メニュー

卓球部

2016.06.23

関東学生選手権 6月23日 埼玉・所沢市民体育館

阿部・徳永組がベスト4!男子複はランク入りならず

 春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)から1カ月。個人戦である関東学生選手権が開幕し、初日のこの日はダブルスの1回戦から決勝までが行われた。厳しいトーナメントで次々と早大勢が敗退していく中、唯一阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ2=福岡・希望が丘)組が4回戦で強敵を破ってランク入り(※)。準決勝で惜敗したものの、ベスト4に輝いた。

 阿部・徳永組はランク入りの懸かる4回戦で淑徳大の佐藤優衣・竹本朋世組と対戦。先月の春季リーグ戦ではフルゲームの末に敗れているペアだ。試合は相手ペースで進み、ゲームカウントは2―0。しかし後がない第3ゲームをデュースで粘ってものにすると、流れは一気に阿部・徳永組へ。続く2ゲームを大差で奪い、逆転勝利で念願のランク入りを決めた。準々決勝も勝ち切って、迎えたカットマンペアとの準決勝。緩急を織り交ぜた巧みな攻撃を仕掛ける早大ペアに、どんなに鋭いボールにも食らいつきカットで粘る相手ペア。決勝進出のため互いに譲らぬ攻防が繰り広げられ、試合はフルゲームへともつれ込んだ。運命の第5ゲーム、またも一進一退の攻防が続く。しかし終盤はミスの少ない相手に苦しみ、ゲームスコア10―12で勝負あり。決勝進出には一歩及ばなかったものの、ベスト4という結果は「自信になった」(阿部)と手応えをつかんだ。

ベスト4入りを果たした阿部・徳永組

 男子ダブルスではランク決定戦となる5回戦に上村慶哉(スポ3=福岡・希望が丘)・平野晃生(スポ2=山口・野田学園)組と竹岡純樹(スポ3=青森山田)・硴塚将人(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)の2組が勝ち進んだ。上村・平野組が5回戦で対するは関東学生選手権で優勝経験もある有延大夢・町飛鳥組(明大)。実力者を下してランク入りを決めたい上村・平野組だったが、競った第1ゲームを落とすと最後まで流れをつかめず。ストレート負けを喫し、早大のエースペアはランク入り目前で姿を消した。他方、竹岡・硴塚組も5回戦で専大のペアにストレートで敗れ準々決勝進出はならなかった。

結成後、初めて個人戦に臨んだ上村・平野組

 阿部・徳永組がベスト4入りを果たした一方で、多くのペアがランク入りを果たすことなく涙をのんだ。あすからは本格的にシングルスの試合も始まる。ダブルスで味わった悔しさはシングルスで晴らしたい。まずはランク入りへ、あすも戦いは続く。

(記事 稲満美也、写真 稲満美也、熊木玲佳)

※シングルスではベスト16以上、ダブルスではベスト8以上を『ランク入り』と呼ぶ。

結果

▽男子ダブルス

1回戦

○伊志嶺鷹啓(政経1=沖縄・コザ)・村上奨記(社1=岩手・高田)組3―0内田碧・久木盛矢組(大正大)

●工藤佑哉(スポ4=群馬・前橋育英)・漆畑竣太(商2=埼玉・春日部)組0―3井坂純一・藤田将弘組(日大)

○泉凱仁(スポ2=秋田)・中窪康喜(教1=静岡学園)組3―2清水崇雄・小澤壮組(大正大)

●山下浩平(スポ3=東京・早大学院)・海崎泰世(教2=福井・高志)組0―3左右田颯斗・渋谷慶太郎組(駒大)

●岩波暁(教4=長崎・鎮西学院)・岩渕幸洋(教4=東京・早実)組 不戦敗 渡辺樹・中村直記組(専大)

●白石賢史(政経4=東京・学習院)・巽晶太郎(社1=東京・早大学院)組1―3川崎将平・向屋敷達也組(駒大)

○川田雄太郎(人4=東京・日大豊山)・内田雄太朗(人3=神奈川・逗子開成)組3―1関竜男・松井隆太組(千葉商科大)

●村山周平(先理3=神奈川・桐蔭学園)・小川遥太(スポ1=神奈川・三浦学苑)組0―3森下一志・矢田部健太組(日大)

2回戦

○上村慶哉(スポ3=福岡・希望が丘)・平野晃生(スポ2=山口・野田学園)組3―0菊池真登・前野心大朗組(東洋大)

●伊志嶺・村上組0―3上野顕・加藤健太組(専大)

○泉・中窪組3―0酒井政樹・秋田康佑組(千葉商科大)

○高田直騎主将(スポ4=福岡・希望が丘)・坂内拓也(スポ3=東京・実践学園)組3―1渡辺聡太・久保岳組(専大)

●川田・内田組2―3高木毅・高橋優樹組(東京経済大)

○竹岡純樹(スポ3=青森山田)・硴塚将人(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)組3―0新山勇気・吉田朋弥組(国学院大)

3回戦

○上村・平野組3―0村上知寛・田中風汰組(日体大)

○竹岡・硴塚組3―2染谷凌平・杉山遼組(駒大)

●泉・中窪組0―3宮城雄次・高橋大悟組(国学院大)

