庭球部

2015.11.03

全日本選手権 10月31日 東京・有明テニスの森公園

全日本選手権が開幕!

 全日本大学対抗王座決定試合(王座)から一週間、全日本選手権が開幕した。プロアマ混在で行われる今大会。早大からはシングルス3名、ダブルス2組が本選へ出場した。この日に行われた1回戦では、シングルスで吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)、ダブルスで梶谷桜舞(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ1=兵庫・園田学園)組が2回戦へと駒を進めた。

 単複でこの大会に出場している林のシングルスの相手は山外涼月(橋本総業)。3年前この大会で2位となった実力者だ。序盤は相手のミスにも助けられ、サービスゲームをキープする。相手のリターンミスを誘い、セットポイントを握るも、「プロの選手は一発があると感じた」(林)と、相手も簡単にひるむことはなかった。5-5に追いつかれ、その後タイブレークにもつれこむも、あと一歩が届かずこのセットを落とした。後がなくなったセカンドセットで先にリードを奪ったのは林。5-2とし、勝利まであと一ゲームと迫るも、果敢にネットプレーで応戦してくる相手に3ゲームを連取され、試合は振り出しに戻る。ゲームをブレークされ、この試合2度目となるタイブレークへ。両者一歩も譲らぬ展開となるも、終盤にミスが目立った。接戦をものにできず、初戦敗退。「勝てた試合だった」(林)と、悔しさをにじませた。一方の吉冨は「調子が良かった」と、のびのびとしたプレーで相手を突き放す。順調な滑り出しを見せ、2回戦進出を決めた。

激闘を演じた林

 シングルスで惜敗した林は、吉冨とペアを組んでダブルスに登場。ゲームカウントを2-2とし、そこから一気に3ゲームを落としてしまう。相手のサービスゲームをブレークすることができず、3-6でファーストセットを先取された。吉冨のサーブから始まったセカンドセット。サーブで勢いに乗り、ラブゲームでキープする。相手のコースを突いた強打に苦しめられながらも、我慢強くラリーを展開していった吉冨・林組。振り切ろうとする相手に対し強気のプレーが光り、ブレークに成功。6-6に追いつき、タイブレークに突入する。「取れそうだと思ってしまった」(林)と気持ちの面での余裕が裏目に出てしまい、5-6と先にアドバンテージを握られた。吉冨のボレーは僅かにラインの外に落ち、試合終了。初戦で姿を消す結果となった。同じく早大から出場している、梶谷・上組は終始試合の主導権を握り、難なく初戦を突破した。

初戦敗退となってしまった吉冨・林組

 前回シングルスでベスト16入りを果たした吉冨は、「今回はベスト8以上を狙っている」と気合十分だ。プロも多く出場している大会であるだけに、上での戦いになればなるほど、より厳しい試合となっていくことは間違いない。その中でどれほど自分のプレーができるかが一つのキーとなる。上位を目指した戦いは幕を開けたばかりだ。

(記事 佐藤亜利紗、写真 佐藤亜利紗、三佐川唯)

★本選出場を果たすも、あと一歩及ばず

学生生活最後の試合となった宮地

 一年間チームの先頭に立ち、苦境を乗り越えた宮地真知香(社4=福岡・折尾愛真)は、初めて本選出場の切符を手にした。序盤、先行する形で始まったファーストセット。しかし、徐々に挽回され4-4にされるとその後はブレークも許し、2ゲーム連続で落とした。セカンドセットからは気持ちを入れなおした宮地の勢いのあるプレーが光る。高い打点からのラリーで、ポイントを重ねていく。第8ゲームは相手のセカンドサーブを強打し、ブレークに成功。ファイナルセットへ望みをつなげた。この勢いに乗りたいところだったが「セカンドセットで相手は余力を残していた」と宮地が語るよう、ファイナルセットは互いに譲らぬ攻防戦を展開する。最後は相手のコースを突く鋭いファーストサーブに対処できず4-6でゲームセット。力の上ではほぼ互角だがあと一歩及ばなかった戦いに、「最後まであきらめずチャレンジしてよかった」と晴れ晴れとした表情を見せた宮地。笑顔で学生生活最後の戦いの幕を閉じた。

(記事、写真 三佐川唯)

結果

▽女子シングルス

1回戦

●宮地真知香(4-6、6-2、4-6)米村明子

○吉冨愛子(6-2、6-3)華谷和生

●林恵里奈(6(5)-7、6(4)-7)山外涼月

▽女子ダブルス

1回戦

○梶谷桜舞・上唯希(6-3、6-2)山本みどり・越野由梨奈

●吉冨愛子・林恵里奈(3-6、6(5)-7)久見香奈恵・高畑寿弥

コメント

宮地真知香(社4=福岡・折尾愛真)

