メニュー

庭球部

2016.09.01

関東大学リーグ 8月30日・9月1日 東京・有明テニスの森公園ほか

筑波大を下し、2連勝!

 関東大学リーグ(リーグ)は第2戦、強豪・筑波大との一戦を迎えた。雨の影響を受け、2日間にわたって行われた今試合。初日のダブルスで2-0をつけた早大は、2日目のシングルス5で勝利を決定づける。6-1で筑波大を下し、リーグ前半戦を2連勝で締めくくった。

 「ダブルス1-1にするか2-0にするかでその後のシングルスのプレッシャーが全然違う」(細沼千紗、スポ3=東京・富士見丘)。層の厚さが際立つ筑波大に先行すべく、まずはダブルスでリードを奪いたい早大。ダブルス1の林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)・上唯希(スポ2=兵庫・園田学園)組は6-0で危なげなくファーストセットを先取する。しかし「相手の動きが変わって、ポーチに出てきたりした時に自分たちが攻めを貫けなかった」(上)。ファーストセットとは作戦を変えてきた相手に翻弄(ほんろう)され、0-3と引き離されてしまう。ここでインカレ優勝ペアとしての意地を見せた林・上組は、1-4から一気に5ゲームを連取。まずはチームに1勝目をもたらした。ダブルス2の試合はジュースの続く攻防戦となったが、強気なプレーを展開した細沼・大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)組に軍配が上がる。ダブルスで手堅く2-0とし、残るシングルスへと良いかたちでつなげた。

笑顔を見せる林・上(左)組

 シングルス5、6をそれぞれ白星で飾り、チームとして先に4勝を挙げた早大。勢いそのままに、残る上位のシングルスでも勝ち星をもたらすために。シングルス3の上の相手は、過去6度の対戦で4連敗を喫しているという森崎可南子(筑波大)。「絶対に勝ちたい」(上)という強い思いの下、ファーストセットを6-2で奪取する。しかし、続くセカンドセットから徐々に勢いを取り戻してきた相手に主導権を握られる展開となった。パワーあるサーブで崩され、思うように攻撃のかたちをつくることができない。流れを断ち切ることができず、勝敗はファイナルセットへと持ち込まれた。ペースを取り戻したい上だったが、相手からリードを奪うことはかなわず。「相手は最後まで自分のプレーを貫いていて、私は最後自分のテニスをできなかった」(上)と悔しさをにじませた。一方、シングルス2の細沼にとってはインカレ2回戦と同じ顔合わせ。セカンドセットで5-5に追いつかれるが、「(インカレでの良くなかった)イメージは取り消して、競っても絶対取るぞという気持ちでやった」(細沼)と7-5で試合を制した。また筑波大のエース・牛島との対戦となった林。「焦らないことと先に主導権を握ることを意識した」と安定した力を発揮し、昨年のリーグでのリベンジを果たした。

シングルスは悔しい敗戦となった上

 専大、筑波大との二戦を終え、「いいスタートが切れているので、3戦目以降もいい流れで試合ができるのでは」と手ごたえを口にした林。だが、「自分たちがまず目指しているのはリーグ優勝。王座(全日本大学対抗王座決定試合)に出場するというのが一番近い目標であり、王座優勝が最終目標です」(林)とそこに慢心はない。リーグ最終日には早大にとって最大のライバルである慶大との一戦も控えており、気の抜けない状況が続く。リーグの優勝杯奪還、さらにはその上に掲げる目標に向かい、前進あるのみ。

(記事 佐藤亜利紗、写真 佐藤亜利紗、熊木玲佳)

結果

○早大6―1筑波大

ダブルス1
○林恵里奈・上唯希6-0、6-4古川鈴夏・牛島里咲(ともに筑波大)
ダブルス2
○細沼千紗・大矢希6-2、6-3米原実令・森崎可南子(ともに筑波大)
シングルス1
○林6-2、6-1牛島
シングルス2
○細沼6-0、7-5岩井真優(筑波大)
シングルス3
●上6-2、1-6、1-6森崎
シングルス4
○辻恵子6-2、6-2米原
シングルス5
○金井綾香6-4、6-2古川

関連記事

勢いのある中大を撃破!1歩ずつ王座へ/関東大学リーグ(9/01)

ことしこそ無敗の女王に!全勝スタート/関東大学リーグ(8/28)

リーグ開幕!初戦は9-0発進/関東大学リーグ(8/28)

コメント

林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)

――今回の対戦相手である筑波大は前日と異なるオーダーでした

前日に同期や隼さん(渡辺ヘッドコーチ、平19スポ卒=静岡・庵原)とオーダーを考えたのですが、ダブルスもシングルスも(オーダーは)こちらの予想が当たっていて。細沼はインカレ(全日本学生選手権)で森崎に勝っているので、向こうは細沼に森崎を当ててこないだろうと考えていました。牛島は固定なので、森崎の代わりに誰を入れてくるのかというところで悩みましたが。岩井と細沼はインカレで結構良かったので、そこに当ててくるかなという感じで。特に焦りなどはなかったです。