○高田・坂内組3―1坂本紫信・村北知規組(東洋大)

4回戦

○上村・平野組3―1稲津保志・鎌田星矢組(明大)

●高田・坂内組1―3三浦恵斗・佐藤直希組(日大)

○竹岡・硴塚組3―2村井桂・青山昇太組(法大)

5回戦

●上村・平野組0―3有延大夢・町飛鳥組(明大)

●竹岡・硴塚組0―3下山優樹・北原大輝組(専大)

▽女子ダブルス

1回戦

●須黒香澄(法3=東京・早実)・深澤咲子(教3=群馬・樹徳)組1―3井上結華子・佐藤未羽組(東女体大)

○王雅潔(社4=鳥取敬愛)・小笠原芽衣(文構2=東京・早実)組3―1横田菜々・北野七海組(東海大)

○佐藤風薫女子主将(スポ4=岡山・就実)・栗原加奈子(スポ4=北海道・札幌大谷)組3―0藤田佳南・佐々木麻衣組(慶大)

●板尾佳歩(社3=岐阜・富田)・加藤夏海(社3=秋田商)組2―3相原なつみ・三橋愛可組(日体大)

2回戦

○田中千秋(スポ3=愛知みずほ大瑞穂)・鳥屋真帆(社3=高知・明徳義塾)組3―1黒飛あゆみ・近藤未来組(国学院大)

●王・小笠原組0―3工藤二葉・大口茜組(大正大)

○阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ2=福岡・希望が丘)組3―0池田明可・古市由香組(国学院大)

●金子碧衣(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)・鎌田那美(スポ1=北海道・駒大苫小牧)組2―3木原小絵香・高原小麦組(日大)

●伊藤鮎美(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)・渋谷京香(文構1=東京・早実)組1―3赤崎瑞樹・大家加帆組(専大)

●佐藤・栗原組1―3小島悠夏・長尾真由組(国学院大)

3回戦

●田中・鳥屋組1―3古川聖奈・滑川明佳組(東京富士大)

○阿部・徳永組3―0荒木悠里・富川亜加理組(大正大)

4回戦

○阿部・徳永組3―2佐藤優衣・竹本朋世組(淑徳大)

準々決勝

○阿部・徳永組3―1三浦由美子・口田実奈組(中大)

準決勝

●阿部・徳永組2―3後藤奈津美・池上玲子組(東京富士大)

コメント

阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ2=福岡・希望が丘)組

――今大会のダブルスの目標は

阿部 私はきょねんランク決定戦で負けてしまったので、ランクに確実に入ることが目標でした。

徳永 2回戦から相手が強いのは分かっていたので、一試合一試合勝っていこうという気持ちでした。

――4回戦ではゲームカウント0―2から逆転勝利を収めました。勝因として挙げられることはありますか

阿部 4回戦の相手はリーグ戦で負けている相手だったので、最初から警戒していたんですが、先に2セット取られて、でもそこから開き直ったことがよかったと思います。

徳永 1、2セット目は阿部さんのボールも効かなくて、相手に思うように打たれていて。でも3セット目を取ってからはサーブが効いたのがよかったと思います。

――準決勝は粘り強い東京富士大のペアが相手でしたが、やりにくさはありましたか

阿部 一番やりにくかったのは、ナックルの変化と、どこに打っても相手にミスなく返されるところでした。相手もやってきてることはそんなに変わらなかったんですけど、最終セットになるにつれて自分たちが決め急ぎすぎて相手に得点されることが多かったと思います。

徳永 相手のレシーブがナックルが多くて、私の3球目のミスが多かったです。カット打ちにいく前に先手を取れたらよかったと思います。

――カットマンペアに対してどんな戦術で臨みましたか

阿部 前に対戦した時は自分たちのプレーが効いていることがあったんですけど、今はそのプレーに慣れられていて、きょうの試合の中で自分たちが打っていかないと勝てないと分かったので、なるべく打ちながらチャンスをつくれるようにしました。

徳永 前の対戦は、自分が打ちすぎて相手の調子を上げてしまったので、今回は丁寧に低く突っつきをしてチャンスをつくって阿部さんに打ってもらうようにしました。

――第5ゲーム、ゲームスコア9―10の場面で壮絶なラリー戦がありましたが、競った状況でも集中力高くプレーできましたか

阿部 はい。

徳永 9―10で、ロビングで上げられて打ち損じて終わりたくなかったので、一生懸命頑張りました。

――ベスト4という結果についてはいかがですか

阿部 きょねんはベスト16でランクにも入れなかったので、ことしベスト4に入れたのは自信になりました。

徳永 春リーグはダブルスは結構負けてしまって、良いところを出せずに終わってしまった試合もあったので、リーグ戦の後二人で話し合いました。ベスト4で満足はしてないんですけど、今回はその話し合いで修正したことがよく出せたと思います。

――あすからはシングルスの試合が始まりますが、シングルスに向けて意気込みをお願いします

阿部 私は1回勝つと、きょうダブルスで対戦した後藤さんと当たると思うので、そこでリベンジできたらいいなと思います。

徳永 きょねんはベスト16で負けてしまったので、1つでも上にいきたいです。