少林寺拳法部

2015.12.02

早慶定期戦 11月29日 神奈川・慶応義塾高校地下体育館

慶大相手に健闘するもあと一歩、及ばず

 4年生引退後の新体制初試合となった早慶定期戦。今大会では新人の部と本戦の2試合が行われた。新人の部では経験の差で勝る早大が4勝1敗と圧勝。下級生がつくった流れの中で迎えた本戦では、序盤リードするも土壇場で追いつかれ勝敗の行方は代表戦に。最後まで熱戦を繰り広げたがあと一歩及ばず、宿敵・慶大へのリベンジを果たすことはできなかった。

 1年生5人が出場した新人戦は先鋒の鈴木隼(スポ1=埼玉・川越東)が勝利しチームを勢いづけると、次鋒の源川拓美(スポ1=東京・城北)、中堅の田中知里(基理1=早稲田佐賀)も続き早々と勝利を決めた。「勢いがすごかったし、今後に期待が持てる」と先輩である秋光萌(創理3=広島大付)も後輩たちを称えた。大将戦には敗れたものの、きょねんに引き続いての圧勝となった。

序盤から積極的な攻めを見せた

 続く本戦。早大はきょねんの悔しさを晴らすべく、先鋒を任された久保田準(人2=埼玉・川越東)に怪我のアクシデントこそあったものの並々ならぬ気迫で相手に立ち向かい、残り数秒というところで引き分けに持ち込んだ。その思いを受け継いだ次鋒の堂脇周平(文構2=城北埼玉)が「気持ち的に楽だった」と相手を圧倒。勢いに乗る早大は続く中堅も勝利し、王手をかける。しかし副将戦を落とすと、主将の田部井祐介(創理3=東京・早実)も副将の勝利に沸く慶大の流れを止めることができず惜敗。これで早慶ともに2勝2敗1分けとなり、勝負の行方は代表戦に委ねられることとなった。この大一番に抜擢されたのは初戦圧勝の堂脇。仲間、そして大勢の観客が見守る中、果敢に立ち向かう。取られては取り返す一進一退の攻防。まさに死闘であった。そして、試合終了の合図が響く。ガッツポーズをしたのは慶大だった。堂脇はあと一歩及ばず、「プレッシャーにのまれ、自分の試合ができなかった」と大粒の涙を流した。早大は掴みかけた勝利を逃し、またしても雪辱を果たせなかった。

あと一歩及ばず涙をのんだ

 今回で50回目という節目を迎えた早慶定期戦にふさわしい熱戦は慶大の逆転勝利で幕を閉じた。今回はあと一歩のところで涙をのんだ早大だが、「全員一丸となって関東総合優勝を狙っていきたい」と田部井が語るようにすでに前を見据えている。今回味わった悔しさをバネに――。早大少林寺拳法部の挑戦は続く。

(記事 田原遼、写真 辻本紗支子)

コメント

田部井祐介主将(創理3=東京・早実)

――きょうの試合全体を振り返っていかがでしたか

例年に比べて運用法の部全体のレベルが上がったことは実感したものの、慶応が一枚上手だったなと感じました。

――ご自身を振り返ってはいかがでしたか

僕自身は慶応の青木と対戦したのですが、青木は学生大会に運用法でたくさん出ていて経験という面では劣っていたのですが、その面相手のことを研究できるので何とか勝とうと思ったのですが、あと一歩敵わなかったかなという感じです。

――新体制になって初めての試合でしたが

部全体のまとまりですとか、運用法のレベルは上がったというのを実感しているので、まだ始まったばかりなので来年の関東学生大会、全日本学生大会での総合優勝を目指して頑張っていきたいです。

――次の試合への意気込みをお願いします

次は関東学生大会なんですけど、2年連続で総合優勝を逃していて、早慶戦へ向けた練習などを通じて新体制へのまとまりというのが出てきたと思うので、このまま早稲田全体一丸となって関東総合優勝を取りに行こうと思っています。

秋光萌(創理3=広島大付)

――きょうの試合全体を振り返っていかがですか

勝ちたいという気持ちはとても強かったのですが、結局あと一歩のところで負けてしまったので今は悔しさでいっぱいです。来年の早慶戦では後輩たちに必ず勝ってほしいなと思います。

――本戦では終始積極的な攻めの姿勢を崩さずに戦っていた姿が印象的でした。ご自身はどのような手ごたえを感じていらっしゃいますか

同じ相手と3年間戦ってきて、きょうが一対一で戦える最後の大会でした。ですので、とても力が入った状態で試合に臨めましたし、結果として自分の出来ることを出しきりながら勝利することができたので、とても嬉しく思っています。

――新人戦の勝利など、きょうは1・2年生の活躍も目立ちましたが、先輩としてどのようにご覧になっていましたか

後輩たちの勢いというのをすごく感じました。技術も上がってきていますし、さらなる成長が楽しみだなと思います。とにかく今後に期待の持てる頼もしい後輩たちだなと感じました。

――今大会は1年間を締めくくる大会でした。この1年間を振り返っていかがですか

ことしは今一歩というところで勝ちきれない場面が多くて、悔しい思いをすることが多々ありました。次はその一歩をきちんと埋められるように、そして必ず勝てるように強くなっていきたいと思います。

堂脇周平(文構2=城北埼玉)

――試合を終えた今の率直な気持ちはどうですか

ものすごく悔しいです。少しプレッシャーにのまれた感じがあり、自分の試合ができなかったというのがとても悔しいです。

――早慶戦にはどのような意気込みで臨みましたか

早慶戦は自分たちにとって特別なものなので普段以上に気合が入りました。

――初戦はどうでしたか

(自分の番が)早かったというのもあり、プレッシャーもあまりなく気持ち的に楽に戦えました。

――代表戦にもつれ、自分が代表になったときの気持ちはどうでしたか

もともとセレクションで(代表になるのは)決まっていたのですが、やはり相当緊張しました。

――その代表戦を振り返っていかがですか

やはり本来の自分の戦い方ができなかったというのが一番よくなかったです。まだ自分には来年もあるのでこの経験を生かしていきたいなと思っています。

――今回は惜しくも残念な結果でしたが来年への意気込みをお願いします

来年は僕たち55期が早慶戦メインになるので、次こそは絶対に勝ちたいと思います。