ソフトボール部

2015.11.16

第46回関東大学選手権 11月15日 茨城・石岡市総合運動公園

4本の花火を打ち上げ、東海大に快勝!

TEAM
早 大
東海大
(5回コールド)
○豊田、松木―山本、林
◇(本塁打)塩沼、金子、鳥岡、飯泉

 秋季リーグ戦(リーグ戦)を終え、早大はことし最後の公式戦である関東大学選手権(関カレ)に臨んだ。何が起こるか分からないトーナメント制の大会は、代替わりを経てから初の経験だ。初戦の相手は東海大。初回、塩沼泰成(スポ2=福島・安積)の適時打で先制し不安を拭い去ると、3回にも塩沼の2点本塁打で加点する。圧巻は5回。2死走者なしから打線がつながり、3本の本塁打が飛び出すなど一挙6点を奪い相手を突き放す。その大量点差を先発の豊田誉彦(スポ2=兵庫・滝川)、後を受けた松木俊皓(スポ3=宮崎・日向)が守り抜き、コールド勝ちを収めた。

 打順についてはリーグ戦で試行錯誤を繰り返し、新たなスタイルを確立しつつある。初回、1番に定着した増形俊輔(社2=千葉敬愛)が粘りに粘り、四球で出塁。すかさず盗塁を決め、見事に役割を果たす。その好機に塩沼が応え、二遊間を抜く適時打を放ち先制に成功。そして3-0で迎えた5回、早大が一気に畳み掛ける。『2死走者なし』。ここから得点を重ねるのは難しいことであるが、四球と安打で走者を出すと、左打席に金子祐也主将(スポ3=長崎・佐世保西)が入る。迷いなく初球を振り抜くと打球は逆方向の左翼フェンス上へ弾丸で突き刺さり、まず3点を追加。続くルーキー鳥岡健(スポ1=岡山・高梁)にも特大の本塁打が飛び出し、相手先発をノックアウトする。代わった投手から四球を選ぶと、飯泉召(教2=埼玉・与野)が打席へ。中堅手のレギュラー・水本将文(人3=長崎・佐世保西)を欠く中でアピールしたいところ。3球目を捉え、公式戦初本塁打を放った。この回だけで3本塁打、しかも2死走者なしから6点を奪ったことは大きな収穫だろう。

公式戦初本塁打を放った飯泉

 「先攻で初回にしっかり点を取ってくれた」(豊田)。投手陣にとってこの日の援護ほど頼もしいものはなかっただろう。豊田は初回から快調に飛ばし、ライズボールを織り交ぜ空振り三振を奪っていく。3回、盗塁と暴投で2死三塁のピンチを迎えるも、しっかりと後続を内野ゴロに打ち取り得点を与えない。4回には飯泉がダイビングキャッチを見せるなどバックにも助けられ、4回無失点の好投でマウンドを松木に譲った。松木は先頭に内野安打こそ許したものの、最後は併殺で締め試合終了。ともに危なげない投球を披露し、順調な調整ぶりをうかがわせた。

快投を見せた豊田

 まずは順当に初戦を突破した早大。ここで優勝すれば新体制で初のタイトルとなるだけに、選手たちの志も高い。雨の影響でグラウンドコンディションが悪い中でも冷静に対処した。あすの初戦の相手は中大。リーグ戦では敗れた相手であり、この関カレの舞台でぜひともリベンジを果たし、その後の戦いへ駒を進めていきたいところだ。

(記事、写真 中丸卓己)

コメント

飯泉召(教2=埼玉・与野)

――きょうの試合を振り返って

初戦しっかり勝つことができて良かったです。

――きょうは内野ではなく中堅手での出場でした

水本さん(将文、人3=長崎・佐世保西)が離脱してしまってから何となく自分がセンターを守るみたいな空気があって、心の準備はできていたので良かったです。

――4回には見事なダイビングキャッチもありましたね

練習でも「ギリギリの打球は勝負しよう」という話が出ていて、あの時もセカンドやショートの選手から「しっかり勝負しろ」という声が聞こえていたので、しっかりと飛び込むことができました。

――試合中も外野同士の声掛けが多く聞かれました

ずっとセンターを守っていたわけではないので、しっかりと確認をしながら周りの選手ともコミュニケーションが取れていたと思います。

――そのダイビングの後、本塁打が飛び出しましたが感触はいかがでしたか

練習試合では打ったことがありますが、公式戦では初めてでした。打った瞬間はレフトフライかなと思ったんですけど、思いのほか伸びてくれました。

――最後にあすに向けて意気込みをお願いします

きょうと同じで、一戦必勝で頑張っていきたいです。

塩沼泰成(スポ2=福島・安積)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

トーナメントの大会ということで最初が肝心で、みんなでシートノックから意識して入りました。

――その中で初回に先制の適時打を放たれましたがあの打席はいかがでしたか

相手ピッチャーの球が遅かったので引きつけようという意識がありました。自分としては不本意な打球だったんですけど抜けてくれて、3番としてランナーをかえすという仕事ができて良かったです。

――その後も本塁打含め猛打賞のご活躍でした。調子は良かったですか

バットは振れていましたね。2打席目は2死だったので強く振ろうと意識して、結果ちょっと詰まったんですけどああいうかたちでホームランになったので良かったです。

――秋季リーグ戦からずっと3番を任されていますが、打順についてはどうお考えですか

ワセダは3・4、7・8番で走者をかえすというかたちをとっているんですけど、4番に祐也さん(金子祐也主将、スポ3=長崎・佐世保西)という良いバッターがいるので塁に出る意識で、自分のスイングができればという気持ちでいつも打席に入っています。

――サードの守備については

春にショートからコンバートされて、だいぶ打球にも慣れてエラーも減ってきました。内野をまとめられる存在になれたらと思います。

――最後にあすに向けて意気込みをお願いします

あした以降が本番というか、チームとして「いくぞ」という気持ちを入れていかなければいけない試合になると思うので、あしたも一球一球集中して臨みたいと思います。

豊田誉彦(スポ2=兵庫・滝川)

――4回無失点という内容でした。きょうの投球を振り返っていかがですか

先攻で初回にしっかりと点を取ってくれたということで、裏の守備にいい入りができたからこそ4回を無失点に抑えられたかなと思います。

――相手打者から空振りが多く取れていましたが、きょう良かった点は

相手の1、2、3番からライズボールで空振りがしっかり取れたので、きょうはこのライズを中心にして空振りを狙っていこうかなと考えていたのでその三振につながったのかなと思います。

――この大会はどういったテーマで臨まれていますか

自分の中では、空振りを狙うというよりも内野に打たせてしっかりアウトを取っていくということを目指してやっています。今回はあまり前には飛ばなかったですけど、あしたはしっかりとしたバッターが出てくると思うので、ゴロを転がして内野にしっかり取ってもらって、アウトを重ねて勝ちにつなげていきたいと思います。

――投手陣では吉田尚央選手(人2=長崎・佐世保西)を欠いている状態です

そうですね。吉田がいなくてもしっかりと3人で回していくというのが一番優勝につながることだと思います。

――最後にあすに向けて意気込みをお願いします

あした以降もきょうのようなピッチングでしっかり0点に抑えて、優勝を狙って一つ一つ勝ち上がっていきたいと思います。