競走部

2015.10.31

第47回全日本大学駅伝対校選手権 11月1日 愛知・熱田神宮西門前~三重・伊勢神宮内宮宇治橋前

全日本駅伝展望

 学生三大駅伝の2戦目となる全日本大学駅伝対校選手権(全日本)が幕を開ける。前回大会では、8年ぶりのシード落ちという屈辱を味わった早大。先日行われた初戦の出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)では6位と、上位争いに参戦することはかなわなかった。奪還に燃える早大だが、出雲を制した青学大や史上初の全日本5連覇が懸かる駒大など多くの強敵が立ちはだかる。熱田神宮から伊勢神宮まで、8区間で結ぶ106.8キロ。激戦必至の伊勢路に向け、エンジの戦士たちの戦いが始まる。

 近年、早大の課題とされる1区に選出されたのは、今季好調の中村信一郎(スポ4=香川・高松工芸)だ。昨年の全日本では3区で出走するも途中で失速し、納得のいく走りはできなかった。位置取りが重要となるこの区間で、最上級生としての粘りを見せたい。2区でタスキを受けるのは、出雲で区間3位の走りを見せた平和真(スポ3=愛知・豊川工)。申し分のない実績と経験を生かし、攻めの展開でチームに勢いをもたらす。最短区間の3区には、藤原滋記(スポ2=兵庫・西脇工)が選ばれた。チームの成長株が満を持して伊勢路に登場。スピード勝負で競り負けない勝負強さは必須だ。続く4区にエントリーされたのは、武田凜太郎(スポ3=東京・早実)。夏合宿の10マイル走で好走するなど、チームメートからも名が挙げられるほどの実力をアピールした。ロードシーズンでも、好調ぶりを維持することができるか。近年高速化が進むレースを攻略するためには、前半区間で流れをつくることが絶対条件となる。

 折り返しの5区を任されたのは、昨年同区間で起用された光延誠(スポ2=佐賀・鳥栖工)。シード圏内を逃した無念を晴らすべく、リベンジに燃える。同じく前回同様6区に選ばれたのは、井戸浩貴(商3=兵庫・竜野)だ。安定感のある走りが持ち味の井戸だが、出雲では苦しいレースを強いられた。自身とチームの雪辱を果たすため、冷静な走りが求められる。7区には、期待のルーキー永山博基(スポ1=鹿児島実)が登場。春先には自己ベストを連発し、チームに活気をもたらした。大学初となる駅伝では、爆発力のある走りに期待できるだろう。最後にタスキを受けるのは、この夏に著しい成長を遂げた佐藤淳(スポ3=愛知・明和)。出雲では区間5位と健闘したものの、駅伝シーズンではいまだ結果を残し切れていない。ことしはアンカーという大役を任され、これまでの悔しさを晴らすとともに真価を見せつけたい。

 相楽豊駅伝監督(平15人卒=福島・安積)が就任し、夏にはトレーナーを迎えるなどさまざまな改革を図った早大。結果として表れる選手も多く、層にも厚みが増した。だが、他大もその座を簡単に明け渡してくれるほど甘くはない。部内の実力が拮抗(きっこう)する中、高田康暉駅伝主将(スポ4=鹿児島実)や柳利幸(教4=埼玉・早大本庄)らのエントリーが見送られた。最上級生の思いもタスキに込め、挑戦者として力強く伊勢路を駆け抜ける。

(記事 須藤絵莉)

第47回全日本大学駅伝対校選手権
区間 距離 名前 学部・学年 出身校
1区 14.6キロ 中村信一郎 スポ4 高松工芸
2区 13.2キロ 平和真 スポ3 豊川工
3区 9.5キロ 藤原滋記 スポ2 西脇工
4区 14.0キロ 武田凜太郎 スポ3 早実
5区 11.6キロ 光延誠 スポ2 鳥栖工
6区 12.3キロ 井戸浩貴 商3 竜野
7区 11.9キロ 永山博基 スポ1 鹿児島実
8区 19.7キロ 佐藤淳 スポ3 明和
補欠    高田康暉 スポ4 鹿児島実
      三浦雅裕 スポ4 西脇工
      柳利幸 教4 早大本庄
      石田康幸 商2 浜松日体
      安井雄一 スポ2 市船橋

1区 14.6キロ:中村信一郎(スポ4=香川・高松工芸)

