野球部

2016.09.08

夏季オープン戦 8月17日 安部磯雄記念野球場

圧巻の4本塁打!プロ相手に逆転勝利/東北楽天戦

  
東北楽天
早 大 ×

 チームの勢いに弾みのつく一勝だ。早大は東北楽天ゴールデンイーグルスと対戦。昨年は敗戦を喫しているプロ相手に苦しい展開が予想されたが、初回から打線が火を噴いた。4番・木田大貴(商4=愛知・成章)が2本の本塁打を放つなど、この試合だけでチーム4本塁打。6回に一旦は勝ち越しを許してしまうが、直後に逆転、ダメ押しの一発がそれぞれ飛び出し、一気に試合を決定づけた。

 平日にもかかわらず、多くのファンが詰めかけた安部磯雄記念野球場。注目の一戦で先発を任された竹内諒(スポ4=三重・松阪)であったが、初回はプロ相手に力む場面が目立ち制球が定まらない。甘い球を確実に捉えてくる相手打線に2点を許してしまった。しかし、2回以降は普段よりも変化球を多く使った配球が功を奏し、5回までに9奪三振。順調な調整ぶりをアピールすることができた。その後6回に2点本塁打を浴びたが、追加点は許さない。最終回、小島和哉(スポ2=埼玉・浦和学院)が1死満塁のピンチを招く。だが、ここも続く打者の痛烈な当たりを小島が見事にさばき、併殺で試合を締めくくった。

プロ相手に5回2失点と結果を残した竹内

 好調ぶりが評価され、夏季オープン戦は4番打者での出場が続く木田。この日も、その木田が攻撃の起点となった。初回、1点を返した後の2死から直球を振り抜くと打球は左翼後方へ。ソロアーチで試合を振り出しに戻した。木田は4回の2打席目にも本塁打を放っている。3打席目は、逆転を許した直後の6回。先頭打者として打席に立つと、今度は左前へ痛烈な当たりを放つ。一旦は相手に流れが傾きかけたが、この一打をきっかけに早大打線が勢いづいた。続く打者が犠打を成功させ、打席にはこの試合2打席凡退の石井一成主将(スポ4=栃木・作新学院)。高々と上がった打球は台風一過の強い風が吹くにもかかわらず、中堅後方のフェンスに直撃。相手の中堅手が打球処理にもたつく間に一気に本塁を駆け抜け、2点ランニング本塁打で逆転に成功した。勢いが止まらない早大はここから連打でさらに好機をつくると、今度は富田直希(教1=東京・早実)がライナー性の当たりを右翼スタンドへ放ち3点本塁打。この試合チームが取った9得点中8得点が本塁打から生まれる一発攻勢で、プロ相手に勝利を収めた。

木田はこの日4打数4安打2打点と活躍した

 東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)ではシーズン13試合で4本の本塁打を記録した早大。この試合だけでその数に並ぶ一発を放った。春低迷の大きな要因となった打線であるが、まだまだ大きな可能性を秘めている。また、投手陣も粘り強さを発揮し、不利なカウントやピンチの場面でも攻める姿勢を貫き、凡打の山を築いた。秋季リーグ戦まで残り約3週間。開幕まではまだ時間があるが、この試合の勝利を一つの契機にさらに調整を加速させたい。

(記事 杉田陵也、写真 糸賀日向子)

関連記事

夏季オープン戦ダイジェスト(8月13日~16日)(08/23)

夏季オープン戦ダイジェスト(8月5日~12日)(08/14)

鍛錬の夏を越え王座奪還へ!―夏季オープン戦展望―/夏季オープン戦(08/05)

※リーグ戦開幕前の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。