軟式庭球部

2015.10.30

皇后賜杯全日本選手権 10月24日 滋賀・長浜市民庭球場

ワセダから2組がベスト8に!

 ワセダから女王は生まれるのか――。秋晴れの空が広がるなか、滋賀県・長浜市民庭球場にて皇后賜杯全日本選手権が開催された。この日は大会2日目で、女子部からは5組が出場。その中から小林奈央(スポ4=香川・尽誠学園)・佐々木聖花(スポ2=東京・文化学園大杉並)組、木村理沙(スポ2=徳島・脇町)・平久保安純(社2=和歌山信愛)組の二組がベスト8進出を決め、最終日の戦いへ駒を進めた。

 最初に登場したのは小林・佐々木組。この日に行われた3回戦から5回戦の中で落としたのはわずかに1ゲームのみ。圧巻の試合を見せ、ワセダに勝利の流れを呼び込んだ。永井里佳(スポ3=東京・文化学園大杉並)・小泉友梨恵(社4=和歌山信愛)組は、三回戦は2ゲームを先取するものの、デュースまで持ち込んだゲームを連続して奪われ、苦しい展開に。5ゲーム目以降は立て直し、5―2で勝利。四回戦目は永井の調子が上がり、相手コートに鋭いボールを打ち込んでいく。ポイントをとった際にも大きく喜びの感情を露わにし、実業団相手に白星を飾った。学生チャンピオンの杉脇麻侑子(スポ2=和歌山信愛)・上原由佳(社1=群馬・高崎健康福祉大高崎)組も本来の実力を発揮。特に三回戦の第6ゲームはデュースを何度も繰り返した。しかし、杉脇が前衛の脇を抜くシュートボールを打ち込み、さらに上原も浮いたボールに対してすかさずボレーを決める。長いラリー戦を勝ち取り、「実業団選手相手でも戦っていけると思えた」(上原)と新たな収穫もあった。木村理・平久保組は三回戦をゲームカウント5―2で勝つと、四回戦では同じくダブル後衛の高校生ペアと対戦。2ゲームを先取するものの、その後は壮絶なラリー戦になり、一進一退の攻防が続く。しかし、高校生には負けていられない。大学生の意地を見せつけ、激しい打ち合いをゲームカウント5―2で制した。しかし一方、不本意な結果で終わったペアもあった。加瀬祐佳(スポ4=東京・文大杉並)・脇田愛(平成27社卒=稲門クラブ)組だ。2ゲームを先取するも、お互いのコンビネーションが合わず、惜しくも3回戦敗退。普段は得意のロブを有効的に使って試合を展開する加瀬だが、「上手く使えなかった」(加瀬)と悔やんだ。

加瀬・脇田組は奮闘するが3回戦敗退となった

 

 5回戦、木村理・平久保組、小林・佐々木組らは早々に白星をつけ、ベスト8へと駒を進めた。永井里佳(スポ3=東京・文大杉並)・小泉友梨恵女子主将(スポ4=和歌山信愛)組は全日本社会人選手権の優勝ペアと対決。永井の強気なストロークで積極的に相手を攻め、2ゲームを先行する。勢いそのまま勝利へと突き進むかと思われたが、なかなかボレーで決め切ることができず、流れを手放してしまう。最後までラリーをつないで必死に食らいつくが及ばず、黒星を喫した。続いて登場したのは杉脇麻侑子(スポ2=東京・文化学園大杉並)・上原由佳(社1=群馬・高崎健康福祉大高崎)組。実業団相手に2ゲームを先行され劣勢からのスタートとなるも、杉脇のコースをついたストロークで相手を揺さぶり、勢いに乗りゲームカウント4-3とする。学生チャンピオンとしてのプレッシャーを感じさせない、積極的に向かっていくテニスを展開した。しかし第8ゲーム、上原のポーチボレーの連続ミスでファイナルへともつれこむ。ファイナルでも相手に一度明け渡してしまった勢いを取り戻すことができず、サイドアウトやボレーのミスが見られ惜しくもベスト8を逃した。

社会人相手に拮抗した永井

 ベスト8に2ペアが進んだ今大会。学生のみならず社会人の選手も集う全国の舞台でも、ワセダの強さを見せつけた。負けてしまったペアも、様々な収穫があったに違いない。あすの準々決勝以降でもワセダらしさを発揮し、皇后杯を持ち帰ることができるのか――。小林・佐々木組、木村理・平久保組に大きな期待がかかる。

(記事 當間優希、吉澤奈緒、 写真 當間優希、三佐川唯)

※掲載が遅れ、申し訳ありません。

コメント

小泉友梨恵(社4=和歌山信愛)

――5回戦敗退という結果ですが振り返っていかがですか

相手は前回優勝してるペアだったのですが全く勝てない試合というわけではなかったので、途中まで競る場面もあり落としたのはとても悔しいという気持ちです。

――4回戦では途中から挽回して勝利しました

最初にかなり打ち込まれてしまって、私はしっかり前をはるということを意識しました。そうやってやることは決めていたので、負けてはいましたが焦らずできたと思います。

――最後の皇后杯、どのような気持ちで臨まれましたか

結構前から皇后杯には出ていたのですが、全然結果を残せていなくて。入賞とかいう結果の目標ではなくて、しっかり1試合1試合勝ち切るということを決めていました。

――今回たくさんのワセダの後輩が残ったと思うんですが、どのようにご覧になりましたか

自分たちは夏の試合ではレギュラーだったんですけど、インカレなどではレギュラーじゃない子も活躍していました。ワセダがレギュラーだけじゃなく、ほかの子も頑張っているという、ワセダの層の厚さを見せられた大会だと思いました。

