ソフトボール部

2015.12.07

早慶定期戦 12月5日 埼玉・早大所沢キャンパスグラウンド

慶大を一蹴! 投打にエンジの底力

TEAM
慶大
早大 × 12
宮川、○藤井、落合、髙橋、窪田、常盤―加藤
◇(本塁打)落合、加藤、常盤、坂 ◇(三塁打)窪田 ◇(二塁打)手塚

 ことし最後の試合となる伝統の早慶定期戦。2回に2本の適時打を含む打者10人の猛攻で5点を先制し、その後も小刻みに加点する。6回には常盤紫文(スポ3=千葉・木更津総合)、坂かれん(スポ2=愛知・星城)の2者連続本塁打も飛び出し試合を決めた。投手陣は5人の継投。走者を出しながらも要所で踏ん張り、慶大の反撃を封じた。地力の差を見せつけ大差で勝利。多くの選手が出場し、ことしの最終戦を充実の内容で締めくくった。また投打で躍動した落合未稀(人1=栃木・大田原女)が最優秀選手賞を獲得した。

 先制したのは2回。押し出し死球で1点を奪うと落合、手塚麻菜美(スポ1=北海道・とわの森三愛)が連続で適時打を放つ。この回だけで5点を奪い試合の流れをつかんだ。4回はまたも落合が右中間方向へ大きな当たりを放ち、相手野手が交錯する間に一気に生還。落合はこの日3打点を挙げる活躍だった。9-2と慶大に追い上げられ迎えた6回も打線がつながる。1死後、途中出場の常盤が左中間を破るランニング本塁打を放った。本来は投手ながら、きょうは遊撃手の守備位置にもついた常盤。「打てるとは思っていなかったのでちょっとうれしかった」と笑顔で振り返った。続く坂も本塁打を放ち相手を一気に突き放す。11安打で12得点と効率的に得点を重ね、格下を寄せ付けなかった。

鋭い打球を放つ落合。投打にわたって活躍した

 投手陣は5人の継投を披露した。先発・宮川眞子(スポ2=福島・帝京安積)の後を受けたのは藤井美潮(スポ2=神奈川・平塚江南)。本来は野手登録の選手だが、打たせて取る投球で相手打線を封じる。3番手を託されたのは落合。「良い投球ができた」と語るように2回無失点と自身も納得の出来だった。その後は共に野手登録の高橋あゆみ(教3=神奈川・厚木商)、窪田麻未(人2=神奈川・大和)が登板。1点ずつを失ったが、ピンチを切り抜け大量点は許さない。最終回は常盤が圧巻の3三振を奪い試合を締めた。3回以外は毎回走者を背負う展開となった投手陣。9安打を浴びながらも粘りの投球を続けた。本来は野手の選手がマウンドに上がったことで強い当たりも多かったが、無失策と守備の安定感も光った。

長打を放ち、塁間を駆ける常盤

 相手はリーグ2部に所属する慶大。勝って当たり前のプレッシャーもある中で快勝を収めた。出場した選手たちも笑顔があふれ、終始和やかな雰囲気での試合となった。これで年内の試合日程を終え、オフシーズンに入る。最初のターゲットになるのが来年の春季リーグ戦。ことしは優勝し、連覇の懸かる大会となる。再び歓喜の輪をつくるために、長い鍛錬期を乗り越え上位進出への礎を築きたい。

(記事 石川諒、写真 土屋佳織)

最優秀選手賞に輝いた落合

コメント

常盤紫文(スポ3=千葉・木更津総合)

――きょうの試合はまず遊撃手として出場されましたが、それは試合前から決まっていたのでしょうか

いや、センターをやれって言われていたんですけど、先生(吉村正監督、昭44教卒=京都・平安)から突然、「ショートの方が目立つからショートやれ」って言われて…やったことないのに(笑)。初めてやりました。ソフトボールを始めた時はレフトだったんですけど、内野はやったことがなかったので緊張しました。

――遊撃手のポジションに初めてついた感想は

自分が投げている時もこんな感じなのかなと思いました。いつ(打球が)来るか分からない怖さがあって、野手の気持ちが分かりました。

――打球が飛んでくる場面もありました

来るだろうなって思っていたんですけど、本当に来て、でも全部セーフにしてしまって(笑)。申し訳なかったです。

――打者としても本塁打を放つ活躍ぶりでした。手応えはいかがでしたか

まさか打てるとは思っていなかったので、ちょっとうれしかったです。真ん中あたりのボールでした。

――普段はFPとして出場されることが多いですが、打席に立った時の目標などはありましたか

とりあえずストライクを振ろうという気持ちで(打席に)入りました。

――らいねんはワセダとして戦う最後の1年です。どのような投球を目指したいですか

どんなピンチの状況でも、皆が守っていて「常盤なら抑えられるだろう」って信頼してもらえるピッチャーになりたいと思います。

――ことし最後の試合が終わりました。らいねんに向けた意気込みをお願いします

ことしの冬に自分の苦手なことを練習して、夏に向けて自分の課題をなくしていけたらいいなと思います。

落合未稀(人1=栃木・大田原女)

――きょうの試合の意気込みは

伝統の早慶戦ということでみんな気合いを入れて臨みました。

――MVPを受賞されました

私は1年生なのですが、初めての早慶戦でこのような賞をいただけてとても光栄です。

――投球を振り返って

きょう言われて上がったのですが、先日の早学定期戦でもマウンドに上がらせていただいてその時はあまり自分の納得する投球ができなくて、今回はその時よりも良い投球ができたかなと思います。

――打撃を振り返って

最近は実戦形式の練習があまりできなくて、(日が短くて)練習時間が少なくて暗くなってボールが見えなくなってしまうので基礎を多くやっているのですが、その効果が出たかなと思っています。

――本塁打の手応えは

練習の成果が出せて、チームの2番打者としての役割を果たせたかなと思います。

――今後に向け意気込みを

ことしはこの早慶戦が公式戦で最後だったのですが、自分はまだレギュラーとしてあまり試合に出させていただいていないので、来年からはしっかりレギュラーとして出させていただけるように冬の間練習をがんばりたいと思います。