メニュー

ハンドボール部

2016.04.23

関東学生春季リーグ 4月23日 東京・東女体大体育館

新戦力躍動も、決定機逃し黒星スタート

 男子の開幕から一週間。関東学生春季リーグ(春季リーグ)は、いよいよ女子も開幕戦を迎えた。前半、芳村優花(教3=愛知・星城)の個人技や、内海菜保(スポ3=香川・高松商)の正確なサイドシュートなどで、幸先良く得点を重ねると、オフに重点的に取り組んできた速攻でも相手ゴールを陥れ、1点リードで折り返す。後半は、勝負どころで決め切ることができず、攻めあぐねる時間帯が続いた。この日がデビュー戦となった大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)の好セーブなどでなんとか食らい付いたが、逆転を許して以降は、なかなか差を縮めることができず。20−24で敗れ、新チームにとっては、ほろ苦いスタートとなった。
 

 開始直後、芳村がカットインでいきなりネットを揺らすと、その後も内海のサイドシュートや、橋本澪(スポ3=東京・佼成学園女)と川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)の速攻などで得点を重ねた。「高い位置であたることを意識した」(佐藤未来主将、スポ4=東京・文化学園大杉並)というディフェンスでは、全員が懸命に足を動かし、積極的な姿勢を見せる。両者譲らない展開の中、同点で迎えた残り2秒。佐藤主将からのパスを受けた内海が、前半4点目となるサイドシュートを冷静に決めた。わずかながら貴重なリードを保ち、前半を折り返す。

 

今季も高いシュート精度を誇る内海

 後半に入ると、攻撃面で苦しむことになる。セットオフェンスの場面では、「ボールが回らなくなり、試合の中で解決できなかった」(芳村)と振り返るように、なかなか打開策を見出せない。1年生ながら開幕スタメンの座を勝ち取ったGK大沢の大活躍などで、しぶとく守り続けた早大だったが、重要な場面で決定力を欠き、勝機を逸してしまった。結局終盤まで波に乗ることができず、最終スコアは20−24。開幕戦を勝利で飾れず、悔しい初陣となってしまった。

デビュー戦で抜群の存在感を示した大沢

 勝負どころでの決定力が明暗を分けることになったきょうの試合。勝つチャンスはあっただけに、選手たちも消化不良を感じているに違いない。しかし、長いシーズンはまだ始まったばかり。目標に掲げるリーグ戦初優勝を達成するためには、きょうのようなつばぜり合いを制し、一戦一戦勝利を積み重ねていくしかない。「切り替えて新たな気持ちで臨みたい」(佐藤主将)と意気込む次戦の相手は、昨季の全日本学生選手権で引導を渡された宿敵・日体大だ。リベンジを果たし、今季初勝利をつかみ取るためにも、あすの試合は絶対に負けられない。
 

(記事 栗村智弘、写真 田中一光、篠原希沙)

関東学生春季リーグ戦
早大 20 13−12
7−12
24 桐蔭横浜大
GK 大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)
LW 内海菜保(スポ3=香川・高松商)
LB 橋本澪(スポ3=東京・佼成学園女)
CB 正木優唯(スポ4=京都・洛北)
PB 佐藤未来(スポ4=東京・文化学園大杉並)
RB 芳村優花(教3=愛知・星城)
RW 川上智菜美(スポ3=東京・佼成学園女)

PB佐藤未来主将(スポ4=東京・文化学園大杉並)

——きょうの試合はいかがでしたか

開幕戦ということで緊張もあって、ディフェンスのところで対策してきたことができなかったというか、相手に合わせて守ってしまったということが、出だしの悪さに響いたかなと思います。

——どういった対策をして臨んだのでしょうか

相手の攻めが独特なので、それにしっかりと高い位置であたるということを意識していました。ただ攻めどころで引いて守ってしまって、その甘さというか、詰めの甘さが出てしまったなと思います。

