バドミントン部

2015.11.29

関東学生新人選手権 11月29日 神奈川・東海大湘南キャンパス総合体育館

シングルス2位の松本、古賀穂と共にダブルスでも3位の活躍!

 1、2年生のみで行われる関東学生新人選手権は最終日を迎えた。この日は個人戦の準決勝、決勝が行われ、Aブロック男子シングルスに松本康平(スポ2=埼玉栄)が、Aブロック男子ダブルスに松本・古賀穂(スポ1=福島・富岡)組が登場。それぞれシングルス3位、ダブルス2位という好成績で大会を締めくくった。

 この日までに行われたAブロック男子団体戦では、順調に決勝まで駒を進めたものの、ダブルス1で中里裕貴(スポ2=埼玉栄)・富岡寿将(社2=熊本・八代東)組がまさかの黒星。「予想外の展開に焦った」と古賀穂が語ったように、そのまま相手の勢いを止められず悔しい2位に終わった。一方のAブロック女子団体戦は優勝校の法大に敗れ、結果は3位。個人戦のシングルスでは中西貴映(スポ2=埼玉・大宮東)、松岡英美(スポ2=福岡・九州国際大付)、中村幸(スポ1=富山国際大付)の3名がベスト8入りを果たした。

単複で表彰台に上った松本

 「勝てる相手だった」と松本が振り返ったシングルス準決勝では、両者共に譲らない攻防が続いた。長いラリーで粘り強さを発揮するも一歩及ばず、ゲームカウント1-1で並ばれてしまう。最終ゲームではイレブンを先取し、このままタイトル獲得への望みをつなげていきたいところだった。ところがジュースに持ち込まれ、松本が見送ったシャトルがラインの内側に落ちる。この瞬間、松本の3位が確定した。ダブルスの準決勝では、3回戦で中里・富岡組が敗れたペアと激突。フルゲームにもつれ込むも、相手のミスを誘うなど確実に得点を重ねていき、白星を挙げる。決勝ではストレート負けを喫したものの、普段シングルスをメインとする二人がダブルスで2位に輝いたことについて、松本は「素晴らしい結果だったと思う」と満足げに振り返った。

ダブルスで2位という成績を残した松本・古賀穂組

 今シーズン最後の大会となった松本は自身の一年を振り返り、リーグ戦での活躍を課題に挙げた。古賀穂は、あすから行われる全日本総合選手権に出場する。日本で最高峰の闘いに向け、「ナショナルチーム入り」という目標を掲げてその意気込みを示した。それぞれが課題を克服し、来シーズンへとつなげていきたい。

(記事 橋本望、写真 佐藤亜利紗)

ダブルス2位の松本(左)・古賀穂組

結果

▼男子シングルス

▽3位
松本康平(スポ2=埼玉栄)

▼男子ダブルス

▽2位
松本・古賀穂(スポ1=福島・富岡)組

コメント

松本康平(スポ2=埼玉栄)

――きょうの試合を振り返って

シングルスは勝てる相手だったのに負けてしまい、残念でした。

――シングルスの2ゲーム目、19-20の場面で非常に長いラリーが続いていましたが、その時の心境は

取りたかったんですけど取れなくて、残念な気持ちでした。

――最終ゲームではジュースの末に逆転勝ちを許してしまいました。その敗因は何だったと思いますか

ダブルスも残っていたので、次の試合のことを考えすぎていたかなと思います。

――シングルス3位という結果についてはいかがですか

悪くはないかなと思います。

――ダブルスについて伺います。シングルスの後に行われましたが、体力面ではいかがでしたか

そんなに心配はしていなかったです。

――準決勝はフルゲームになりましたが、どのように受け止めていますか

左利きの選手があまり強くなかったので、狙っていこうかなと思っていました。

――決勝の2ゲーム目では、相手に連続得点を許す展開になりました。その原因は何だったと思いますか

2人ともパワーが無くて、相手の勢いに勝ち切る力がなかったかなと思います。そこが課題ですね。

――ダブルス2位という結果についてはいかがですか

ダブルスはシングルスと比べるとそこまでメインではないので、素晴らしい結果だったと思います。

――普段はシングルスでの出場が多いですが、ダブルスの時はシングルスの時と比べて気持ちの違いなどありますか

ダブルスの方がやはりメインではない分、プレッシャーは少なかったです。

――古賀穂(スポ1=福島・富岡)選手との相性は、いかがでしたか

素晴らしいパートナーに出会えたと思います(笑)。

――先日行われた団体戦の2位という結果は、どのように受け止めていますか

うちのエースダブルスの中里(裕貴、スポ2=埼玉栄)・富岡(寿将、社2=熊本・八代東)組が負けてしまい、そのまま相手が勢いをつけてしまったので悔しいです。中大が出場していなかったので、優勝できたら良かったなと思います。

――今シーズン全体を振り返っていかがでしたか

リーグ戦はあまり得意じゃないんですけど、それ以外の大会は自分の力を出せたかなと思います。

――来シーズンの抱負を聞かせてください

リーグ戦でも活躍できるように、頑張ります。

古賀穂(スポ1=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返って

準決勝は1ゲーム目を取って、2ゲーム目を取られて、3ゲーム目を取った展開でした。自分的には攻めていこうという気持ちで頑張りました。

――シングルスの試合に出場されることが多いですが、ダブルスに出場されてみていかがでしたか

ダブルスは普段の練習からあまりやらなくて、ここ最近もシングルスの練習をメインでやっていました。はじめは出場するかしないかというくらいダブルスの練習をしなかったのですごく不安な気持ちもありました。ずっと不安になっているのもあれなので、楽しんでやろうと思いました。

――松本康平選手(スポ2=埼玉栄)とのコンビネーションはいかがでしたか

こちらがオフェンスの時はしっかり攻められるように工夫していきました。

――団体戦は2位という結果でしたが

決勝に行ったことでホッとしてしまいました。まさかダブルス1の中里裕貴(スポ2=埼玉栄)・富岡寿将(社2=熊本・八代東)組が負けると思っていなくて。予想外の展開に焦ってしまって、いつも通りのプレーができず負けてしまいました。残念です。

――シングルスはベスト16という結果でした。振り返ってみていかがですか

(準々決勝で)1ゲーム取れたことは良かったんですけど、出だしが悪かったですね。最初に点数を取られてしまって、そこから追いあげたんですけど、ガットが切れてしまって。そこからまた流れが変わって悪くなり、負けてしまいました。団体でもシングルスでも、どんな状況であれ、いかにプレーがてきるのかがその人の実力なのかなと思います。なので、どんなことにも対応できる力をつけていきたいですね。

――あすからいよいよ全日本総合選手権が開幕します。目標をお聞かせください

あさっての予選を通過して、本戦でベスト8入りしてナショナルチーム入りをすることが目標です。

――どのような戦い方をしていきたいですか

相手も全日本のトップレベルの選手ばかりで、特にナショナルメンバーとあたって勝っていかなければいけないと思います。予選からではありますが、一戦一戦自分の力を出し切れるように、しっかり考えながらプレーしていきたいと思います。