水泳部

2016.05.07

第92回日本選手権関東地区予選 5月4・5日 千葉・秀明大学ウォーターポロアリーナ

強敵相手に敗北も、課題を見つけスキルアップを誓う

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大 13
秀明英光高 10
▽得点者
徳用6、齊藤4、小路、小泉、百田
TEAM 1P 2P
秀明水球クラブ 15
早大
▽得点者
大久保

※第2ピリオドでコールドゲーム

TEAM 1P 2P 3P 4P
日体クラブ 15
早大
▽得点者
小路3、徳用2、大竹2、齊藤、百田
   

 6チーム総当たりの予選ラウンドを3勝2分けで終えたワセダは、これより2位通過で決勝ラウンドへ。ワセダを待っていたのは、互角の相手やいまは歯が立たないような相手だ。だがこの決勝ラウンドでどう戦い、いかに経験値を積めるかどうかが今後に向けてのカギとなってくる。目の前の1戦1戦を確実にこなしていった。

 決勝ラウンド1試合目の相手はワセダのエースを数多く生んだ秀明英光高。序盤から積極的にシュートチャンスを作るも相手のディフェンスに押され、わずかにリードを奪われたまま勝負の行方は最終ピリオドへと持ち越される。迎えた第4ピリオドでは、徳用万里奈(社3=埼玉・秀明英光)の連続得点で追い上げをみせると、カウンターを意識したプレーで差をつけ、13-10で勝利を挙げた。続く決勝ラウンド2試合目は秀明クラブとの一戦。相手のすばやい攻撃に圧倒され、第1ピリオドで7点差をつけられる苦しい展開となった。第2ピリオドでも点差は広げられる一方で、1-15でコールド負けを喫した。

決勝ラウンド1戦目に6得点を挙げた徳用

 3位決定戦は日体大との対戦。まずは注目のルーキー百田恵梨花(社1=埼玉・秀明英光)が開始3分後に先制点を奪うと、小泉まお(教2=東京・中大付)からのパスを受けた小路安希女子主将(スポ4=埼玉・秀明英光)がボールをネットに沈める。だが、そこから差を詰められると主導権を明け渡してしまう。第1ピリオド終了間際に追いつかれると、点の取り合いもつかのま、第2ピリオド中盤では隙を与えてもらえずに3連続で点を逃す。徳用がネットの右端にシュートを決めて1点を取り返し、5-7で試合を折り返した。

 第3ピリオド開始直後も徳用が真正面からゴールをする好プレー。さらに味方から確実なパスを受けた齋藤有寿(スポ3=山形工)がネット右端に鋭いシュートを決めるなど、ワセダの見せ場も多く見られた。しかし、両チームとも体力が伴わない中、「相手も体力が無くなってつかみになって、そのつかみにワセダが慣れていなくて動けなくなった」(小路)というように、相手は一枚上手だった。試合終了手前でみるみるうちに引き離されてしまい、9ー15で敗北した。

シュートを放つ小路女子主将

 3位決定戦は大差での負けとなったが、チーム全体を見守るゴールキーパー松岡美有(スポ2=埼玉・秀明英光)は、「パスをもらうために動いたり、ディフェンスも上手く連動して動けていたので良かったかな」と分析した。この結果より、ワセダは関東地区予選を4位で通過し、8月に行われる最終予選へと駒を進める。また、5月下旬からは毎週土日にわたって行われる関東学生水球リーグ戦が幕を開ける。「ワセダらしい水球をして勝ちたいと思います」(小路主将)と優勝に向かって一直線。少数精鋭の女子チームよ、水を得た魚となれ。

  

(記事 寺脇知佳、写真 井口裕太、杉野利恵)

コメント

 

小路安希女子主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合をそれぞれ振り返って

対秀明大戦は相手のプレスが強すぎて自分たちの水球がうまくできなくて、相手に合わせてしまったんですけど、対日体大戦は自分たちのプレーが戻ってきたので良かったんじゃないかなと思います。

――できなかった部分というのは具体的に

攻撃に参加できない人がいたりだとか、ボールがうまく前につながらなくて、止まってしまったりして、攻撃になってなかったという部分ですね。

――ミーティングでは監督さんからどのような話を

ワセダはいまからスタートだから、今回はいい経験と捉えてこれからインカレとか学生リーグとかに向けて個々でスキルアップをしていこうという話でした。

――小路主将自身の役割はどの程度果たせましたか

私自身、得点源というところじゃなくて、アシストという役割だったので、主将という役割はあまりやってないとは思いますが、アシストはできたんじゃないかな、と思います。

――対日体大戦の後半は差を広げられてしまいました

後半のほうが相手のプレスが強くなってきて、 多分相手も体力が無くなってきてつかみになってしまっていて、そのつかみにワセダが慣れていなくて動けなくなった、という感じですね。

――今後チームが補っていく部分は

個々のスキルアップが大事だと思うので、高めていきたいと思います。

――最後に、リーグ戦に向けて意気込みを

やっぱり優勝を狙っているのですが、ワセダらしい水球をして勝ちたいと思いますね。

徳用万里奈(スポ3=埼玉・秀明英光)

――決勝ラウンドを振り返っていかがですか

水球部として今年度初めての試合だったので、新入生も試合に出られて馴染めたのが良かったと思います。きのうの段階で日本選手権最終予選の出場は決まっていたので、のびのびと出来たと思います。

――練習などを含めて、今のチームの様子はいかがですか

人数が少ないということもあって、全員が均等に練習できるような環境になっています。チームの雰囲気は良いと思いますが、まだ戸惑いがあったり、きょうのような当たりの強いチームに面食らうことがあったりするので、そこを自分たちでもっとカバーしていきたいです。

――今月末から始まる関東学生リーグ戦に向けての意気込みをお願いします

優勝を目指したいですね。今回、秀明大学とも当たって、負けてはしまいましたが、この経験ができて良かったと思っているのでそれを活かしながら、優勝したいです。

松岡美有(スポ2=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合を振り返って

前半はすごく良かったのですが後半でパスミスや自分が止められなかったシュートなどがあったので3ピリオドから4ピリオドまできちんとできれば良かったと思います。

――チームの動きはどうでしたか

1試合目と比べて2試合目はパスをもらうために動いたり、ディフェンスも上手く連動して動けていたので良かったかなと思います。

――ご自身の動きはどうでしたか

自分は退水のとき競ったときに自分で止められたものもあったし、カットももう少しできるかなと思いました。

――この試合で見つかった課題は

課題はもう少しカットを狙うことです。ハンドアップと自分の連携を突き詰めていった方が良いかなと思います。

――リーグ戦に向けての意気込みをお願いします

今大会は大差で負けたり同点になったりしましたが、リーグ戦では勝てるようにあと少ししか期間はありませんが課題を振り返ってやっていきたいと思います。