メニュー

バドミントン部

2016.08.27

関東大学秋季リーグ戦 8月27日 東京・葛飾区総合スポーツセンター

課題の初戦、男女で明暗分かれる

 関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)が開幕。これまでのリーグ戦では、男女共に初戦をなかなかものにできないことが課題だった。男子は日体大に対し、マッチカウント2-3で悔しい敗北となる。一方の女子は春季リーグ1位だった筑波大と激突。シングルス1、シングルス2、ダブルス1を続けて勝ち取り、マッチカウント3-2で白星発進となった。

 マッチカウント0-1の場面でシングルス2には古賀穂(スポ2=福島・富岡)が出場。いきなり7連続得点で相手を突き放し、勢いに乗る。好機をしっかりと見極めて着実に差を広げていき、21-12で第1ゲームを獲得。第2ゲームは相手にイレブンを先取されたものの持ち直し、ストレート勝ちを収めた。勢いそのままに続くダブルス1の中里裕貴(スポ3=埼玉栄)・富岡寿将(社3=熊本・八代東)組は第1ゲームを競り勝つも、その後は再び相手に流れを奪われてしまう。最後はコートの奥を狙われて返球できず、相手に軍配が上がった。マッチカウント1-2追い込まれた早大であったが、ダブルス2の松本康・古賀組は追いかける展開が続き、ついに相手をとらえることはできなかった。シングルス3の渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)は勝利を挙げたものの、男子は初戦を白星で飾ることができなかった。

シングルス2で勝利を挙げた古賀

 女子の初戦はいきなりの大一番。春季リーグ優勝校の筑波大が相手だった。まず登場した中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)は、ゲームカウント1-1で迎えたファイナルゲームで早々に流れを手にする。優勢のまま折り返し、相手の追随を許さない。最後は前後に揺さぶるプレーで決勝点を手にし、チームに勢いをもたらした。シングルス2の我妻美沙紀(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)は21-18、19-21と接戦でフルゲームにもつれ込むも、第3ゲームは21-9で圧倒。良い流れでダブルス1につなげた。「ここで自分たちが取って3-0で終わらせて勢いづけよう」(島田きらら女子主将、スポ4=青森山田)。「自分たちが1本とってチームに貢献したい」(金森望、スポ4=福岡・九州国際大付)。島田・金森組は第1ゲームを21-15で勝ち取るも、第2ゲームはシーソーゲームになる。マッチポイントを先取したが追い付かれ、ジュースに突入。ここでサーブレシーブから島田が積極的に攻めてチャンスをつくり、金森が決める。最後はネットミスを誘い、前回優勝校から勝利をつかんだ。その瞬間、二人は大きくガッツポーズし、ベンチのメンバーは歓声をあげてその喜びを表現した。

得点を決め、ハイタッチをする島田・金森(左)組

 男女共に課題だった初戦。男子は黒星、女子は白星と明暗が分かれた。しかし、あすからも秋季リーグは続いていく。「常に初日のような気持ちで、みんなで一丸となって、自分を信じて頑張りたい」(島田)。男子は5位、女子は4位だった春季リーグ以上の結果を残せるか。これからの戦いぶりに注目したい。

(記事 橋本望、写真 高橋里沙、佐藤菜々)

結果

▽男子団体●2-3日体大

シングルス1 松本康平(スポ3=埼玉栄)●0-2(16-21、13-21)

シングルス2 古賀穂(スポ2=福島・富岡)○2-0(21-12、21-16)

ダブルス1 中里裕貴(スポ3=埼玉栄)、富岡寿将(社3=熊本・八代東)●1-2(21-19、14-21、13-21)

ダブルス2 松本、古賀●0-2(16-21、16-21)

シングルス3 渡辺俊和(スポ1=埼玉栄)○2-1(21-12、15-21、21-9)

▽女子団体○3-2筑波大

シングルス1 中西貴映(スポ3=埼玉・大宮東)○2-1(21-13、13-21、21-18)

