メニュー

ハンドボール部

2016.05.16

関東学生春季リーグ 5月15日 東京・東女体大体育館

奮闘及ばず、4試合ぶりの黒星

 関東学生春季リーグ(春季リーグ)第8戦。この日は、開幕から7戦全勝で首位に君臨する東女体大と相まみえた。前半はなかなか得点を挙げられず、我慢の時間帯が続く。それでも、試合を重ねるごとに完成度を増すディフェンスからリズムをつくり、強豪相手になんとか食らい付いた。後半、GK大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)のファインセーブにも救われ点差を徐々に縮めると、18分過ぎには川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)の速攻でついに2点差まで詰め寄る。だがそこから相手のスピーディーなプレーに対応できなくなり、痛恨の5連続失点。終盤に力尽き、2次リーグは黒星発進となった。

 1次リーグで敗れた雪辱を果たしたいこの試合。開始直後から高い集中力を維持した早大は、ディフェンスで積極的にプレッシャーをかけ、思い通りに攻めさせない。前半10分過ぎ、相手の攻撃を完璧に守り切り速攻につなげると、最後は内海菜保(スポ3=香川・高松商)が落ち着いて決める。12分過ぎにも再び内海が速攻を決めるなど、狙いとする『守って速攻』のかたちでゴールを陥れた。前半のスコアは9−13。十分逆転も狙える展開で、後半へ折り返した。

守りから素早く速攻につなげ、最後は内海がしっかりと決めた

 迎えた後半、まずは追い付きたい早大は芳村優花(教3=愛知・星城)、橋本澪(スポ3=東京・佼成学園女)、正木優唯副将(スポ4=京都・洛北)のバックス陣が個人技で得点を奪い、流れを引き寄せにかかる。圧倒的なスピードと馬力を武器とする東女体大に何度もゴールを脅かされたが、GK大沢が11分過ぎのペナルティーストップも含め、ビッグセーブを連発。コート上唯一の1年生が気を吐き、チームを盛り上げた。すると18分過ぎには堅い守りから、最後は川上のワンマン速攻が決まり、その差を2点とする。この勢いのまま逆転までつなげたいところだったが、ここで東女体大の強力な速攻が牙をむいた。「イージーミスから速攻されてしまった」(佐藤未来主将、スポ4=東京・文化学園大杉並)と振り返る通り、相手は一瞬の隙を見逃さなかった。そこからまさかの5連続失点を喫し万事休す。残り約10分間のところで粘り切れず、リベンジは秋へと持ち越された。

川上の速攻で一時は2点差まで詰め寄ったが…

 前半から互角以上に首位チームと渡り合っていたこの試合。選手たちは、わずかなミスが命取りとなることを改めて痛感させられただろう。春季リーグも残すところあと2試合。優勝の可能性こそなくなってしまったものの、次の筑波大戦、続く桐蔭横浜大戦に勝利することができれば、2位でフィニッシュできる可能性も十分にある。きょうの試合で見せたようなディフェンス力、縦への速さ、そして飛びついてでもマイボールにするという気迫があれば、必ずや良いかたちでリーグ戦を締めくくることができるはずだ。

(記事、写真 栗村智弘)

関東学生春季リーグ
早大 17 9−13
8−11
24 東女体大
GK 大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)
LW 内海菜保(スポ3=香川・高松商)
LB 橋本澪(スポ3=東京・佼成学園女)
CB 正木優唯(スポ4=京都・洛北)
PB 佐藤未来(スポ4=東京・文化学園大杉並)
RB 芳村優花(教3=愛知・星城)
RW 川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)
コメント

PB佐藤未来主将(スポ4=東京・文化学園大杉並)

――きょうの試合はいかがでしたか

粘るべきところで粘れなかったというのが、この結果につながってしまったと思います。

――1次リーグで敗れた相手にリベンジとはなりませんでした

きょうは攻めの場面で、前回できなかったような意図的にずらすプレーとかができていて、色々収穫はあったと思います。でも、もっと練習しなければ勝てないなと、改めて思いました。

――オフェンスに関してはいかがでしたか

前回対戦したときに得られたような、ここは攻めれるとか、そういう感触を頭に入れて試合に臨むことができていましたし、コミュニケーションもしっかり取れていたと思います。ただフィジカルの部分で押され負けたりしてしまったので、そこは力で対抗するだけじゃなくて、例えばボールを受ける前の動きとか、相手の力にどうやって対抗していくかというのを考えていかなければと思います。

――ディフェンスに関してはいかがでしたか

きょうは高めの位置で守っていこうという狙いがあって、結構守れた部分も多かったと思うのですが、相手のボール回しとか、最終的な局面での一対一とか、そういう個人技に対してもっと強く当たらなければいけなかった場面もあったと思いますし、もっと粘り強く最後まで守り切らないといけないなと思いました。

――ただ、強豪相手にもディフェンスはかなり機能していたように思います

そうですね。ディフェンスに関してはそんなにやられたという感覚はなくて、それよりもオフェンスでのイージーミスから速攻されてしまったりだとか、そういうミスが一番痛かったと思いますね。

――東女体大のどういったところに他チームとの違いを感じますか

速攻のスピードですかね。ちょっとしたミスから速攻につなげられてしまいますし、きょうも点差を詰めることができたときに、こっちがイージーなミスをしてしまって、それでまた離されてしまったところもあったので、そこが自分たち自身まだまだ甘いなと感じました。

――GKの大沢選手(アビ直美、スポ1=東京・佼成学園女)のファインセーブに救われる場面も多かったですね

本当にそうですね。最後はもうアビに任せようという気持ちで守れていますし、頼もしい限りです。

――春季リーグ残り2戦、どういった戦いを披露したいですか

きょうも含めて、これまでに出た課題をしっかり修正して、一番いいかたちでリーグを終えられるように頑張りたいと思います。