ソフトボール部

2015.11.15

第46回関東大学選手権 11月14日 茨城・八郷総合運動公園

投打で圧倒、初戦を突破!

TEAM
早 大
千葉大
(5回コールド)
○泉、宮川、常盤―加藤
◇(本塁打)山内 ◇(二塁打)藤井2、手塚、大庭

 ことし最後の公式戦、関東大学選手権(関カレ)が開幕した。初戦の相手は関東学生リーグ3部に所属する千葉大。格下を相手に、試合は序盤から早大ペースで進んでいく。初回、山内実咲(スポ2=神奈川・向上)の2点本塁打などで3点を獲得すると、打線はその後も着実に追加点を重ねた。投げては早大自慢の投手陣が1人の走者も許さず千葉大打線を零封。初戦でコールド勝ちを収め、優勝へ向け好スタートを切った。

公式戦初出場の鎌田。普段はマネージャーとして活動している

 上位打線がしっかりと役割を果たした。初回、1死から藤井美潮(スポ2=神奈川・平塚江南)が右中間への2塁打で出塁すると、手塚麻菜美(スポ1=北海道・とわの森三愛)がレフトへ鋭い適時2塁打を放ち瞬く間に先制点を奪う。続いて打席に立ったのは4番・山内。2球目を迷いなく振り抜くと打球は大きな弧を描いて左翼フェンスの向こう側へと消えていった。3回には1番・大庭由乃(スポ2=千葉・木更津総合)の中前安打から始まる3連打で1点を追加すると、その後も内野ゴロの間に走者が生還し得点を重ねる。5回、2死二塁の場面で窪田麻未(人2=神奈川・大和)の放った打球は二塁手の後方に落ちると、この間に二塁走者が生還。好機をほとんど無駄にすることなく、大量7得点を挙げた。

コールド勝ちを決める適時打を放った窪田

 この試合の先発は来年度から実業団でプレーすることが決まっている4年生の泉花穂(スポ4=香川・高松南)。先頭打者を三振に切って取ると、好守もあり初回を3人で抑える。続く2回も危なげなく投げ抜き、いかんなくその実力を発揮した。3回からマウンドに上がったのは宮川眞子(スポ2=福島・帝京安積)。相手打線を難なく打ち取り、2回をしっかりと守りきった。そしてコールド勝利が懸かった最終回。エース・常盤紫文(スポ3=千葉・木更津総合)がマウンドへ上がる。強気の投球で相手打線を全く寄せ付けることなく3人で抑え、試合を決めた。

 ことし最後の公式戦であり、これまで長く早大を率いてきた吉村正監督(昭44教卒=京都・平安)にとって最後の戦いでもある今大会。きょうの千葉大戦には、普段控えの選手が多く出場した。「全員で勝って優勝して、先生にとって最後の大会を有終の美で飾りたい」(窪田)。主力選手と普段は控えの選手が力を合わせ初戦に快勝した早大。この勝利を勢いに変えて、監督と選手全員で優勝をつかみ取りたい。

(記事 土屋佳織、写真 中丸卓己)

コメント

窪田麻未(人2=神奈川・大和)

――きょうの試合を振り返って

いつもは試合に出られていないんですが、きょうこのようなかたちで試合に出していただける機会があって、公式戦に初めて出られました。他の(普段は控え選手の)みんなも試合に出られて、いいかたちで勝てたので良かったと思います。

――初戦をどのように勝つのか話し合いはされていたのでしょうか

大会が始まる前からキャプテンの大内(佳那女子主将、スポ3=千葉・木更津総合)さんから「目標は優勝と、全員が試合に出ること」と言われていて。先生(吉村正監督、昭44教卒=京都・平安)の体制下では最後の大会でもあるので、全員で勝つという気持ちを大会前からみんなが意識できていたと思います。

――公式戦初出場ということですが、きょうのご自身のプレーをどのように評価されていますか

守備は1球しか飛んでこなかったんですが、内野の人も声を掛けてくれて、ポジショニングがうまくできたかなと思います。バッティングに関してはあまり良くなかったんですが、その中でも1打席終わるごとにいろいろな人に声を掛けてもらってアドバイスをもらったので、すごく気楽になって、頑張ろうという気持ちになりました。

――コールド勝利を決める7点目は窪田選手の安打でつかみ取りました

かたちとしてはあまり良くなかったんですが、それでもチームの1点になったので自分としては良かったかなと思います。

――ことし最後の公式戦である今大会に懸ける意気込みをお聞かせください

キャプテンの言った通り全員で勝って優勝して、先生にとって最後の大会を有終の美で飾りたいと思います。

鎌田彩花(文1=神奈川・平塚江南)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

普段はマネージャーというかたちで活動していて、打撃の練習には時々混ぜてもらったり練習試合でも出させていただくことがあったのですが、公式戦はきょうが初めてでした。思うような結果は残せなかったんですけど、見逃しとかはあまりなく思い切りプレーできたのでそこには満足しています。でも結果自体はふがいなかったかなという感じです。

――その初出場ということで、心境はいかがでしたか

緊張していたんですけど、どちらかと言うと楽しみというか。失うものが何もないと言ったらあれなんですけど、挑むしかない立場なので、守りに入らずに思い切りスイングしていこうという気持ちで打席に入りました。

――普段のマネージャーとしてのお仕事はどうですか

記録を取ったりスコアの集計をしたり、ボールを入れたりとかしているんですけど、選手の方々も細かいことに気付いてくれて、ちょっとしたことでも「ありがとう」と返してくれるので、すごくやりがいのある活動をさせてもらっています。

――選手の皆さんからも鎌田さんが良くやっているという声をよく聞きます

本当にありがたいです!(笑)

――DPでの出場でしたが打撃には自信はございますか

自信はそんなにないんですけど、試合が始まる前に大内さん(佳那女子主将、スポ3=千葉・木更津総合)とかに「自信持っていっていいよ」と言われたので、打席に入ってからは迷わずに思い切り振るようにしました。

――今後もマネージャー兼選手として続いていきますが、意気込みをお願いします

どちらにもやりがいを感じているので、マネージャーの仕事もやっていてすごく楽しいですし、打てるのも楽しいので、どっちもって言ったら欲張りなんですけど(笑)、自分にできることを精いっぱいやって、またもし自分の実力が試せる機会があったらきょうと同じように思い切って全力で挑戦していきたいです。