野球部

2015.11.02

秋季リーグ戦 11月1日 神宮球場

大竹が完封!8年ぶりの春秋連覇達成!/慶大2回戦

慶大2回戦
慶大
早大 ×
(早)○大竹-道端
◇(二塁打)重信

 早大2点リードで迎えた9回2死一塁。慶大スタンドがこの日最高の盛り上がりを見せる中、打球は右翼方向へ。右翼手・重信慎之介副将(教4=東京・早実)が落下地点に入り手を挙げると、一塁ベンチからは早大ナインが次々にグラウンドへ飛び出してくる。そして迎えた歓喜の瞬間。重信がしっかりと打球をつかむと、大きな歓声と共に優勝の喜びを分かち合う選手たちの輪ができた。この優勝で、早大は2007年(平19)以来8年ぶりの春秋連覇を達成。神宮の秋空に『早稲田の栄光』が響き渡った。

 「決して楽な戦いではなかった」(髙橋広監督、昭52教卒=愛媛・西条)。完全優勝を果たした春季リーグ戦とは打って変わり、厳しい試合が続いた今秋。このシーズンを象徴するかのように、この日の試合はもどかしい展開となる。序盤は、勢いのある直球を中心に攻める相手先発・加嶋宏毅(慶大)の前になかなか得点することができない。しかし4回、先頭打者が四球で出塁すると、続く丸子達也(スポ4=広島・広陵)が変化球をうまく合わせて左前打。無死一、二塁と絶好の機会を演出する。好機に沸く一塁スタンドを背に、打席には石井一成(スポ3=栃木・作新学院)。その2球目、セーフティーバントで3塁側に打球を転がすと、ここで加嶋が一塁へ悪送球。その間に二塁走者が一気に生還し、流れを引き寄せる先制点を奪取した。また。6回にも2死満塁から相手投手の暴投の間に追加点を獲得。この試合は殊勲打こそ出なかったものの、大事な場面でそれぞれがしっかりとつなぐ意識を見せ、得点を重ねた。

 たとえいつもとは違う大歓声の中でも、たとえ打線に火が付かなくても、大竹耕太郎(スポ2=熊本・済々黌)が動じることはなかった。ケガのため開幕戦に間に合わせることができなかった秋季リーグ戦。マウンドを託されても本調子とはいかない試合が続いていた。しかし、この日は4回までを無安打に抑え込むなど好投を披露。コースを鋭く突く速球と、打者のタイミングを狂わすスローボール。球速の差をうまく利用した大竹らしい投球で慶大打線を翻弄(ほんろう)していく。得点圏に走者を背負ったのはわずかに2回のみ。内容、結果共に文句なしの投球で完封勝利を収め、春季リーグ戦に続き2度目の胴上げ投手となった。

9回4安打完封という見事な投球を見せたエース大竹

 東京六大学リーグ、90年の歴史でいまだ達成されていない『グランドスラム』。春季リーグ戦、全日本大学選手権、秋季リーグ戦の3つを制し、ついに大偉業達成が現実味を帯びてきた。秋季リーグ戦閉幕後、2週間足らずで行われる明治神宮野球大会が、4年生にとって本当の集大成の場となる。のこりわずかな期間ではあるが、今シーズン見えた課題を一つでも改良し、最後の戦いに臨みたい。ようやく見えてきた前人未踏の境地へ。早大劇場はまだまだ終わらない。

勝利の瞬間、マウンドに駆け寄る選手たち

(記事 杉田陵也、写真 河野美樹、田島光一郎)

☆重信副将、首位打者に!同一校から4季連続はリーグ初

祝賀会でファンへ呼びかける重信

 今季は長打も増えるなど絶好調で、打線をけん引してきた重信。この日も2安打を放つと、打率4割3分2厘を記録して首位打者に輝いた。2014年(平26)春の武藤風行(平27スポ卒=石川・金沢泉丘)、同年秋の茂木栄五郎(文構4=神奈川・桐蔭学園)、2015年(平27)春の丸子達也(スポ4=広島・広陵)と4季連続で同一校から首位打者が選出されるのは東京六大学リーグでも初のことだ。試合後の祝賀会でも「棚からぼた餅が落ちてきたが、食べないと意味がないと監督に言われた。しかしきょうの優勝ではまだ半分しか食べていない、明治神宮大会で優勝して残りの半分を食べたい」と語り、観客を沸かせた重信。グランドスラム達成への意欲をあらわにした。

早大打者成績
打順 守備 名前
(右) 重信慎之介 .432 三邪    中安    左2    一ゴ      
(二) 河原右京 .211 中飛    左飛    一ゴ    空振      
(三) 茂木栄五郎 .200 右飛       四球    四球    右飛   
(一) 丸子達也 .189    中飛    左安    一ゴ    空振   
(遊) 石井一成 .265    左飛    投安    四球    四球   
(捕) 道端俊輔 .306    右安    左飛    遊飛    中安   
(中) 中澤彰太 .094    二ゴ    一邪    四球    右飛   
(左) 川原孝太 .115       中飛    右飛 空振         
(投) 大竹耕太郎 .000       二ゴ    見振    投ゴ      
早大投手成績
名前
大竹耕太郎 2.22
関連記事

決勝打は川原!春秋連覇まであと一勝/慶大1回戦(11/1)

主軸が完全復活。いざ、早慶戦へ/法大2回戦(10/19)

終盤追い上げられるも白星 賜杯へ望みをつなぐ/法大1回戦(10/18)