——この試合を通じてのディフェンスに関しては

悪かったのは前半の序盤だけで、前半の終盤から後半にかけてはよくなってきていたと思います。システムチェンジなどもして、相手より先手を取ろうという意識で守れたのですが、特に後半、守ったあとの攻めで決め切ることができなくて、そこで離されてしまったなと思います。

——オフェンスに関しては

練習してきたフォーメーションとかが一発で決まらなかった時に、その次にどう攻めるかというのが、なかなかうまくいかなかったと思います。

——オフェンスの改善点はどういったところになってくると思いますか

決めるべきところで決めるということもそうですし、きっかけから攻める時に一人一人がもう少し前を狙っていかないと、やはり点を取ることはできないですし、もう少し粘って得点につなげていかなければならないと思います。

——主将として臨む初の公式戦となりました

いままでは自分がどういうプレーをするかとか、そういうことだけを考えていればよかったところもあるのですが、いまはチーム全体のことを考えなければいけないですし、自分がプレーしている時も、ゲームの流れであったり、チームが次にどうしなければならないかであったり、そういうことを考えながらプレーするのは難しいなと改めて感じました。

——次戦への意気込みをお願いします

きょうの反省点や課題は明確に出たので、そこは改善したいですし、チームの雰囲気をここで下げてしまうと、連敗にもなりかねないので、しっかりと切り替えて、また新たな気持ちで臨みたいと思います。

RB芳村優花(教3=愛知・星城)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

こういう競った展開になることは予想できていたんですけど、オフェンスでボールが回らなくなった時に試合の中で解決できませんでした。あしたは試合中に改善していくということを意識していきたいです。

――ご自身のプレーを振り返って

前半は相手も慣れていなかったのでスピードとパワーでいけたんですけど、後半は自分がいかなきゃという感じで前を狙いすぎて、周りを見れていなかったかなと思います。

――ディフェンスに関しては

桐蔭横浜大はポストが特徴的なチームで、そこで相手のいいようにやられてしまったので、もっと相手が嫌がるディフェンスができたらよかったです。

――試合終盤のタイムアウトでは何を話しましたか

負けていたので守って速攻にいくしかないと話していました。1-2-3DFも相手のミスを誘って速攻につなげたいということで仕掛けました。

――今季は攻守の要として出場しています

きょねんからフルで出させてもらっている責任や経験が周りの人たちよりあると思うので、結局きょうはできなかったんですけど、流れが悪い時にチームを引っ張ったりしていきたいです。

――あす以降のリーグ戦に向けて

きょう負けてしまったことでより一戦も落とせなくなってきたので、勝利を目指して思いっきりやるしかないという感じです。

GK大沢アビ直美(スポ1=東京・佼成学園女)

――リーグデビュー戦となりましたが、どのような気持ちで臨みましたか

緊張はしていたんですけど、いつも通りの平常心でやろうと心がけていて、きのうもいつも通りの時間に寝て、朝もいつも通りの時間に起きてって感じで普段通りの生活をしてました。

――監督から何か言われたことは

思い切ってやってこいということを言われました。

――残念ながら敗戦となってしまいましたが、きょうの試合を振り返ってみてどうでしたか

自分もダメな部分はあったんですけど、オフェンスで少し攻めあぐねていたところがあったと思うので、もっとオフェンスで点を取れるように練習を詰めていかないといけないかなと思いました。

――ディフェンスを振り返っていかがでしたか

サイドに打たせるというのを徹底していて、そこはできていたかなと思います。あとは、センターのミドルシュートに対してもうまく対応してはいたんですけど、もっと3枚目の人が合わせていって、ミドルシュートを止められるようにしていった方がいいかなと。3枚目の連携をもっとよくするというのが課題になってくると思いました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

次の試合では、オフェンスがダメで戻ってきたときにもっとみんなが切り替えられるような声かけをしたり、盛り上げていけたらいいなと思います。