卓球部

2016.09.01

秋季関東学生リーグ戦 9月1日 東京・港区スポーツセンター

リーグ戦が開幕!男女共に白星発進

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)が幕を開けた。春季関東学生リーグ戦6位に終わった男子は、前回7番手まで及ぶ熱戦で敗れた法大といきなり激突。団体戦スコア4-0と圧勝し、春の雪辱を果たした。一方、全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)を制し、リーグ戦も優勝の期待がかかる女子は大正大と対戦。団体戦スコア4―1で勝利し、男女共に開幕戦を白星で飾った。

 「自分の役割を全うするだけと思って戦った」(高田直騎主将、スポ4=福岡・希望が丘)。1番手を任された主将の高田は、第1ゲームを11-3で圧倒し幸先のよいスタートを切る。続く第2ゲームの序盤は追う展開になるが逆転し、最後は相手の隙を突くプレーで11点目を獲得。その流れのまま第3ゲームも接戦をものにし、チームを勢いづけた。2番手の上村慶哉(スポ3=福岡・希望が丘)もストレート勝ちを収め、団体戦スコアは2-0。法大のエース村井桂と対戦する竹岡純樹(スポ3=青森山田)に、良い流れを引き継いだ。ゲームカウント2-1で迎えた第4ゲーム、竹岡はマッチポイントを先取するがそこから反撃を許し、10-12でこのゲームを落としてしまう。しかし、竹岡の「エースを倒したい」という強い思いは揺るがなかった。コース取りが冴え、夏に強化したというラリーでも相手の体勢を崩して点を重ねる。相手の追随を許さず、そのまま一気に勝利へこぎ着けた。4番手の上村・平野晃生(スポ2=山口・野田学園)組もフルゲームの接戦になるが、5-9からの6連続得点で巻き返す。春、苦汁をのまさせられた法大相手に、ストレート勝ちを決めた瞬間だった。

1番手の高田はストレート勝ちでチームに勢いをもたらした

 初制覇を遂げたインカレから2カ月。秋季リーグ戦3連覇を狙う女子部は、初戦の相手に大正大を迎えた。1番手で起用されたのは徳永美子(スポ2=福岡・希望が丘)。高校の後輩を相手にストレート勝ちを収め、トップバッターの役割を果たした。しかし2番手が惜敗し、試合は団体戦スコア1-1の振り出しに。流れを引き戻したい3番手で登場したのは、阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)・徳永組。序盤こそ相手の思い切ったプレーに押される場面が見られたが、第4ゲーム以降は本来の息の合った連続攻撃で相手を圧倒し、白星をつかんだ。ダブルスの勝利で勢いづいた早大は、続く4番手の田中千秋(スポ3=愛知みずほ大瑞穂)、5番手の1年生ダブルスも快勝。チームは団体戦スコア4―1で、優勝に向け、まず1勝を手にした。

単複で2勝を挙げた徳永

 男女共に優勝だけを見据えている早大。目標達成に向けて幸先の良いスタートを切ったと言えるだろう。しかしあす以降、対戦相手には強豪校が肩を並べており、戦いは激しさを増すはずだ。「一戦一戦引き締めて頑張っていきたい」(田中)。頂点を目指す戦いは、まだ始まったばかりだ。

(記事 橋本望、稲満美也、写真 本田京太郎、佐藤菜々)

結果

▽男子

対法大 ○4―0

○高田3―0藤森文人

○上村3―0高取侑史

○竹岡3―2村井桂

○上村・平野組3―2青山昇太・高取組

▽女子

対大正大 ○4―1

○徳永3―0三輪咲里南

●鎌田那美(スポ1=北海道・駒大苫小牧)1―3富川亜加理

○阿部・徳永組3―2荒木悠里・富川組

○田中3―0中村真優美

○金子碧衣(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)・鎌田組3―0柴田佳奈・湯本早紀組

コメント

高田直騎主将(スポ4=福岡・希望が丘)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

リーグ戦の1番手を任されたということで緊張と不安が多少ありました。でも秋季リーグ戦に向けて、練習量を増やしたり、チームを追い込んで、自分たちの中でも自信がついたので、そこを前面に押し出そうと試合に臨みました。

――この夏はどういったところに重点を置いて、練習をされましたか

まず体力面を強化するため、福島で合宿を行いました。福島では冷房を一切使用せずに過ごして、暑く苦しい中で鍛錬を積みました。また個人的な技術面ではサーブを活かした3球目、5球目攻撃を意識した練習を重点的に行い、得点パターンが前よりも増えたのかなと思います。

――春季関東学生リーグ戦で、悔しい思いをした法大が相手でしたが

前半戦の最終日が法大との試合でした。勝てれば2勝2敗の五分に戻すことができるというところで、4-3で敗退しました。チームとしても痛い敗退でしたし、主将としても苦しいところがありました。その分、法大戦にかける思いは強かったですね。

