野球部

2016.09.10

夏季2軍オープン戦 8月25日 安部磯雄記念野球場

甲子園の星たちを相手に惜敗/高校日本代表戦

  
早 大
高校日本代表 ×

 普段のオープン戦とは一味違った高揚感が漂う安部磯雄記念野球場。バックネット裏の観客席は試合開始1時間前から多くの関係者やファンで埋め尽くされた。第11回BFA U-18アジア選手権に出場する高校日本代表と早大の練習試合だ。1、2年生主体で臨んだ早大は初回に幸先よく先制するが、直後に逆転を許し、追う展開に。夏の甲子園を沸かせた好投手たちから8安打を放ち、9回には一打同点まで詰め寄ったが、4-5で惜しくも敗れた。

 注目の一戦、早大は小島和哉(スポ2=埼玉・浦和学院)を先発のマウンドに送る。2年前の同大会で日の丸を背負い、準優勝に貢献した左腕だ。その小島は攻撃陣が先制点を取った直後の立ち上がり、4番・九鬼隆平(熊本・秀岳館高)に左翼フェンスを越える3点本塁打を浴び逆転を許してしまう。その後もボール先行の投球が続き、なかなかリズムに乗り切れない。3回を投げ、安打こそ2本に抑えたが、許した四球は4つ。東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)に向けても不安が残る結果となってしまった。その後は3回無失点の好投を見せた増田圭佑(文2=茨城・江戸川学園取手)ら3投手が登板。6回を除き毎回走者を許しながら2失点で食いとどめたが、小島の喫した3失点が重くのしかかった。

本塁打を浴び、無念の表情を浮かべる小島

 稲穂打線がまず対峙したのは高校日本代表の先発・寺島成輝(大阪・履正社高)。プロも注目する逸材とはいえ、相手は高校生。簡単に抑えられるわけにはいかない。1回、無死三塁から岩浪優也(教2=東京・立川)の右前適時打で1点を先制。すると続く2回にも山岡仁実(スポ2=東京・早実)が右翼線へ適時三塁打を放つ。寺島の球威に振り負けずに鋭く外野に運び、大学生として意地を見せつけた。2点ビハインドで迎えた9回には富田直希(教1=東京・早実)の左中間を破る適時二塁打で1点差に。なおも同点の好機だったが、この日2安打の岩浪が三振に倒れゲームセット。試合をひっくり返すことはできなかった。

1回に先制の右前適時打を放つ岩浪

 この試合、僅差のゲームを落とす結果につながったのは攻守両面におけるミス。守りでは与四球や暴投、失策が点につながり、攻撃でも3度の犠打失敗や8回の走塁死で流れを引き寄せられなかった。高校日本代表の繰り出す3投手に計8安打を浴びせ、好機で一打も飛び出しただけに悔やまれる。8月も終わりに差し掛かり、夏季オープン戦も残すところあとわずか。秋季リーグ戦の開幕も刻一刻と迫る。一つのミスが命取りになるのがリーグ戦。この先は一つ一つのプレーを大切に、接戦をものにしていきたいところだ。

(記事 郡司幸耀、写真 中村朋子)

関連記事

夏季2軍オープン戦ダイジェスト(8月11日~16日)(08/23)

夏季2軍オープン戦ダイジェスト(8月4日~9日)(08/14)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。