メニュー

庭球部

2016.09.03

関東大学リーグ 9月3日 神奈川・慶大日吉蝮谷コート

エース対決で惜敗も、山梨学院大を破り3連勝

 2連勝と幸先の良いスタートを切った関東大学リーグ(リーグ)。折り返し地点となる第3戦は山梨学院大を相手に迎えた。ダブルスで危なげなく2-0をつけた早大は、シングルス4で1年生の大河真由(スポ1=千葉・秀明八千代)を投入するなど層の厚さを見せつける。シングルス1では相手のエース寺見かりん(山梨学院大)に苦戦を強いられ惜しくも敗北を喫したが、6-1でチームは勝利。リーグでの連勝を3に伸ばした。

 ダブルス1の林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)・上唯希(スポ2=兵庫・園田学園)組は終始相手を圧倒し、6-0で手堅く第1セットを先取。先週の筑波大戦では同スコアから0-3と引き離されたが「1ゲーム目を集中して入ろうと話していました」(林)と、相手の反撃を許さなかった。第2セットも6-1で奪い、テンポ良く1勝目を挙げる。シングルス2の細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)・大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)組は序盤、鳴りを潜めた。「最後までボールは合わなかった」(細沼)としながらもペースをつかみ、6-3、6-1で相手を下す。全体スコアを2-0としてダブルスを締めくくった。

ポイントを決め、仲間の声援に応える細沼・大矢組

 良い流れのままシングルスでも白星を稼ぎたい早大であったが、そううまくはいかなかった。シングルス1の林は相手エースと激戦を繰り広げる。第1セットは序盤からリードを許し、2-5まで追い込まれる展開となった。しかしそこから意地を見せ2ゲームを連取するも追い上げむなしく、このセットを落としてしまう。続く第2セットは3ゲームを先取し林のペースで進むかに思えたが、後半は疲れからかミスも増え相手の強力なフォアハンドに押し込まれた。4-6、5-7での敗戦に、「チームの柱として一番やってはいけない試合だった」(林)と悔しさを隠すことなくうつむいた。一方、ルーキーの大河は初の団体戦に緊張しながらも「思い切りプレーすることができました」と堂々のストレート勝ち。その他3人も白星を重ね最終スコアは6-1。目標のリーグ優勝に向け視界は良好だ。

団体戦初出場となった大河

 林はシングルスで惜敗してしまったが、大河の活躍など収穫も多い試合となった。下級生の成長はチームにも良い刺激をもたらすだろう。きょうで3連勝を飾り、チームにも勢いがついてきている。残すは亜大、慶大の2校。全勝優勝に向け、焦らずに一つずつ順調に勝ち進んでもらいたい。

(記事 高橋団、写真 熊木玲佳、佐藤亜利紗)

結果

○早大6―1山梨学院大

ダブルス1
○林恵里奈・上唯希6-0、6-1寺見かりん・大嶺真緒(ともに山梨学院大)
ダブルス2
○細沼千紗・大矢希6-3、6-1吉冨夢子・西里夏子(ともに山梨学院大)
シングルス1
●林4-6、5-7寺見
シングルス2
○細沼6-2、6-2岩井真優(筑波大)吉冨
シングルス3
○上6-3、6-3松本安莉(山梨学院大)
シングルス4
○大河真由6-3、6-1横川仁美(山梨学院大)
シングルス5
○金井綾香6-2、6-2福井景子(山梨学院大)

関連記事

法大下し、いざヤマ場の明大戦へ/関東大学リーグ(9/03)

筑波大を下し、2連勝!/関東大学リーグ(9/01)

勢いのある中大を撃破!一歩ずつ王座へ/関東大学リーグ(9/01)

ことしこそ無敗の女王に!全勝スタート/関東大学リーグ(8/28)

リーグ開幕!初戦は9-0発進/関東大学リーグ(8/28)

コメント

林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)

――オーダーが変わり1年生の大河真由選手(スポ1=千葉・秀明八千代)が出場されていました

大河は1年生ですし経験させる意味もあって、ダブルスが2ー0だった場合にシングルス4に出場するというオーダーを出しました。力強いストロークも持っていますし、団体戦、リーグ(関東大学リーグ)で勝てる実力も持っているので来年に向けてという意味もあり大河を出しました。

――きょうの6ー1という結果をどのように受け止めていますか

筑波大戦を終えて次こそは7ー0で勝つとチーム全員で言っていたんですけど、自分がシングルスで落としてしまいました。本当に申し訳ないですしチームの柱として一番やってはいけない試合だったな、と思っています。

――ダブルスが終わってからのシングルスでしたが、疲れなどはありましたか

体に疲れが溜まってきていて、段々足が動かなくなって手打ちになってしまいミスが出ました。体全体を使えずにボールが浅くなって先に攻められたり、主導権を先に握られていたのが敗因かなと思います。

