メニュー

ハンドボール部

2016.09.04

関東学生秋季リーグ 9月4日 東京・日女体大体育館

守りで粘って逆転、秋季リーグ初勝利!

 前日の敗戦を無駄にはしなかった。関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)2戦目の相手は東海大。上位進出を目指す早大にとって、何としても勝ちたい一戦だった。試合では終始好ディフェンスが光った早大。しかし前半はチャンスで決め切れず、苦しい展開となる。1点を追うかたちでハーフタイムを迎えると、後半は立ち上がりから猛攻を仕掛け一気に逆転。終盤は数的不利に陥る時間帯もあったがリードを許さず、秋季リーグ1勝目をつかみ取った。

 初戦で課題に挙げられた前半の立ち上がり。最初から「5点リードされているくらいの気持ちで」(大沢アビ直美、スポ1=東京・佼成学園女)と、チーム全体で意識を共有して試合に臨んだ。開始1分に先制されたものの、我慢強く守り、食い下がる早大。相手のキープレーヤーにはマンツーマンディフェンスを付け、思い通りのプレーをさせなかった。一方オフェンスでは決定力を欠いた。セットオフェンスや速攻でのミスが目立ち、得点を奪うことができない。それでも「とにかく今は守りに集中しよう」(佐藤未来主将、スポ4=東京・文化学園大杉並)と全員が粘り強く守り抜き、失点を最小限に食い止める。前半は、7-8のロースコアで終えることとなった。

この日も大活躍を見せた守護神・大沢。ファインセーブで流れを引き寄せた

 後半、早大の反撃が始まる。開始直後に内海菜保(スポ3=香川・高松商)が速攻を決め、チームを勢いづける。前半に続き隙の無いディフェンスから速攻につなげ、確実にシュートを決めていく。開始3分からの6連続得点で、一気に相手を突き放した。しかし22分、チーム最多6得点を挙げていた芳村優花(教3=愛知・星城)が、この日3回目の退場。まさかの追放となってしまった。エース不在、数的不利というピンチ。それでも早大は、「落ち着いていた」(内海)。GK大沢が要所で好セーブを見せ、26分、29分には佐藤主将、正木優唯副将(スポ4=京都・洛北)ら最上級生が着実に得点。点差こそ詰められたが、20-18で逃げ切った。試合終了のブザーが鳴ると、選手たちは安堵の表情を見せた。

得点を決め、ガッツポーズを見せる正木副将

 「きのうの負けがあって、反省点が分かったからこそ勝てたと思う」(正木副将)。前日の日体大戦から限られた時間の中で課題を洗い出し、2戦目での勝利につなげることができた。だが、「最後は守りの姿勢になってしまっていた」(佐藤主将)、「勝ち続けなければ上にはいけない」(正木副将)と、満足はしていない。まだ始まったばかりの秋季リーグは、次戦以降も負けられない試合が続く。この一勝に慢心することなく、さらに成長した姿を見せてくれるはずだ。

(記事 尾澤琴美、写真 新津利征、栗村智弘)

関連記事

関東学生秋季リーグ女子展望(8/29)

猛追見せるも及ばず。秋季リーグは黒星発進/関東学生秋季リーグ(9/3)

関東学生秋季リーグ
早大 20 7−8
13−10
18 東海大
GK 大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)
LW 内海菜保(スポ3=香川・高松商)
LB 芳村優花(教3=愛知・星城)
CB 正木優唯(スポ4=京都・洛北)
PV 佐藤未来(スポ4=東京・文化学園大杉並)
RB 富永穂香(スポ2=東京・佼成学園女)
RW 川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)
コメント

PV佐藤未来主将(スポ4=東京・文化学園大杉並)

――率直な気持ちをお聞かせください

とりあえず、ほんとに勝てて良かったです。

――前半はなかなか苦しい展開でした

そうですね。きのうは出だしのところが駄目で、きょうは最初から負けてるくらいの気持ちでいこうと話していて、確かに前半はディフェンスで守れていてもなかなか速攻とかが決まらなくて、苦しい時間帯もあったんですけど、シュートまではいけていましたし、我慢して守っていれば最後は勝てるという言葉をコーチからもかけてもらっていたので、とにかく今は守りに集中しようという感じでしたね。

――その言葉通り後半は逆転に成功してそのまま逃げ切りました

だんだん相手の攻め方とかもわかってきて、守り切れれば速攻までつなげると思っていました。ライン際でしっかりしめて守れたと思います。

――相手のエースプレイヤーへの対策もうまくいったのではないですか

そうですね。中途半端に(マークに)つくと逆にやられてしまうというのは、きのうの試合で間を詰めれず打たれてしまったことからもわかっていたので、思い切ってついて、下がってきたら後ろのプレイヤーにもちょっかいを出すという感じで、うまく対応できたと思います。

――相手の変則的なディフェンスへの対策はどうだったでしょうか

事前に映像を見て、結構浮いてくるなというのはわかっていて。ただ、出てきてもこっちが頭を切り替えて、一線のときとは違う攻め方をすればいいというだけだったので、そこは無難に対応できたと思います。

――ポストとしてはどういったことを意識してプレーしましたか

結構しっかりマークにつかれていたので、その分上の選手がフェイントを切れると思って、自分がおとりになって動いて、スペースを空けようということを意識しました。

――きのうの課題は修正できたといえるでしょうか

きのうの一番の課題は出だしの悪さで、きょうは序盤に3点差つけられたところで粘ることができたなと思います。きのうも含めて今まではあそこで踏ん張り切れないこともあったんですけど、きょうはみんなきのうのことが頭にあったので、我慢して守り切れたと思います。

