ボクシング部

2015.12.08

第59回早慶定期戦 12月5日 早大早稲田キャンパス17号館地下2階

チーム一丸で、3年ぶりの早慶戦勝利!

 今季のリーグ戦で無念の3部降格が決定してしまった早大。ことし最後の試合となる早慶ボクシング定期戦(早慶戦)に臨んだ。初戦のライトフライ級・岩田翔吉(スポ1=東京・日出)の快勝から勢いに乗り、3連勝。久々の早慶戦勝利へと一気に王手をかける。1敗後、ライト級・江口礼(スポ3=栃木・作新学院)が大差の判定勝ちを収め、早大が3年ぶりの勝利を手にした。

 関東大学リーグ戦(リーグ戦)でも苦杯をなめた慶大を下すべく、初戦を任されたのはケガから復帰した岩田。序盤から相手に圧力をかけ試合の主導権を握り、強烈なパンチを浴びせる。ダメージを受けた相手を休ませることなく畳み掛け、1ラウンド(R)だけで3つのダウンを奪いTKO。エースとしての貫禄を示す圧勝でチームに勢いをもたらした。続いて登場したフライ級・馬場友成(スポ1=神奈川・湘南学園)は長いリーチを生かして打ち合いを制し判定勝ち。2−0としてリードを保つ。

4年生としての意地を見せつけた赤井

 続くバンタム級では、赤井雄介主将(政経4=兵庫・六甲)がチームの勝利のために階級を一つ下げ、学生生活最後のリングに上がった。試合は赤井主将が積極的に前に出ると、相手も一歩も引かずに打ち合う激闘に。一進一退の攻防が続き、勝敗は判定に委ねられる。会場が静寂に包まれる中、勝者として呼ばれたのは、赤コーナーの赤井主将の名だった。2−1と僅差の判定ながら貴重な白星を挙げ、3年ぶりの早慶戦勝利へあと一歩に迫る。続くライト級で一敗し、迎えた5試合目。二人目のライト級・江口は本調子でない中でも、ジャブを主体に試合を優位に進める。終了間際にはダウンを奪うなど力の差を見せつけ、3−0の判定勝ち。江口は技能賞を獲得した。これで早大の4勝。その後、意地を見せる慶大の前に2敗を喫したものの、4−3で早大が雪辱を果たした。

江口は、技能賞を獲得した

 最優秀選手賞を獲得した岩田が「チーム一丸となってみんなの気持ちが一つになっていた」と振り返ったように、チーム力と気持ちで勝利をつかんだ。ことしは3部降格を喫するなど、悔しさを味わった早大。それでも最後の公式戦で有終の美を飾ることができた。試合後、赤井主将が「部の雰囲気もだいぶ変わってきた」と語ったように、巻き返しを図る来季に向けて、チームは進化を遂げようとしている。「部員も僕の背中を見てくれたと思う」(赤井主将)。後輩たちは主将の闘志を受け継ぎ、次なる目標へと歩みを進める。

(記事 新津利征、写真 寒竹咲月)

 

関東大学リーグ戦第5節
階 級 早 大 スコア 平成国際大
LF 岩田 翔吉 ○TKО(1R3分00秒)●  和田龍之介
馬場 友成 ○3(30-27  29-28  29-28)0● 松井 裕樹
◎赤井 雄介 ○2(30-27  28-29  29-28)1● 杉山 知義
淡海 昇太 ●0(27-30  27-30  27-30)3○ 田中 和樹
江口 礼 ○3(30-26  30-26  30-27)0● 折敷出 陸
LW 土田 大輔 ●0(27-30  27-30  27-30)3○ 古山貫太郎
東 真也 ●0(27-30  27-30  27-30)3○ 梅津 志門
※◎はゲームキャプテン、監督は遠藤寛治(昭60商卒=東京・早大学院)
コメント

赤井雄介主将(政経4=兵庫・六甲)

――今試合、どのような意気込みで臨まれましたか

早慶戦とリーグ戦を含め、(慶大に)今まで3連敗していてそれが本当に悔しくて次こそは勝たないと、僕はこの代の主将なので申し訳ないなという気持ちで今まで必死に頑張ってきました。練習の質と量もだいぶ変えて、部員に厳しく言ってその分自分も頑張って。それで、早稲田のボクシング部の雰囲気もだいぶ変わってきたと思うので、それが結果として表れてそれが本当に嬉しく思っています。

――赤井選手ご自身の試合内容としてはいかがでしたか

相手の左ストレートが強くてすごく効いたんですけど、持っている力を全てリンクに残してこようと思ってあとは結果が自ずとついてくると信じていたので、それで勝てて心底嬉しかったです。

――主将としての姿も後輩の方に見せられたのではないでしょうか

そうですね、今回僕がいつもより一つ下の階級でチームの勝利のために戦ったので、部員も僕の背中を見てくれていたと思うし、それで僕が勝って早稲田も勝ってとなった時、一個部員の目標になれたんじゃないかと思って、それもまたうれしく思っています。

――一緒に戦ってきた後輩の方々にメッセージをお願いします

きつい練習に今までついてきてくれてありがとうということと、あそこで頑張ってきたから結果がついてきた、ということを言ってあげたいです。

江口礼(スポ3=栃木・作新学院)

――きょうの早慶戦を終えての感想を聞かせてください

全体が勝てて、早めに勝負が決まったのでよかったです。

――ご自身の試合を振り返っていかがですか

自分が予想した動きがあまりできなくて、1R目、2R目に辛抱強く攻めることができなければ危なかったなと思いました。

――3勝1敗で迎えましたが、どんな心境でリングに上がりましたか

淡海くん(昇太、教3=神奈川・浅野)が負けてしまって、ライト級2つあるうちのどちらかが勝たないといけないという思いがあったので、絶対勝つとういう勢いでいきました。

――きょうの勝因は何でしょうか

いつもだったらすぐに熱くなって、大振りになってしまうところを、きょうはジャブをしっかり相手に当てて、相手の形をくずしながら攻められたことが勝ちにつながったと思います。

――ジャブを含め、多彩な技で攻め込めたように見えましたがいかがですか

きょうは甘かったです。もう少し攻め切れたらダウンも取れて早く終わったと思います。

――きょう特に良かったパンチは何でしょうか

ジャブですかね。一番ストレートが入って確実に打ち抜けた点がよかったと思います。

――終了間際にダウンを奪った場面はいかがでしたか

あれはジャブがあってこそのダウンだと思います。

――技能賞を獲得されましたがその点に関しては

自分が技能賞はちょっといきすぎです(笑)。

――最後に今後の意気込みをお願いします

今回はチームとしても個人としても課題が見えて、らいねんは自分たちが引っ張らなければいけないので、そこら辺の意識をこれからもうスタートさせて頑張りたいと思います。

岩田翔吉(スポ2=東京・日出)

――どのような意気込みで臨まれましたか

今回はチームが一丸となってみんなの気持ちが一つになっていたと思います。勝てて本当にうれしかったです。

――試合を振り返って

4年生最後の和田さん(慶大)の試合で、僕とやって壮絶な試合をした方がいいと試合後に言ってくれたので、試合してくれた和田さんにリスペクトしています。

――試合内容としてはいかがでしたか

最優秀選手賞も取れたので、満足しています。

――今後の目標は

これからもどんどん強くなって、人を魅了できる試合をしたいと思います。