――1回戦敗退となりました。いまのおきもちは

昨年は本選に出場できなかったので、今回はできたこと自体に満足しています。まずまずという感じですね。

――王座から一週間たちました。コンディションは

逆に短かったからこそ、試合の感覚が残っているので良い面はありました。気持ちも切れずに良かったと思います。

――第1セットは先行してから落とす展開になりました

そうですね、ゲームの進め方が相手の方が上手かったと思います。大事なポイントでの攻め方とかギアの上げ方がかなり勢いがありましたね。

――セカンドセットはいかがですか

序盤自分が流れをつかんで、でも相手もファイナルセットに向けて余力を残したようなセットでした。

――勝ち切れなかった要因は

簡単にミスしてくれるゲームもあるんですけど、でもやっぱり大事なところではポイントをしっかり取られたところですね。ファーストサーブもコースがすごく良かったので、コースが良くて速いと何もできないので、苦しい部分が多かったですね。

――今大会が学生生活最後の大会でした。感想をお願いします

本戦にも出ることができたので最後まであきらめずチャレンジしてよかったなというの、たくさんの方が応援しに来てくれたのですごくうれしかったです。

吉冨愛子(スポ4=愛知・椙山女学園)

――学生生活最後の大会です。意気込みは

そうですね、昨年ベスト16だったので、今回はベスト8以上を狙っています。

――シングルスを振り返っていかがですか

団体戦では結構緊張もある中でやってきたんですけど、今回は個人戦ということでそういったプレッシャーから解き放たれた状態でやっていたのでそれがいいプレーにつながったかなと思います。少し気持ちが楽になったのか調子が良かったですね、本当は逆でないとダメですけど(笑)。

――王座から一週間というハードスケジュールですが、コンディションは

疲れはしっかりとれているので、いい感じです。

――ダブルスに関してはいかがですか

ファーストセットは相手の動いてくるプレーだとかクロスラリーだとかが固くて先にミスが出てしまいました。それが相手の流れになってしまった要因かなと思います。セカンドは自分たちのできることをやってじわじわと追いついたり追い越されたり、タイブレークに入ってからチャンスは何度もありましたが相手の方が、焦ることなく構えてきて経験知の高さがうかがえました。相手の方がやることが明確でしたし、私たちは早くポイントを取りたいと焦ってしまってという展開が多かったです。

――今後のテニスとの関わり方を教えてください

一応東京を起点にテニスを続けます。ワセダのコートで練習させてもらっていろんな大会に出ようかなと思っています。やるからには先輩方もたくさんいるんですけどそういった人たち良きライバルになれるように上を目指して頑張りたいです。

――あす以降の試合の意気込みをお願いします

あすの対戦相手もワセダの先輩で尊敬する先輩ではありますが、自分のできることをしっかり出し切って勝ちたいと思います。

林恵里奈(スポ3=福井・仁愛女)

――シングルスの試合を振り返って

一回だけセットポイントがあったんですけど、相手のサーブが良くて取りきれませんでした。タイブレークも前半3-3とか2-4で行けそうだったんですけど、自分のミスや相手に先に攻められたりでファーストセットもセカンドセットもタイブレークを落としてしまいました。勝てた試合だったんですけど、という感じです。

――相手の選手はネットプレーを得意としている印象でしたが

プロの選手は一発がすごくあるなと感じました。関東学生選手権や全日本大学対抗王座決定試合のシングルスで勝ち上がれていても、上の人たちに勝ち切れないのはまだまだ未熟だなと思いました。相手も強かったんですけど、勝てない相手ではなかったかなと思います。

――ダブルスを振り返って

ダブルスも強い相手ではあったんですが、チャンスもありました。大事なところで焦ってポイントを落としすぎたのかなと思いました。

――セカンドセットはタイブレークにもつれ込みました。どのようなことを考えて臨まれましたか

タイブレークの時に取れそうだと思ってしまって、それが逆に先を見越しすぎてしまったのかな、と。集中してなかったわけではないですけど、目の前の一本一本以上に、先を見越しすぎたのが良くなかったかなと思います。

――新チームとなりますが、今後に向けて

王座が終わって、4年生の方が抜けて新チームとなり、自分が引っ張っていかなければならない立場になりました。自分のことはもちろん、チーム全体がしっかりみれるようにプレーで引っ張っていけるようになりたいと思います。