――「負けから学ばなければならない」ということをおっしゃられていた中で、早速その経験が生かされたということですね

そうですね。きょう負けたらほんとに厳しいという感じだったので。ただ、最後追い上げられたのはきょう出た課題ですね。最後は守りの姿勢になってしまっていたので、もう少し冷静になるというか、慌てる相手の裏をかくようなプレーができるようにしていきたいです。

――キャプテンとしてまずは一安心といった感じではないですか

そうですね(笑)。連敗しなくて良かった、という感じです。

――次戦への意気込みをお願いします

きのうの負けをきょう生かせて、でもそれをきょうで終わりにするのではなくて頭に入れ続けて、最初から自分たちのペースで試合ができるようにしていきたいです。

CB正木優唯副将(スポ4=京都・洛北)

――率直な気持ちをお聞かせください

うれしいですね。きのうの負けがあって、それで反省点とかがわかったからこそ勝てたと思います。

――具体的にどういった反省点がありましたか

試合の出だしのところでオフェンスのリズムをつくるということと、ディフェンスの修正ですね。きょうは相手のキープレイヤーがわかっていて、その選手に対して何度も同じやられかたをしなかったので、うまく守れていたと思います。

――どういったことを意識してプレーしましたか

きのうは焦ったときになかなか正確に指示を出すことができなくて。センターなので、そういうときこそしっかり出さないといけないんですけど、そこで自分も焦って、他の選手も焦って、みんな単発になってしまって。きょうは焦らず周りを見てさばこうということは意識していました。でも後半は少し焦ってしまったので、そこは反省点です。

――後半は狭い角度からのナイスシュートもありました

みんながシュートまでのプレーで流れをつくってくれていたというのもありますし、やっぱりすごく大事な場面だったので、あそこで決め切れて良かったと思います。

――相手のディフェンスが変則的でしたが、前もって対策はしていたのですか

ドリブルとかで突っ込んでしまうと相手の思う壺というのはわかっていて、そういうときこそコートを広く使って、うまく連携して攻めようということは話し合っていました。

――改めて、きょう初勝利をつかんだことでほっとされているのではないでさか

そうですね、ほっとしてます。でも、勝ち続けなければ上にはいけないですし、これからも同じミスを繰り返さず、ワセダらしいプレーをしていけるよう、まずは次までの一週間練習を頑張りたいと思います。

LW内海菜保(スポ3=香川・高松商)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

東海大とは春引き分けで終わっていて、個人的にも何もできていませんでした。きのうの試合で負けたこともあって、春の分も絶対に勝とうという意気込みで臨みました。とりあえず1勝できて良かったです。

――前半点が入らない苦しい展開でしたが、要因は何だったのでしょうか

相手がどんどん押し上げてくるディフェンスで、あまり動けていなくて。それに対応するまでに時間がかかって、手こずってしまったのかなと思います。

――後半出だしから早大ペースに持ち込みましたが、良かった点は何でしょうか

しっかり守って速攻までつなげられたことと、未来さん(佐藤主将、スポ4=東京・文化学園大杉並)のけん制や、真ん中で江島(朋夏、スポ2=東京・佼成学園女)とかが相手のミスを誘ってくれていて。そこからマイボールにして、皆で走ってリズムが取れていたのがすごく良かったです。

――終盤芳村優花選手(教3=愛知・星城)が退場になってしまいましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

割と落ち着いていました。春よりチーム層が厚くなったということもあって、きょうもけが人がいて何人かメンバーが替わっていたんですけど、替わりに出てくる子たちがちゃんと役割を果たしてくれていました。その面ではそんなに焦りはありませんでした。

――内海選手自身、相手にマンツーマンディフェンスにつかれていました

びっくりしました(笑)。私がつかれていてあまり攻撃に参加しなかったんですけど、逆にそうすることで相手ディフェンスも1人少なくなるので。その部分を他の人が動いてつないでシュートまでいけていたので、良かったと思います。

――秋季リーグ2試合を終えて、ご自身の調子はいかがですか

まあまあです(笑)。ここで満足しないで、どんどん高いところを目指してやっていきたいです。

――来週の試合に向けての意気込みをお願いします

最初の1試合を落としたこともあってもう負けられないので、絶対に勝つという気持ちで。あとこの2試合でいろんな場面があったんですけど、替わりに出た子たちも含めてちゃんと落ち着いてできていました。次の試合もどのような展開になるか分からないですが、その経験も生かして焦らずに勝ちにいきたいと思います。

GK大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)

――きょうの試合を振り返って

勝てて良かったです。やはり出だしが良かったかなと思います。きのうの試合は出だしが悪く、前半で7点差をつけられたので、きのうのミーティングで出だしを意識しようと話しました。きょうは5点リードされているくらいの気持ちで試合に入りました。それが勝利に結び付いたのではないかと思います。

――きのうの試合で出た課題はどういったところでしょうか

ミドルシュートを何本も入れられたり、サイドシューターに対しても位置取りが悪く、入れられてしまうことがあったので、重心の使い方を意識するようにしました。また、左肩を負傷していたので、そこを使わないように、左側に打たせない位置取りを意識しました。

――きょうの試合はどういった意識を持って試合に臨みましたか

負けている状況でも、勝っている状況でも自分のキーピングを信じてやろうと思って試合に入りました。

――後半ペナルティスローを止めましたが、あの場面については

相手のシューターは下しか打たないということが分析で分かっていたので、あとは右か左かだけでした。先に動かないようにしっかり待って、上は捨てて下だけを止めるようにしました。

――2試合を終えましたが、ご自身の調子はいかがですか

今のところいい感じなので、残り5試合もこの調子でいきたいと思います。

――最後に次戦に向けての抱負をお願いします

この調子で、相手のシューターをしっかり分析して、いつも通り止めていきたいと思います。