バドミントン部

2015.12.02

第69回全日本総合選手権 12月1日 東京・代々木第二体育館

男子シングルス2名が本選出場を決める!

 日本一を懸けた熱い戦いがことしも幕を開けた。数々の実績を残してきた選手たちが一堂に会する、全日本総合選手権。この日は予選が行われ、男子シングルスに古賀輝(スポ4=埼玉栄)、古賀穂(スポ1=福島・富岡)が、女子ダブルスに我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)・中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)組が登場。古賀輝、古賀穂が昨年に引き続き本選へと駒を進めた。

 男子シングルス2回戦で「気が緩んでしまった」と語った古賀輝は、1ゲーム目を奪われてしまう。気持ちを切り替えた後はコートを広々と使ってミスを誘い、白星を挙げた。3回戦でも先制を許したものの、緩急のある球を操り、軽快なフットワークで挽回。シングルスでも本選への切符を手にした。古賀穂も、粘り強い相手に対しフルゲームにもつれ込む。冷静な判断で隙を突き、着実に点を重ねて望みをつなぐ。3回戦はストレートで制し、兄弟そろって本選進出を果たした。

3種目すべてで本選出場となる古賀輝

 我妻・中西組は関東大学リーグ戦(リーグ戦)の雪辱を果たした。初戦は春と秋に行われたリーグ戦で黒星を喫した、青学大のペアと激突。イレブンを先取されるも、8連続ポイントを決めるなど一気に追い上げ、逆転に成功する。会場内の風などにもうまく対応した早大に軍配が上がった。実業団の選手との一戦では、1ゲーム目を19-21という僅差で落とす。「大学生相手だと決まっている球が軽々と返されてしまった」と中西が振り返ったように、力の差を見せつけられた。続くゲームも勢いを止めることができず、敗北。自分たちの実力を測る良い機会にはなったものの、予選突破はかなわなかった。

初戦のリベンジマッチを制するも、本選出場を逃した我妻・中西組

 あすから始まる本選には、男子シングルス2名、男子ダブルス2組、混合ダブルス3組が登場する。強豪がひしめく日本最高峰の舞台で、どこまで存在感を示せるか。3種目に出場する古賀輝は、「全部ベスト16には入りたい」とその意気込みを語った。それぞれが掲げた目標に向け、全力で挑んでいく。

(記事 橋本望、写真 佐藤亜利紗、豊田光司)

結果

▼男子シングルス

▽本選進出

古賀輝(スポ4=埼玉栄)

古賀穂(スポ1=福島・富岡)

▼女子ダブルス

▽予選敗退

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)・中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)組

コメント

古賀輝(スポ4=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

どちらの試合もファイナルゲームまでもつれました。初戦は自分よりも下の相手だと思っていて、入りは7-1で良かったんですけど途中で気が緩んでしまったのかなと。自分では緩んでたつもりはなかったんですけど、2ゲーム目の入りもしっかりしていればもっと良い展開になっていたのかなと思います。2試合目は最初のゲームを取られて追う展開だったんですけど、どうにかして2、3ゲーム目を取りました。何回かやったことのある相手だったので、手の内も分かっていました。勝てて良かったです。

――シングルスも男子ダブルス、ミックスダブルスに続き本選出場となりました

3つとも本選に出れる人もそこまでいないと思います。すべてで一つずつ勝つのはもちろんなんですけど、ダブルスが一番上位を目指しています。あした一回勝って全部ベスト16には入りたいですね。

――今大会の目標はベスト16以上ということでしょうか

一つずつ勝って、ダブルスはきょねんと同じベスト8以上、シングルスはきょねんベスト16だったのでそれ以上です。ミックスダブルスはきょねん勝てなかったので、相手は違いますけど1回戦を突破してリベンジを果たしたいです。

――今大会に向けての調整はいかがですか

11月は韓国に行ったり、内定を頂いた実業団の方で試合に出させていただいたりして、社会人の選手とやる経験も積みました。全日本総合選手権という日本で一番大きい大会で自分の力を出し切れるようにがんばりたいです。

――あすからはいよいよ本選が始まりますが

男子ダブルスは一度対戦したことがある相手です。今回高野将斗・宮嶋航太郎組(明大)のペアを倒しているので、油断せずにいきたいですね。シングルスは抽選がまだなのでどうなるかわからないですけど、自分の力を出せば勝てなくはない相手だと思うので勝ちたいと思います。ミックスダブルスは初めて対戦する相手なので、油断せずに頑張りたいです。

我妻美沙紀(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)

――きょうの試合を振り返って

初戦は同じ大学生で何度も対戦したことのある相手でした。1勝2敗で負け越してたんですが、個人戦では勝てていたので、きょうも個人戦ということで勝とうと思って臨みました。勝てて良かったです。3回戦は実業団の選手が相手ということで、パワーもあり焦ってしまった部分もありました。点数的には大差で負けたという感じではなかったので、あとは少し自分たちのプレーにパワーが足りないのかなと感じました。