――ダブルスは良い結果でしたが、振り返っていかがですか

ファーストセットを6ー0で取って、セカンドセットの1ゲーム目で長いジュースが続いてゲームを取りました。筑波大戦の時も6ー0で(ファーストセットを取って)セカンドが0ー3、1ー4の悪いスタートだったので、その反省を生かして6ー0で取って次の1ゲーム目を集中して入ろうと話していました。ジュースを取れたのは大きかったと思います。

――シングルスでも3ー1で迎えたゲームで長いジュースがありましたが、その時はいかがでしたか

向こうにもゲームポイントがあってこちらもあって取れずに、というのが続いていました。4ー1にすればと先を見すぎて目の前にポイントに集中しきれていなかったと思います。ほしいときに攻め急ぎすぎて簡単なミスが起きてポイントを落としていたな、と思います。

――チームはこれで3連勝となりました、次の亜大に向けて意気込みをお願いします

3ー0になっていますが、チームの目標のリーグ優勝というのはまだ決まったわけではないのでしっかり選手は反省点を克服して、中日が二日あるのでしっかり調整していい状態で4戦目に臨めたらと思います。

細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)

――ダブルスの試合を振り返ってみていかがですか

慶大のコートは筑波戦でも使っていて、感触は確かめられていたのですが、相手のボールが飛んでこなくて。いつもやってるワセダの人や筑波大の米原実令・森崎可南子だと飛んでくるので、そこで焦ってしまいました。最後までボールは合わなかったですね。

――中盤からは調子を上げていったという印象を受けました

好調ではなかったのですが、なんとか隠しながらやっていました(笑)

――その中で意識されていたことはありましたか

サーブから攻められれば簡単に取れていたのでそこだけ意識して。ラリー戦に持ち込めれば私たちが取れていたので、焦らないようにしようとしていました。

――ダブルスでの良かった点は

筑波大戦からずっとサービスをキープできているので、そこが良かったかなと思います。

――シングルスの試合を振り返ってみていかがですか

ダブルスみたいに合わなかったら嫌だなと思っていたのですが、シングルスは大丈夫だったので。自分の持ち味をうまく出せた試合かなと思います。

――内容の方は振り返ってみていかがですか

リターンゲームで焦ってしまって簡単に落としてしまうという場面があったのですが、シングルスもしっかりキープできたので。もう少しスコアを抑えられたのかなという反省点はありますね。

――きょうは山梨学院大相手に8-1でしたが、結果はどのように受け止めていますか

7-0でいきたかったのですが、林さん(恵里奈女子主将、スポ4=福井・仁愛女)が負けてしまって。エースが負けてしまった、という感じになっていると思うのですが、その前に私がしっかりダブルスでもシングルスでも2-0にして、いつも勝利を決めた時点で林さんに渡したいなと思っています。

――ここまでで感じている手ごたえはありますか

インカレ(全日本学生選手権)から調子が良くて。私がポイントゲッターにならなければいけないのかなと思います。

――チームとしては3連勝ですね

次の亜大もやってくると思いますし、最後の早慶戦(早慶対抗試合)では慶大はワセダにしか出せない力を出してくると思います。その辺はまだまだ怖いですね。

――次は亜大との一戦になりますが、どのような戦い方をしていきたいですか

ダブルスを絶対2-0にすることで、ワセダに有利になると思うので、ダブルスの出だしをしっかりすることですね。あとはシングルスの4、5にのびのびやってもらえればいいなと思います。

大河真由(スポ1=千葉・秀明八千代)

――まずきょうの山梨学院大戦にはどのような意気込みで臨みましたか

きのう、ダブルスが2-0だった場合に(シングルスで)出場と言われていました。初めて団体戦に出させていただくことになるので、きのうからすごく緊張していたのですが、先輩方が「緊張しないように」「リラックス」「いつも通り」などと、すごく優しく声を掛けてくださったので、少し緊張がほぐれて思い切りプレーすることができました。

――今おっしゃっていたように公式の団体戦は初出場となりましたが、ダブルスを2本取って出場が決まった時のお気持ちは

少しうわーと思ったところもあるのですが(笑)、万が一自分が負けてしまっても周りの先輩方がチームを勝ちに導いてくれるなという確信があったので、思い切りやらせていただくことができたと思います。

――きょうの第1セットを振り返っていかがですか

緊張してしまったのは事実なのですが、その中でも自分のやりたいプレー、やるべきプレーをしようと心掛けていたので、内容としてはすごく良かったと思います。

――第2セットはいかがでしたか

第1セットを6-3で取れて、時間もだいぶ経って緊張もほぐれてきて、体も動くようになって、思い切りプレーすることができました。

――終盤では堂々とプレーしている印象でした。試合を終えてみていかがですか

第1セットは真っ白に近い状態で、初めての試合でどうしようというところもあったのですが、第2セットはそれこそ応援してくださる先輩方の声がものすごく聞こえるようになって。楽しかったです。

――今後の出場は未定だと思いますが、これからに向けて意気込みをお聞かせください

どのような持ち場でも、チームを勝ちに導くために何ができるかを考えて少しでも勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。