1993(平5)4月14日生まれ。173センチ、57キロ。

5000メートル 13分54秒09

1万メートル 28分52秒80

ハーフマラソン 1時間2分30秒

9月に行われた全カレ1万メートルでは自己記録を更新。5位入賞を果たし、日本人2位と好結果を残した。箱根以来の起用となった1区で、チームに勢いをもたらせるか。

2区 13.2キロ:平和真(スポ3=愛知・豊川工)

1994年(平6)11月5日生まれ。177センチ、57キロ

5000メートル 13分45秒74

1万メートル 29分07秒12

ハーフマラソン 1時間3分12秒

長距離では今季唯一早大から日本選手権に出場し、その実力は折り紙つきだ。出雲では区間3位も、その結果に納得はできていない。地元・愛知で今度こそ快走してみせる。

3区 9.5キロ:藤原滋記(スポ2=兵庫・西脇工)

1995(平7)10月16日生まれ。176センチ、56キロ。

5000メートル 14分08秒36

1万メートル 29分24秒07

ハーフマラソン 1時間5分04秒

チームの急成長株が満を持して登場。高校総体5000メートルで日本人2位の入賞経験を持つ。学生三大駅伝は初の出走だが、積極的にレースを展開したい。

4区 14.0キロ:武田凜太郎(スポ3=東京・早実)

1994年(平6)4月5日生まれ。174センチ、54キロ。

5000メートル 13分58秒83

1万メートル 29分04秒20

ハーフマラソン 1時間3分12秒

夏合宿で好調さをアピールし、出雲1区でも先頭から大きく遅れることなくタスキを渡した。大崩れしない走りを武器に、準エース区間で真価を見せつけることができるか。

5区 11.6キロ:光延誠(スポ2=佐賀・鳥栖工)

1995年(平7)7月18日生まれ。167センチ、49キロ。

5000メートル 13分54秒46

1万メートル 29分03秒47

ハーフマラソン 1時間3分57秒

世代トップクラスのスピードを持つ実力者。だが前回の全日本ではまさかの失速と、悔しい伊勢路デビューとなった。昨季と同じ5区を任され、雪辱を果たしてみせる。

6区 12.3キロ:井戸浩貴(商3=兵庫・竜野)

1994(平6)7月10日生まれ。171センチ、59キロ。

5000メートル 14分00秒55

1万メートル 28分54秒84

ハーフマラソン 1時間2分33秒

冷静で安定感のある走りが持ち味。しかしアンカーを任された出雲では、ハイスピードなレースに対応できず悔しい結果に終わった。昨季区間3位の好走を見せた6区で流れを呼び戻す。

7区 11.9キロ:永山博基(スポ1=鹿児島実)

1996(平8)7月20日。167センチ、50キロ。

5000メートル 13分58秒81

1万メートル 29分19秒68

ハーフマラソン ――

今シーズン何度も自己記録を更新している期待のルーキーが満を持して登場。初の駅伝となったが物おじせず、ルーキーらしい積極的なレースを展開したい。

8区 19.7キロ:佐藤淳(スポ3=愛知・明和)

1994年(平6)4月12日生まれ。168センチ、46キロ。

5000メートル 14分16秒38

1万メートル 29分20秒04

ハーフマラソン 1時間2分49秒

出雲では5区5位と着実なレースを展開し、62分台でハーフマラソンを走るなどロードへの適応力は抜群だ。アンカーという大役を果たし、昨季の伊勢路のリベンジを誓う。

補欠:高田康暉(スポ4=鹿児島実)

1993年(平5)6月13日生まれ。170センチ、54キロ。

5000メートル 13分50秒32

1万メートル 28分49秒56

ハーフマラソン 1時間2分02秒

補欠:柳利幸(教4=埼玉・早大本庄)

1993年(平5)4月23日生まれ。171センチ、58キロ。

5000メートル 13分47秒96

1万メートル 28分48秒50

ハーフマラソン 1時間3分04秒

補欠:三浦雅裕(スポ4=兵庫・西脇工)

1993年(平5)8月23日生まれ。165センチ、53キロ。

5000メートル 14分07秒63

1万メートル 29分42秒50

ハーフマラソン 1時間2分45秒

補欠:石田康幸(商2=静岡・浜松日体)

1995年(平7)12月21日生まれ。175センチ、56キロ。

5000メートル 14分19秒87

1万メートル 29分秒01

ハーフマラソン 1時間2分55秒

補欠:安井雄一(スポ2=千葉・市船橋)

1995年(平7)5月19日生まれ。170センチ、56キロ。

5000メートル 14分09秒39

1万メートル 29分47秒94

ハーフマラソン 1時間5分04秒