シングルス2 我妻美沙紀(スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)○2-1(21-18、19-21、21-9)

ダブルス1 島田きらら女子主将(スポ4=青森山田)、金森望(スポ4=福岡・九州国際大付)○2-0(21-15、22-20)

ダブルス2 我妻、中西●1-2(22-20、9-21、12-21)

シングルス3 松岡英美(スポ3=福岡・九州国際大付)●0-2(10-21、9-21)

コメント

井上博貴主将(政経4=東京・早大学院)

――きょうの試合をご覧になっていかがでしたか

思ってたより良かったと言ったらおかしいかもしれませんが、楽に勝てるとはもともと思っていなかったので、結構いい試合ができたかなと思います。

――初戦をなかなか勝てないという課題についてはいかがですか

個々人の気合の入り方に問題があるのだと思います。

――ご自身にとっては最後のリーグ戦になりますが、思いの違いなどはありますか

あまり違いはありません。ずっと見守る立場としてやってきたので、最後みんながのびのびとやってくれたらいいなと思っています。

――主将として心掛けていることはありますか

常にリラックスしてもらえるようにと思っています。

――シングルス1に松本康平選手(スポ3=埼玉栄)、シングルス2に古賀穂選手(スポ2=福島・富岡)というオーダーには何か意図があったのでしょうか

監督と話し合って決めました。松本康は一番目が一番やりやすいと話していて、古賀はあまり順番を気にしないということだったのでそのような順番になりました。

――この関東大学秋季リーグ戦(秋季リーグ)の目標を教えてください

優勝です。

島田きらら女子主将(スポ4=青森山田)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

筑波大は関東大学春季リーグ戦(春季リーグ)1位だったので向かっていけました。いつも初日の試合が勝てずそこが課題だったので、今回シングルス1中西(貴映、スポ3=埼玉・大宮東)、シングルス2で我妻(美沙紀、スポ4=宮城・聖ウルスラ学院英智)と二人勝ってくれて本当に助かりました。そこで自分たちも勢いづき取ることができてよかったです。

――きょうの相手は春季リーグで1位だった筑波大ですが、どのような気持ちで試合に臨みましたか

(相手は)優勝してて今までそんなに勝率も良くなかったので、思い切って向かっていく挑戦者の気持ちでやろうということは話して、頑張りました。

――マッチカウント2-0で回ってきてプレッシャーはありましたか

プレッシャーは全くなく、(我妻と中西が)取ってくれてうれしいという思いしかありませんでした。ここで自分たちが取って3-0で終わらせて、勢いづけようという思いしかなかったです。

――なかなか初戦が勝てないということが課題でしたが、その点についてはいかがですか

本当に課題で、恐らく私が入学して以来勝ったことがなくて、今回初めて勝ててうれしいです。

――あすからの意気込みをお願いします

初日勝てて、ここで浮かれ気分ではだめだと思います。なのであすからもしっかりきょうの気持ちを忘れず常に初日のような気持ちで、みんなで一丸となって、自分を信じて頑張りたいと思います。

金森望(スポ4=福岡・九州国際大学付)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

いままではチームに全然貢献できていなかったので、チームのために勝ちたいとおもっていました。あとは、シングルスの2つが勝ってくれたので、自分たちで絶対決めたいと思って試合をしました

――マッチカウント2-0で試合が回ってきたときにプレッシャーを感じることはありましたか

特にプレッシャーは感じることはなく、自分たちらしく楽しくプレーしようと思っていました。

――きょうの相手は春季リーグ1位の筑波大でしたが、どのような思いで試合に臨まれましたか

ずっと筑波大に勝ちたい、というより筑波大を超えて優勝したいというのをみんなで話して、自分たちもそう思っていました。特に最後のリーグ戦なので自分たちが1本とってチームに貢献したいという思いがあり、相手が1位という強いチームであることは関係なく向かっていくという気持ちで戦いました。

――あしたからの意気込みを教えてください

初戦はとりあえず勝てたのでこれからもみんなで楽しんで勝っていけるようにしたいです。