――筑波大に6-1という結果についてはどのように受け止めていますか

7-0で勝つという気持ちで臨んでいて、上(唯希、スポ2=兵庫・園田学園)が落としてしまって。勝ってほしいですが、上も上なりに頑張って森崎に食らいついていけていたと思います。次にまた何かの試合で当たった時には、勝ってくれるだろうと思うので、そこは信じて大丈夫かなと。シングルスは向こうの層が厚いというのをみんなで話していました。ダブルスで2-0にしないとシングルスでプレッシャーがかかった場面で苦しい展開になってしまうから、ダブルスに出る4人は、2勝することを意識して臨んでいて。細沼(千紗、スポ3=東京・富士見丘)・大矢(希、スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)もインカレのダブルス2位のペアを相手にしっかり勝ってくれていたので、良かったかなと思います。

――林選手はシングルスで牛島里咲選手(筑波大)との対戦となりましたが、どのような気持ちで臨まれましたか

きょねんのリーグ(関東大学リーグ)で負けていて、絶対に負けたくないという気持ちが強くて。同じ相手に二度も負けたくないと思っていたので、1ポイント目から良い集中で入れていたので結果が良かったのかなと思います。

――試合内容を振り返って

牛島も早いテンポで展開していく選手に対して、軌道の高いボールをうまく使ったり、前におびき出したり、コートを広く立体的に使えていて。両手ハンドなのでリーチが狭い分、そうやってコートを広く使って展開していくしかないのかなと思っていました。

――主導権を握る展開も多く見られましたが

とにかく焦らないことと、先に主導権を握ることを意識していました。テンポは早かったのですが、ボールは思ったより飛んでいなくて、最初の方はタイミングが合っていませんでした。自分がしっかりコートの中に入って、動いて打つことでだんだんタイミングも合ってきて。牛島が先に打って、自分が前でポイントを取れる回数が中盤から増えてきたので、良いかたちでポイントが取れていたなと思いました。

――ダブルスの試合を振り返って

ファーストセットは二人でしっかりポイントを取りにいけていて、積極的にできていて良かったと思います。セカンドセットに入って相手が動いてきた時に、焦ってしまって自分たちの簡単なミスでゲームを簡単に落としていました。そこは考えてしっかりプレーしていかなければいけないし、団体戦なので0-3などで離れてしまうとチームとしても流れが良くないので。しっかり食らいついていくということが大事だと思うので、3戦目以降は簡単にゲームで離されないように、リードされていてもしっかりついていくことを意識してやっていきたいなと思います。

――ここまでの2戦を終えて、チームとして感じている手ごたえや修正していかなければいけない点はありますか

いいスタートが切れているので、3戦目以降もいい流れで試合ができるのではないかなと思っていて。自分たちがまず目指しているのはリーグ優勝で、王座(全日本大学対抗王座決定試合)に出場するというのが一番近い目標です。最終目標は王座優勝ですが、まだリーグは2戦しか戦っていないですし、優勝は決まっていないので。個人個人で課題や反省点はあると思うので、修正して、あさっての3戦目に臨めるようにしたいと思います。あとは一戦が長くて、試合が続いている状態が切れないというのがあるので、選手もそうですがサポートの方も体力的にきつくなってきています。体調管理もしっかり行って、チーム一人もかけることなく、3戦目以降も戦えるように、徹底してやっていきたいと思います。

――次戦の山梨学院大との一戦に向けて意気込みをお願いします

山梨学院大も強いチームで、2年前の王座の決勝でも戦っています。勢いのあるチームですが、その勢いに引くことなく、押しのけるくらいの気持ちでやっていきたいです。ダブルスからしっかりギアを上げて、今度こそ7-0つけれるように頑張ってやっていきたいと思います。

細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)

――まず、今回の筑波大戦にはどのような意気込みで臨みましたか

筑波大はすごく実力があるのは分かっていて、山梨学院大にも7-0というスコアで勝っていて。早大としても筑波大が勝つかなとは思っていたのですが、7-0は少し予想外だったので、やはり上げてきているなと思っていました。(早大の)ダブルス1は絶対取ると分かっていて、米原実令・森崎可南子組(ともに筑波大)も私たちに当ててくると分かっていたので、私たちが取れば2-0ですごく有利になるなと。ダブルスの出だしに集中して二人で気合を出していったらすごくいいプレーができました。ダブルス1-1にするか2-0にするかでその後のシングルスのプレッシャーが全然違うので、ダブルスで気合を入れたことによって結果として2-0になれて。この試合はダブルスで決まるかなと思っていました。

