メニュー

庭球部

2016.08.18

全日本学生選手権 8月17日 岐阜メモリアルセンター

インカレで繰り広げられるワセダ対決!熱闘続く

 照り付ける真夏の太陽、上昇し続ける気温。過酷な環境の中、全日本学生選手権(インカレ)では連日熱戦が繰り広げられている。この日、女子シングルスでは同校対決を制した林恵里奈女子主将(スポ4=福井・仁愛女)をはじめ、3名が勝ち進みベスト8入り。また、女子ダブルスは3回戦の一部まで試合が進み、林・上唯希(スポ2=兵庫・園田学園)組、辻恵子副将(教4=東京・早実)・金井綾香(社3=東京・早実)組が勝ち上がった。

 総勢96人が日本学生界の頂点を争う女子シングルス。4回戦で注目のワセダ対決が実現した。林の相手は、四年間共にチームを引っ張ってきた辻恵。両者の対戦は、第1セットから互いに一歩も譲らない接戦となった。林がコースを突く強烈なショットを見せれば、辻恵もそれに食らい付き粘る。序盤こそ辻恵が試合の主導権を握るが、林が驚異の追い上げを見せタイブレークに突入。そこでも互いに得点を重ねるが、最後には林が競り勝ちファーストアップ。続く第2セットも林が中盤で逆転し、7-6(8)、6-4で3時間以上にもわたる同校対決を制した。また細沼千紗(スポ3=東京・富士見丘)は高校時代のチームメイトを相手に苦戦したが辛勝。上も危なげなく勝ち進み、ワセダからは3選手がシングルスのベスト8入りを果たした。

同校対決に敗れ、シングルスはベスト16に終わった辻恵

 一方の女子ダブルスでは、早野夏希副将(教4=東京・早実)・大河真由(スポ1=千葉・秀明八千代)組が2回戦で青学大のペアを破り勢いに乗る。しかし、3回戦では「相手との実力差の分だけポイントを取られた」(大河)と、競りつつも要所でポイントを取り切れず惜敗。二人がペアを組むのは今大会で最後だが、「すごく良い関係になっていきましたし、組めて良かったなと思います」(早野)と納得の表情を見せた。また、試合の途中で日没順延となった細沼・大矢希(スポ2=愛知・名古屋経大高蔵)組は、第1セットを4-6で落としている状況。ここからの巻き返しに期待したいところだ。

惜しくも3回戦で姿を消すこととなった早野(右)・大河組

 同校対決が目立つ今大会。女子ダブルスでは、次の試合で林・上組、辻恵・金井組が対戦する。この日の林と辻恵の熱戦をはじめ、こうして全国区の大会で同士打ちが多く起こるということは、その分ワセダのテニスが高いレベルにあるということの証明にもなるはずだ。見え始めてきた学生テニス界の頂点。各選手が互いにしのぎを削ることで、チームとしてもより大きく成長できるだろう。

(記事 中丸卓己、写真 佐藤亜利紗)

結果

▽女子

シングルス4回戦

○林恵里奈7-6(8)、6-4辻恵子
●金井綾香2-6、2-6加治遥(園田女大)
○細沼千紗7-5、4-6、6-1森崎可南子(筑波大)
○上唯希7-5、7-5伊藤遥(関学大)

ダブルス2回戦

○辻恵・金井6-4、6-3佐藤美沙乃・浅野友貴子(ともに駒大)
○林・上6-3、6-0伊藤有希・古川真実(ともに駒大)
○早野夏希・大河真由6-4、6-0柳原涼・其田桃子(ともに青学大)
○細沼・大矢希6-1、6-3鵜飼美希・鵜飼有希(ともに東海学大)
●山添絵理・今村南6-2、4-6、6-10首藤みなみ・橘梨子(ともに日大)
○辻紘子・剱持梓6-0、7-6(5)加治・小池颯紀(ともに園田女大)

ダブルス3回戦

○辻恵・金井6-2、6-0小林夏実・押野紗穂(ともに慶大)
○林・上6-2、6-1首藤・橘(ともに日大)
⚫︎早野夏希・大河真由2-6、1-6伊藤・栗本麻菜(ともに関学大)
細沼・大矢(日没順延)根本奈々・高橋未来(ともに立大)
辻紘・剱持(日没順延)米原実令・森崎(ともに筑波大)

コメント

早野夏希副将(教4=東京・早実)・大河真由(スポ1=千葉・秀明八千代)

――きょうの試合を振り返って

早野 2回戦は最初緊張して固かった部分もあったんですけど、大河に助けられました。言葉でも励ましてもらって、取り切ることができて。セカンドセットは二人共のびのびとプレーできて、3回戦につなげることができたと思います。3回戦はスコア的には簡単に負けてしまったのですが、競ったポイントもありました。最後決め切れなかったり、狙い過ぎてアウトになったりという場面があったので、そこは相手との実力差があったのかなと思います。

大河 2回戦は早野さんもおっしゃっていたように、試合を通して二人で力を合わせてできたと思いました。3回戦は相手との実力差の分だけポイントを取られたのかなと。力が及びませんでした。

――このペアで組むのは今大会が最後ということですが、この半年間ペアを組んでみていかがでしたか

早野 1年生と4年生ということで、春に組むとなった時は距離もありました。インカレに入る前に練習する中で、こうやってポイントを取ろうといったことをたくさん話し合いました。コミュニケーションを深めることができましたし、春関(関東学生トーナメント)では大河の方からあまり意見を言ってくるということがなかったのですが、今回は大河の方がどんどん意見を言ってくれて。すごく良い関係になっていきましたし、組めて良かったなと思います。

大河  入部してすぐに組むことになり、右も左も分からないうちから優しく声をかけてくださって、楽しくダブルスができたと思います。

――お二人はシングルスにも本線で出場されていましたが、戦いを振り返ってみていかがですか

早野 2回戦でシードと当たるというドローだったので、2回戦が山場だなと感じていました。シードの中ではチャンスがある相手だなと思っていて、試合に臨みました。やはりリードした場面で取り切ることができなくて、結局日没順延になってしまいました。翌日もチャンスがありながら、最後取り切ることができませんでした。少し悔しさは残りますが、自分の力を出し切れたので、悔いがないといったら嘘になりますが、自分の力は出せたかなと思っています。

大河 1年目で初めてのインカレということで、緊張しました。自分が半年間やってきたことを出し切れたのではないかなと思います。3回戦で林さん(恵里奈女子主将、スポ4=福井・仁愛女)と対戦した時に、負けてしまったのですが、自分の中で新しく課題を見つけることができて。収穫のある大会だったと思います。

――インカレ後は団体戦が本格化していきますが、そこに向けての意気込みをお願いします

早野 私は4年生として、チーム全体を見て、ワセダがリーグで優勝して、王座(全日本大学対抗王座決定試合)で優勝できるようにチームづくりをしていくという点で、林や辻(恵子副将、教4=東京・早実)のサポートをしながらチーム全体を見て、全員でリーグに臨めるようにしっかりみんなをサポートしていきたいと思います。

大河 リーグは初めて参加させていただくので、とりあえず自分のできることをしっかりやっていきたいと思います。