――オーダーの意図は

関東学生選手権の時に法大の村井桂選手に勝利していて、やりやすいイメージを持っていました。なので、法大のエースである村井選手は1番手に出てくるだろうなという予想を立てて、僕が1番手として出場しました。結果、オーダーは外れてしまったのですが、誰と対戦しても自分の役割を全うするだけだと思って戦いました。

――高田主将が1番手としてストレート勝ちを収めたことによって、チームが勢いづいたと思いますが

みんなそう言ってくれるんですけど(笑)。結果的にチームが4-0で勝って良かったと思います。

――チームとしても、法大をストレートで下したということは次につながるのではないでしょうか

春季リーグ戦では初戦で筑波大にストレートで負けて、チームとしても苦しかったです。なので、今回のストレート勝ちというのはチームとしても良かったですし、この勝利が選手たちの自信にもなったと思います。次戦からも厳しい戦いになるんですけども、きょうの勝ちをあすにもつなげられるよう頑張っていきたいです。

竹岡純樹(スポ3=青森山田)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

春のリーグ戦では3-4で負けていたのですが、今回は法大に初戦で勝たないと厳しくなると思っていました。きょうは4-0で勝てて良かったです。

――春は負けてしまった相手でしたが、試合に臨むにあたって特別な思いはありましたか

相手のエースがを倒したいと思っていました。倒すことができて良かったです。

――村井選手と対戦経験はありましたか

去年の春に一回戦って、0勝1敗でした。

――何か戦略はありましたか

相手はサーブがうまくてアグレッシブに攻めてくるので、僕は落ち着いてコースを突くようにしようと思っていました。

―最終ゲームはゲームスコア11-4と大差をつけての勝利でしたが、その要因は何だったと思いますか

出だしに4-4で追いつかれたんですけど、自分のサーブであまり失点していなかったので自信をもってできたのが良かったと思います。

――夏はどのような練習に重点を置かれていたのですか

前まではサーブで点を取りにいくという意識がとても強かったんですけど、しっかりラリーに持ち込んで、自分のタイミングでプレーできるようにしようという意識になりました。

――きょうはその練習の成果を発揮できましたか

少しはできたと思うんですけど、予想以上にサーブが散ったのでそこはラッキーでした。

――あす以降の意気込みをお願いします

自分としては、一戦一戦大事に頑張るだけです。チームとしては、4年生が最後なので一丸となって優勝目指して頑張りたいです。

田中千秋(スポ3=愛知みずほ大瑞穂)

――三連覇の懸かる秋季リーグ戦が開幕しましたが、いまのお気持ちはいかがですか

インカレで優勝することができてチームの状態としてはすごく良い状態なので、このまま秋リーグも優勝できたらいいなと思ってプレーしています。

――大正大に対する対策はしていましたか

左やカットマンという異質が多い選手たちが揃っているので、左対策とカット打ちの対策は意識的に、重点的にやっていました。

――ご自身の試合を振り返っていかがですか

最初はやっぱり緊張してしまって、固くなってしまった部分もあったんですけど、徐々に相手のボールに慣れました。切っている部分がはっきりとしてきて、頭の中がしっかり冷静に整理できて、試合ができたので、すごく良かったなと思っています。

――あすから手強い相手が続きますが

いつも中大とは接戦で、最後までもつれ込むような試合が多いので、一戦一戦引き締めて頑張っていきたいと思います。

――4年生と最後のリーグ戦になりますが、このリーグ戦の意気込みをお願いします

このチームでできる最後のリーグ戦なので、みんなで笑顔で終われるように、一試合一試合頑張っていきたいと思います。

阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ2=福岡・希望が丘)組

――リーグ戦が開幕しましたが、どんなお気持ちですか

阿部 やっと開幕したなという感じです。

徳永 春は負けたので頑張りたいと思います。

――徳永さんはリーグ戦のトップバッターを任されましたが、プレッシャーもありましたか

徳永 試合に入る前はすごく緊張していたんですが、相手は高校の後輩でやり慣れていたので、1番手から思い切ってできたと思います。

――ダブルスは苦しみながらも勝利しました。振り返っていかがですか

阿部 1セット目は最初はリードしていたんですが、途中から相手のペースになって取られてしまいました。1セット目を取られると焦る気持ちが出てきてしまうので、それが痛かったと思います。

徳永 最近は勝っている相手だったので、相手も前よりも思い切り打ってきました。自分ももっと積極的に動いて打っていこうと思いました。

――あすは中大戦もあり、前半戦のヤマ場になると思います。どのように戦っていきたいですか

阿部 どの試合も競ると思うので、気持ちを切らさずに、最後まで諦めずに頑張って、勝って終わりたいです。

徳永 相手は強い選手が揃っているんですけど、勝てるように頑張りたいです。

――3連覇の懸かるリーグ戦ですが、改めて意気込みをお願いします

阿部 3連覇できたらいいんですが、それは気にせずに、一戦一戦頑張ってそれが優勝につながればいいと思います。

徳永 相手は強いので、みんなで良いプレーをして優勝できればいいなと思います。