――おとといのダブルスでは雨での中断もありましたが、少し嫌だなという気持ちはありましたか

いい感じ(の流れ)だったのでそのままやりたかったのですが、専大戦の時にも雨で中断があって、危ないなと思いながらやってしまったらコーチに怒られてしまったので(笑)。筑波大の時はきちんと中断しようと思っていました。

――きょうのシングルスの第1セットは順調に取りましたね

第1セットは相手がどうこうというよりも私がすごく調子がよくて、ボールもすごく深くて、勝負がついていたこともあってすごくノリノリでやれました。

――第2セットでは苦しんだと思いますが、振り返っていかがですか

第1セットが良すぎて第2セットにいくのが少し怖かった部分もあるのですが、その中で焦らずしっかりプレーはできたかなと思います。

――相手選手の印象は

インカレ(全日本学生選手権)でやっていたので分かっていた部分もあったのですが、全日本ジュニアで優勝しているだけあって何でもできて。結構嫌なタイプでした。

――第2セットの終盤では決めきれない場面が続きましたが、タイブレークにはいきたくないなという気持ちはありましたか

インカレでも第1セットを取って第2セットが少しシーソーゲームになって、私が焦ってミスをして相手にそのセットを取られてというのがあったので、そのイメージは取り消して、競っても絶対取るぞという気持ちでやりました。タイブレークにいったらいったで仕方がないかなと思って、割り切ってやっていました。

――次は山梨学院大との試合になります。意気込みをお聞かせください

筑波大が7-0で勝ったので、早大も絶対7-0で勝ちます。

上唯希(スポ2=兵庫・園田学園)

――筑波大との一戦でしたが、どのような気持ちで試合に臨まれましたか

この前の対抗戦では4-3で勝ってはいたんですけど、筑波大の人も早大の人も出てない人が多いという状況でした。すごく強いということは分かっていましたが、ダブルスで2-0をしっかりつけることができて、シングルス5の金井さん(綾香、社3=東京・早実)で3-0にしてくれて。あとは私たちが思い切り戦うだけだったので、コートに入る時も気持ちの面では大丈夫でした。私がファーストセットを取って、相手がやるしかないという状況になってからの自分のプレーには問題があったのかなと思います。

――シングルスの対戦相手は森崎選手でしたが、これまでに対戦経験はありますか

ジュニアの、全国小学生の頃から対戦しています。最初の2回は勝ったのですが、そこから負けていて。4連敗中だったので、ベンチコーチには入ってくださっていた早野さん(夏希副将、教4=東京・早実)にもきのうから、「きょうはどうしても勝ちたいんです」という話をしていました。強気で挑みましたが、相手は最後まで自分のプレーを貫いていて、私は何をしたら良いのか分からなくなってしまったといいますか、最後自分のテニスをできなかったところがファイナルセットで負けてしまった敗因かなと思います。

――出だしは順調で、セカンドセットからは相手の勢いもあったかと思います

ファーストセットは流れでどんどん相手が打ってくるという分析で、チャンスがある時は自分からも打っていくことができていたと思います。セカンドセットは1-0だったのですが、9-11でボールチェンジがあって。相手の球速も上がってきて、(相手側の)ミスもだんだんと減ってきて。相手のサーブでリターンミスが増えてきました。ニューボールに対する苦手意識があったというのもありますが、ブレークできたので。次のゲームはダブルフォルトからスタートしてしまったのですが、メンタルの面で引いてしまって、もっと強気でいけたんじゃないかなと思います。

――相手のサーブに崩されるという場面も見られました

相手のサーブがいいというのは元から分かっていて、なんとか返そうとできていたのがファースト、ファイナルセットでした。セカンドセットは焦ってミスってしまって、そこはもったいなかったなと感じていて。ファイナルは、セカンドセットをどういう風にして落としたのかということをベンチコーチに入ってくださった方から教えてもらいました。とりあえずクリアしよう、と出だしは良かったのですが、ゲームポイントを取りきれなくて。1ポイントが遠かったです。

――ダブルスの試合を振り返って

ダブルスは林さん(恵里奈女子主将、スポ4=福井・仁愛女)と、インカレ(全日本学生選手権)前から組ませていただいていて、ペアリングにも自信があって、しっかり6-0を取ることができました。セカンドセットから相手の動きが変わって、ポーチに出てきたりした時に自分たちが攻めを貫けなかった部分があって0-3スタートになってしまって。そこは課題となってくると思うので、次の山学大戦では気を引き締めて、おとといのファーストセットのかたちを貫けるように、やっていきたいです。

――次戦の山梨学院大との試合ではどのような戦い方をしていきたいですか

寺見さん(かりん、山梨学院大)はずば抜けていますが、シングルス2から5は均等に皆さん強いという感じで。ワセダもインカレで上位に入っている人が多いので、自信を持って戦いたいと思います。油断しちゃいけないんですけど、絶対に勝たなければいけないので。きょうは私だけが落としてしまったので、次こそは私もしっかり取って、7-0で勝ちにいきたいなと思います。