――3回戦は実業団の選手との対戦でしたが

実業団の選手相手で引いてしまった部分があったので、自分たちのプレーが出せたら勝ちに近づけたのかなと思いました。引いてしまったのがもったいなかったです。

――今大会はどのような気持ちで臨まれましたか

女子ダブルスは予選からだったので、1試合でも多く戦いたいと思っていました。本選に行きたいという気持ちがあったので、ここで負けてしまったのは悔しいです。

――ミックスダブルスは本選からの出場となりますが

本選の相手はみんな強いと思うので、楽しく試合できればいいかなと思います。

中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)

――きょうの試合を振り返って

1戦目は相手も大学生ということで、絶対に負けられないと思ってコートに入りました。自分たちは二人とも初めての全日本総合選手権で、緊張する部分もあったんですけど、なんとか競り勝つことができました。2戦目は実業団の選手が相手で、強かったです。でも思った以上に通用した部分もあったし、まだまだだなと感じる部分もあったので、すごく良い収穫を得られました。

――1戦目は関東大学リーグ戦で悔しい思いをしたペアが相手でしたが、リベンジを果たしたお気持ちはいかがですか

これまで1勝2敗で、個人戦では勝っていたので、きょうも個人戦ということで勝てるんじゃないかなと思っていました。いつもとは全然緊張感が違うし、会場も違うので、あまりリベンジということは意識せずに臨みました。

――何か対策はありましたか

まず、この会場はすごく風が吹いているので、相手どうこうよりも自分たちが会場に対応しないとミスが増えてしまうと思いました。我妻(美沙紀、スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)さんと風について話をして、相手にというよりは体育館への対策を試合中は相談していました。

――2戦目は実業団の選手が相手でしたが、どのような気持ちで臨まれましたか

私たちは1回戦った後だったので、コンディションはこっちの方が有利なのかなと思いました。でもやっぱり強かったです。強い分開き直って、向かっていこうっていう話をしていました。

――戦ってみて、相手の印象はいかがでしたか

いつもは大学生相手だと決まっている球が、軽々と返されてしまいました。こっちが本気で打っているのに簡単に返されてしまって、そういうところが結果につながる直接的な差だったのかなと思います。

――持ち前の粘り強さは発揮できましたか

ラリーは、長くてもお互いにカバーし合いながら結構できたので良かったと思います。

――今シーズン全体のご自身のプレーを振り返って

今シーズン自分はどの大会でも負けないことというのを目標にやっていて、関東学生選手権と東日本学生選手権では昨年と比べてすごく良い結果を残すことができました。でも全日本学生選手権(インカレ)では個人戦で特に納得のいくプレーができませんでした。勝つということにこだわってやってはいたんですけど、試合数がすごく多いので、勝ち方を考えなければいけないなと思います。最初の方はしっかりとゲームカウント2-0で勝っていかないと、最終的に一番大事な場面で思うような結果が出せませんでした。目標にしていた部分がちょっと違ったのかなという感じです。昨年より良い結果ではあったけれど、満足のいく一年ではなかったです。

――来シーズンの目標を教えてください

もう一度この舞台に戻ってきて、ことしは予選で負けてしまったので次こそは本戦に出たいです。団体戦でも、ことしは優勝することができなくて悔しい思いをしました。らいねんも十分他の大学と互角に戦える選手も、力も、意識もあると思うので、団体戦でもインカレ優勝できるように、チーム貢献していきたいです。

古賀穂(スポ1=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返って

きょう2試合あったんですけど、1試合目は相手が高校生ということで変な力が入ってしまって、2ゲーム目を取られてしまいました。高校生相手に負けるわけにはいかないと思って気持ちを切り替えて、相手が嫌がるようなプレーをしました。しっかりつないでチャンスはしっかり決めて、ファイナルゲームは自分のペースでできたので、勝てました。

――相手が嫌がるプレーとは具体的にどのようなプレーですか

例えば前とか横とか後ろとか、得意じゃないところがそれぞれあるのでそこをプレー中に探しました。ファイナルゲームではだいぶお互いにプレーを分かってきているので、そういう状況の中でどれだけ相手の嫌なところを狙えるかという感じです。

――1戦目は長いラリーになることが多かった印象ですが

風があって、なかなか自分が思うようなプレーができませんでした。2ゲーム目はその風の影響で取られてしまいました。ファイナルゲームではその風の影響もしっかり考えてプレーできたので良かったです。

――2戦目の2ゲーム目では、相手に連続で得点を返される場面がありましたが、その原因は何だったと思いますか

相手が自分のプレーに慣れてきて、対応されてしまったからだと思います。対応されると自分も追い込まれるので、そこで自分のミスが響いてしまいました。結論は、自分のミスなんですけど、その過程が、相手が自分のプレーに慣れてしまったということですかね。

――関東学生新人選手権と日程が近かったですが、コンディションはいかがでしたか

全日本総合選手権に標準を合わせていたので特に問題はないと思います。連戦になるので、しっかり身体のケアはしていきたいと思います。

――あすからの本戦に向けて意気込みをお願いします

一戦一戦、一本一本、ここで人生が変わると思います。勝てばナショナルチームに入れて、国際大会にもどんどん出られると思います。ゆくゆくは目標のオリンピックに出てメダル争いとかもしたいのでしっかりこの大会で勝っていきたいです。