に打つことがきょうはできました。

――ループシュートなどもありましたが

とっさに判断しているのであまり覚えていないです(笑)。キーパーが出てくることが分かっていて、対策をしていたので、キーパーが出てきたときに高く打って決めることができました。

――リーグ戦のここまでのチームの戦いはいかがでしょうか

出だしが悪いという課題がまだ残ってしまっていて、今はまだなんとか追い付くことができていますが、上位チームとの対戦では最初からそのままの展開で試合が終わってしまうと思うので、出だしからみんなが力を出せるようにしていきたいと思います。

――強豪を相手にする上で、今後どのような対策を立てていきたいですか

ディフェンスでは守れているのですが、オフェンスでミスが出て逆速攻を受けるという展開が多いので、オフェンスの精度をどこまで高められるかが課題だと思います。

――最後に次戦に向けての抱負をお願いします

みんながつないできてくれたボールをサイドシュートで決めることが私の仕事なので、シュートを決めていきたいと思います。

LW内海菜保(スポ3=香川・高松商)

――きょうの試合はいかがでしたか

いつも出だしが良くないので、きょうは最初から負けてるつもりでというふうにみんなで話し合ってたんですけど、終わってみてやっぱり改善できていないなと感じます。きょうは途中から追い上げることができましたけど、相手が東女とかになってくるとそうはいかなくなると思うので、もっと良くしていかなければと思います。

――試合前はどういったことを意識していましたか

自分のマークが高校の後輩だったので、まずはそこで絶対に負けたくなくて(笑)。チームとしては相手が下位にいるということもあったので、そういうところでちゃんと勝っておかないと上にいくことはできないですし、そういう意味でも、きょうは絶対に負けないという気持ちでいきました。

――ご自身のプレーは振り返ってみていかがですか

まだまだだと思います。完璧じゃないですからね。シュート率は100%じゃなかったですし、ディフェンスも自分のところでやられることがあったので、満足せず改善していかなければと思います。

――きょうは内海選手と川上選手、両サイドの活躍も目立ちましたね

きょうの智菜美は半端じゃなかったですね(笑)。毎試合安定してシュートを決められれば、上のプレイヤーも楽になりますし、やっぱり決めるべきところでしっかり決めれる選手になりたいですね。それこそきょうの智菜美はほんとすごくて。私も智菜美を目指します(笑)。

――ここまで2勝1敗ですが、これまでの戦いぶりに関してはいかがですか

試合するごとに課題が出てきて、でもその反面このプレーは通用するとか、そういうこともわかってきているので、そこは自信を持って精度を高めていきたいです。何ができて、何ができないかとか、これまでの3試合でわかったことをこの先に生かしていかなければならないなと思います。できないことを次までにできるようにするっていうのは、リーグ期間だとなかなか厳しいので、むしろできることをもっと磨いていくようにしたいですね。

――次の国士舘大戦に向けて意気込みをお願いします

とにかく負けられないです。でも足元をすくわれてもいけないので、軽い気持ちではなくてしっかりとした気持ちで臨まないといけないですし、これまで学んだいいところも悪いところも生かしていきたいです。とにかく、勝ちたいですね。

LB江島朋夏(スポ2=東京・佼成学園女)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

前半は立ち上がりが課題で、その部分が出てしまったんですけど、後半からみんなで立て直すことができました。きょうはいま部活に来ていない先輩方も応援に来てくれていて、それがすごく力になりました。

――今回どのようなことを意識して試合に臨まれましたか

パス回しが早い相手なので、フットワーク使って、ディフェンスの間を縫われないよう、全員で守るというのを意識していました。

――試合に入ってディフェンスについてはいかがでしたか

相手の得意なプレーは封じることができたかなと思います。

――江島選手は今回リーグ初得点も決めました

先週の試合でシュートを外してしまっていたので、今回チャンスがあったら絶対に決めようと思っていました。なので思い切って打てました。

――これまでの秋季リーグを振り返っていかがですか

出してもらっている責任があるので、自分ができることを最大限やろうと思っています。きょうやっと少し結果が出たので良かったです。

――ご自身の調子はいかがですか

まあまあかなと思います(笑)。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

ここから厳しくなってくると思うんですけど、もう落とせないので一戦一戦勝っていきたいと思います。

GK北村早紀(スポ1=群馬・富岡東)

――試合を振り返っていかがでしたか

前半、ディフェンスも崩れていましたが、キーパーの自分が止めるべきところを止めることができませんでした。後半は止めることができるようになって、そこから試合をつくっていけたので、良かったと思います。

――初スタメンとなりましたが、緊張はありませんでしたか

すごく緊張しました(笑)。

――どんな心境で試合に臨みましたか

キーパーの先輩(橋本佳那、スポ3=埼玉・市立浦和)が一人いて、その人ではなく自分がスタメンに選ばれたので、その分止めなければと思って試合に出ると、色々考えてしまって止めることができませんでした。後半は余計なことを考えずにプレーして、止めることができました。

――前半と後半でどのように切り替えましたか

けがをしていたキーパー(大沢アビ直美、スポ1=東京・佼成学園女)に「何も考えない方がいい」というアドバイスをもらって、そこで切り替えることができました。

――個人としてはどういった意識をもってプレーしていましたか

勝負にいくキーピングが自分の持ち味なのですが、前半はそれができず、監督(脇若正二、昭50教卒=岐阜・加納)に指摘されたので、後半は勝負をかけて止めにいきました。

――勝負をかけるキーピングとは具体的にはどういったことなのでしょうか

相手が入ってきて、キーパーがベタ引きだと簡単に入ってしまうので、相手が入ってきたタイミングに合わせて自分が前に出て、間合いを変えたりすることです。

――次戦に向けて抱負をお願いします

これから強い相手と対戦していく中で、今のままでは前半5分くらいで読まれてしまうと思います。この一週間で安定感のあるキーピングを求めて、止めるべきところで止められるように調整していきたいと思います。