ラクロス部

2015.11.10

Ⅴリーグ 準決勝 対慶大 11月7日 東京・一ノ宮公園球技場

あと一歩が届かず、宿敵・慶大に敗戦

前半 後半
早大
慶大
▽得点者
永廣2、阿部、亀井

 Aチームの関東学生リーグ戦(リーグ戦)と同時に、Bチームのリーグ戦・Vリーグが開催されている。予選Dブロックを1位通過し、日体大との1回戦を突破した早大は、この日準決勝に挑んだ。相手は慶大。昨季の決勝で悔しい敗北を喫した、因縁の敵である。試合は前半ドローを物にできず、慶大の攻撃のチャンスを作出してしまう。序盤から大きくリードを許してしまった。それでも、後半に3連続得点の猛攻を見せ4-4と同点に。だが終盤に2失点と勝ち越しを許してしまい、昨季の雪辱を果たすことはできなかった。

 ゴールを打ち破れない、もどかしい時間が続いた。ドローを獲得できず慶大ボールから始まったこの試合。ダウンボールを取り、シュートを狙うが相手ディフェンスに阻まれてしまう。第1クオーター(Q)開始5分までに2得点を許すと、なかなかペースをつかむことができない早大。相手のファウルにより幾度とチャンスが訪れるも生かすことができず、得点に結びつかなかった。14分にはラインアウトでポゼッションを許し、ディフェンス陣の隙を突かれて3失点目。18分にようやくMF阿部彩香(国教3=神奈川・横浜国際)の一打で1点を取り返し、1-3で前半戦を終えた。

1年生ながら活躍を見せた永廣

 反撃が始まった。第2Q開始4分、守備を固められず得点を与えてしまうも、ここから猛追を見せる。9分相手ファウルを好機に、確実にフリーシュートを収めたAT永廣めぐみ(スポ1=米国・ラファイエット)。続けざまには永廣からのパスに反応したMF亀井佑紀(スポ1=東京・日大豊山女子)が鋭いショットを決める。さらに12分には、またも永廣がゴール右上に突き刺す技ありのシュート。約3分間で3点を返し、同点に追い付く意地の攻撃をかけた。だが、ここまでだった。17分に自らのファウルで相手にフリーシュートの機会を与えると1失点。G辰巳紗希穂(社3=埼玉・早大本庄)が好セーブを見せるも、オフェンスにつながらず勝利が遠のいてしまう。ラスト1分でも追加点を許し、無念のタイムアウト。早大は3位決定戦へ回ることとなった。

猛追かなわず、悔しさをにじませる選手たち

 「基本基礎がケイオーに比べて負けてしまった」(阿部)。決め手となるパスがミスでつながらなかったりと、チャンスをピンチに変えてしまう場面が多く見られた。3位決定戦の前にもう一度基本を見つめ直し、チームを勢いづけたい。最終戦を笑顔で飾れるように、厳しい目を光らせ、最後の詰めを行っていく。

(記事 後藤あやめ、写真 小川由梨香)

コメント

AT阿部彩香(スポ3=神奈川・横浜国際)

――きょうの試合を終えて一言お願いします

きょうの試合はきょねん負けたケイオーが相手ということで、しかも決勝戦進出を懸けた試合でした。チーム全体としてすごく気合を入れて臨んだ試合だったのですが、ケイオーに圧倒されて負けてしまったというのがすごく悔しいというのがいまの率直な気持ちです。

――チームとしては、きょうの試合をどのように戦おうと話されていましたか

いままでやってきたことを出し切ろうということで、最後の練習でも「今までこういうことをしてきたよね」という確認を全体でして、落ち着いてやろうということで話をしていました。

――きょうは序盤からリードを許して追う展開となってしまいましたが、その中でご自身はどのようにプレーしていこうと考えていましたか

上級生として、ここは流れを変えなきゃなという思いがあったのでそういう気持ちでプレーしていました。

――そのような中で阿部選手はワセダにとって待望の1点目を決められましたが、ご自身の得点シーンを振り返っていただけますか

上級生としてチームの流れを変えたいなっていう思いがあって、ここは絶対自分が決めてやるっていう気持ちでゴールまで運びました。

――きょうはチーム全体として他にも惜しいプレーが多く見られましたが、阿部選手から見てきょうチームに足りなかった部分や勝てなかった要因についてはどのようにお考えですか

