メニュー

ホッケー部

2016.06.15

早関交流戦 6月12日 早大東伏見グラウンド

敗戦するも実りある試合に

 太陽が照りつける快晴の中、関西学院大を自陣に迎えての交流戦が行われた。全日本大学王座決定戦(王座)を目前に控える中、ベスト4に向け強豪がひしめく関西でも上位に位置する関西学院大との一戦で手応えを得たい。そう意気込んで臨んだ今試合。早い時間に点を許し、決めきれないもどかしい時間が続く。敗北を喫する結果となったが、次につながる収穫を多く得た試合でもあった。

 主力選手を欠く中で行われた今試合。普段とは異なる、慣れないポジションでのプレーとなる選手もいた。GK南有紗(スポ3=埼玉・飯能)は「前半5分を守りきり、無失点で勝つ」と、FW井上燦(スポ3=福岡・玄海)は「守備を固めてから攻める」とそれぞれ語った。しかし、開始直後の前半4分、サークルに押し入られた早大は必死の守備を見せるも防ぎきれず失点。何とか取り返そうとDF瀧澤璃菜(スポ2=岩手・沼宮内)やDF片倉優季(スポ1=山形・米沢商)が積極的に攻撃をしかけるも、相手の堅牢に阻まれて得点のチャンスをつかめない。だが迎えたピンチをMF梅村雅子(人2=岐阜・可児)が救い、南が守護神として好セーブを見せたことで回避し、1失点に抑え前半を終えた。

円陣を組み気合いを入れる選手たち

 変わって後半、このまま終えるわけにはいかない早大は反撃を企てる。FW瀧澤育未(スポ4=滋賀・伊吹)が井上が前線から相手ゴールを脅かした。しかし、あと1歩のところで関西学院大の強固な守備が阻止。決めきれない悔しい時間が続く。一方で、早大の守備も強力だった。29分にペナルティコーナー(PC)を与えると、再び南が守護神としての活躍を見せる。32分にはPCを奪取するも相手の防御が上回り、ネットを揺らすことはできなかった。直後に関西学院大に再度PCを許すと、強烈な攻撃をディフェンス陣が封じ込める。追加点は与えなかったものの、1点に泣いた早大。0-1で試合を終えた。

ドリブルで前線へと駆け上がる片倉

 今月末に控える王座。関西を始め全国の猛者と一戦を交えるにあたり、克服すべき課題も見つかる有意義な試合となった。1試合でも多く戦うために、さらなる成長を果たし、早稲田らしいプレーで全国に名をとどろかせたい。

(記事、写真 榎本透子)

★経験を積み、チームの団結力高める

プレイヤーとしてフィールドに立つ南

 現役戦を終え、午後には1~3年生が主体となってフレンドリーマッチが行われた。早大は普段と違うポジションでプレーをすることで、それぞれの難しさやプレースタイルを体験する。普段GKとして活躍する南はフィールドで初めてプレー。早大の頼れる守護神が縦横無尽に駆け回った。「指示する側として、プレイヤーの気持ちが分かってよかった。」と語る南。今後の試合に活きる貴重な経験となった。

早関交流戦
早大 0 0-1
0-0
1 関西学院大

FW井上燦(スポ3=福岡・玄海)

――きょうの試合の意気込みをお願いします

関西学院は、結構関西のほうでは順位が高く、個人技がある選手もたくさんいるので、そこを抑えつつ、きょう2試合やったんですけど、現役戦のほうではメンバーが教育実習などで足りなかったこともあったので、慣れないポジションをやる人もいて、最初はしっかり守りを固めてから攻めにいこうという風に臨みました。

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか?

現役戦のほうは、フルメンバーとはいかなかったのですけど、相手のペースだったんですが、結構自分たち的には、やりたいことができていたということがあって、でも最後の連携ミスがあって失点してしまったり、攻撃の面では、いいところまでいけているのに、シュートを決めきれなくて、相手ボールになってしまったりしたので、そこは今後の課題かなと思いました。フレンドリーマッチのほうは、1年2年3年生が中心になってやったんですけど、前半は、自分がやりたいポジションをやってみようということで、私自身はいつもフォワードやっているのですけど、ディフェンスをやってみたりとか、中盤をやっている子が、フォワードをやってみたりとか、ぐちゃぐちゃでやってみたんですけど、やっぱりそれぞれ、やってみたことのないポジションをやることで、それぞれのポジションの難しさであったりとか、こうすれば良かったんだなという相手の気持ちを分かることができて、後半は、それを生かして元のポジションに戻したんですけど、いい動きができていたと思うので、これからに生かしていけたらいいなと思います。

――きょうの試合の収穫は

守ってから攻めるということで、メンバーが足りないということもそうなんですけど、しっかり守り切ってからの速攻の動きであったり、4番の片倉優季(スポ1=山形・米沢商)が、上にスクープができるので、それを生かした攻撃であったりとか、そういったことは現役戦でもきいてたかなと思うので、そういった攻撃をもっと生かしていけたらいいなと思います。

――最後に、次戦の王座への意気込みをお願いします

まず、初戦が聖泉大学ということで、去年のインカレでもあたっていて、ギリギリ勝ったという相手なので、力としては五分五分なのかなと思っていて、これからあと2週間くらいしかないので、そこでシュート力であったりとか、ディフェンスも安定しない部分があるので、しっかりそこを固めにいって、早稲田らしいプレーができるようにしていけたらなと思います。

GK南有紗(スポ3=埼玉・飯能)

――今試合の意気込みは

去年は引き分けだったので、チームの課題として、5分間は失点しないことと、無失点で勝ちたいと思ってやりました。

――今試合を振り返って

ディフェンスが崩れたり、フォワードが最後決めきれなかったりだとか、悔しい場面が多かったと思います。自分は失点してしまったことがチームに申し訳なかったなと思います。

――フレンドリーマッチではプレイヤーとして出場されていましたね

いつも自分はチームに指示を出しているだけでフィールドの経験は全然なかったので、フィールドの気持ちがわかったのはよかったし、純粋に楽しかったです。

――王座への意気込みは

初戦の聖泉大学は去年インカレであたってギリギリ勝ったところなので、あと1か月でしっかり課題だったところを克服して、いいところをのばして、勝ってベスト4まで進みたいです。