基本基礎がケイオーに比べて負けてしまったかなというところがあります。ショットにつながるラストパスとか、パスは通ったけどショットが決まらないとか。そういうあと一歩のところだったと思うんですけど、そういうところを突き詰められなかったのかなって思います。

――3位決定戦に向けてどのような点を修正していきたいとお考えですか

さっき言ったような基本基礎、一番基本的なところにしっかり立ち返って、決めなきゃいけないところで必ず決め切って、止めるところは止めてっていうような、難しいことをするというよりはシンプルにいままでやってきたことを出し切れたらいいと思います。

――3位決定戦に向けての意気込みを一言お願いします

いままでやってきたことを出し切るっていうのを一番にして、2015年川勝組のBチームとしての最後の試合になるので有終の美というか、最後に良いかたちで終われるように、あと3週間、きょう出た反省点を生かして良いところは伸ばしてチーム全体で士気を高めていきたいと思います。

G辰巳紗希穂(社3=埼玉・早大本庄)

――準決勝であるきょうの試合はどのような気持ちで臨まれましたか

絶対に決勝に勝ち進もうという気持ちでした。相手のケイオーは、きょねんのVリーグの決勝で1点差で負けた相手だったので、悔しい気持ちが残っていました。絶対に勝とうと気合を入れて臨みました。

――慶大の印象はいかがでしたか

ワセダとケイオーはずっとライバル関係だと思うので、お互い意識するところはあります。最近練習試合をしていなかったので、どんな感じか予想はできない状態でしたが、スピード感が強かったです。

――前半は慶大ペースとなりました

ドローが取り切れなかったのが厳しい展開になった理由だと思います。ディフェンス陣が粘ってくれたので、自分は止めるだけだと思ってひたすら頑張りました。

――一方で後半同点まで追い上げました

本当に勝つという気持ちしかなかったです。何点ビハインドでも追い付くぞという気持ちでがむしゃらでした。

――好セーブも目立ちましたが、ご自身のプレーを振り返っていかがですか

でも結果的に負けてしまったので。4点しか取れないのであれば3点に抑えるべきでしたし、あと2点、3点止めていればという悔いが残ります。

――3位決定戦に向けて一言お願いします

3位決定戦があるということでもう少しだけ4年生とラクロスができます。最後絶対に笑顔で終わっていただけるように、最後の最後しっかり勝ち切って終わらせたいと思います。

AT永廣めぐみ(スポ1=米国・ラファイエット)

――慶大へどのような対策をしましたか

きょねん先輩方が1点差で負けたということで、チームとしては大差をつけて勝つということを目標としていました。ATはみんなで1本回してから攻めようっていうのと、ディフェンスは声を出して守ろうと言っていました。

――試合を振り返っていかがですか

宿敵のケイオーとやるということで最初は緊張していました。内容としては前半はシュートを打っても入らなかったり、ディフェンスだったらうまく守れなかったりしました。チームとしてはみんなで止めるとかみんなで攻めるとかのプレーができなかったかなと思うんですけど、後半は個々のいいところが出てグラボとかボールへの寄りなど、みんなラクロスを楽しめていたと思います。結果的にチームとしては最初から攻められないと意味がないと思います。

――ご自身の得点シーンを振り返って

前半でなかなか決めることができなくてリードされて、これじゃだめだという気持ちがありました。ハーフタイムの時に「永廣決めるよ」と声があったので、攻め気で決められたというのはよかったと思います。

――ラクロスをここまで続けてきていかがですか

最初はラクロスというものを知らない状態でした。ラクロス楽しいなというところから始めたんですが、いまは素晴らしい先輩もいるし、いい環境がワセダにはあってワセダラクロス部に入ってよかったなっていうのが一番です。1年生ですがこれからチームに貢献できるようにという気持ちがあります。

――Bチームにも1年生が多く出場していましたがその点はいかがですか

同じ立場でやっているんですけど、先輩たちに混じってやっている、すごくいい環境です。ほんとにライバルというより、切磋琢磨(せっさたくま)しあえるいい関係があって、同期がいないといままでできなかったなっていうのがあります。

――3位決定戦に向けての意気込みをお願いします

きょう負けてしまいましたが、4年生の先輩にとって最後の試合になるので、自分の全力を出し切って絶対に勝ちたいと思いま