平久保安純(社2=和歌山信愛)

――きょねん皇后杯で2位という成績をおさめられましたが、どのような気持ちで臨まれましたか

きょねん以上の結果を、とはあまり考えずに、楽しんでやって行こうと思っていました。

――ダブル後衛のペアどうしで当たる試合もありましたね

先にミスしないように粘ろうと思ってやっていました。ツイストなどを使って前に行かされる場面も多かったんですが、チャンスに変えようと思ってやっていました。

――ベスト8に残れたのは、何がよかった点だと振り返りますか

そんなに勝ちを意識しすぎずに、1試合1試合しっかりやれたのがよかったのかなと思います。

――他にもワセダの選手が沢山残っていると思いますが、どのようにご覧になりましたか

同じチームの選手が頑張っていれば自分のやる気も出るので、お互い上の方で当たれるよう頑張りたいです。

――あしたへの意気込みをよろしくお願いいたします

優勝とまではいかなくても、悔いなく終わりたいです。

木村理沙(スポ2=徳島・脇町)

――きょうでベスト8が決定しましたが振り返っていかがですか

1試合1試合厳しい戦いが続いているんですが、ペアに助けられながらやってこれたという感じです。

――特にどの試合が辛かったという印象などはありますか

やっぱりダブル後衛どうしの試合ですね。1本が長いし、取られたら取り返すのも大変なので、しんどかったです。

――どのようなことを心がけましたか

いろいろなことをやってくると思ったので、それの対応をしつつ、自分たちがミスしないように、とは思っていました。

――ワセダの選手がたくさん残っていますが、刺激を受けたりなどはしますか

みんなうまい人ばかりですが負けないように頑張りたいです。

――あしたの意気込みを教えてください

元気を出して、1球1球とったら喜んで一生懸命頑張りたいと思います。

上原由佳(社1=群馬・高崎健康福祉大高崎)

――学生チャンピオンとして挑んだ今大会への意気込み

学生チャンピオンとして向かってこられる立場でもあり、社会人の相手に向かっていく立場でもあったのですが、目標は一戦一戦学生チャンピオンとして恥ずかしくないように、学生の代表として、ひとつひとつ勝ち上がっていくということを目標にやってきました。

――試合を振り返って

やっぱり社会人相手でボールが結構速かったんですが、普段先輩方のボールを受けているので、あまり動揺などはありませんでした。でも自分の技術的に1本で決めきれなかった部分などが目立ってしまい、そこがあまり良くなかったと思います。

――ベスト8を惜しくも逃した最後の試合について

最初リードされて、そこから挽回して、リードして、また追いつかれてリードされてしまったので、相手にリードされて自分たちが追いつくまでの勢いを持ったテニスが続かなかったことが、そのあともう一回流れを持って行かれてしまったことにつながったかなと思います。あと1本というところで決めきれなかったことが何回もあって、決めきれない」というところが詰めの甘さなんだなと思いました。

――実業団相手に健闘したことについて

自分が高校生の時には実業団といったら本当にもう全然レベルが違って、適わないような相手だったんですけど、自分がいざ同じ舞台に立って戦ってみると、そんなに差は無いというか、先輩方を見ていても(実業団選手と)同じような、またそれ以上のプレーをしている人もいっぱいいるし、自分たちでも戦っていけるかな、と思いました。

――今大会の結果をふまえた今後の抱負

今回は3日目に残ることができなかったんですけど、学生の大会だとインカレの結果で向かってこられることも多いと思うので、自分の技術的にも精神的にも未熟な部分を直して、自分が向かっていけるような戦いをして、勝ちにつなげられたらいいなと思います。

杉脇麻侑子(スポ2=東京・文化学園大杉並)

――学生チャンピオンとして挑んだ今大会への意気込み

インカレチャンピオンとして出るので、結構プレッシャーがあったんですけど、
先のことは考えないで一試合一試合に賭けていこうと思いました。

――試合を振り返って

調子は悪くなくて、いつも以上のプレーはできたと思いました。

――最後の試合とその結果について

勝ちた過ぎて最後は自滅してしまったので、今思えばちょっと冷静にというか、柔らかくテニスができていたら勝っていたのかもな、という後悔の気持ちがあります。

――実業団相手に健闘したことについて

相手は二人共同じ高校の人だったので、勝たなければいけなかったなと思いました。

――今大会をふまえた今後の抱負

アジア予選があるので、そこは優勝目指して頑張りたいと思います。

加瀬祐佳(スポ4=和歌山信愛)

――今大会の意気込み

世界選手権前最後の試合だったので、どこまでいけるのかということと、上位入賞目指して臨みました。

――試合を振り返って

自分の力が発揮できたかと聞かれたらそうではなかったので、世界選手権に向けて今回できなかったことを修正していきたいと思います。

――普段よく使うロブよりもシュートボールが多かったが、その点についてはどう思うか

もう少しロブを効果的に使えばよかったなと自分としても反省があったので、シュート系のボールとロブを打つときのメリハリをもう少しつけて行きたいなと思います。

――相手に対してやりにくさなどは感じたか

特にやりにくさは感じませんでしたが、最初の流れのまま攻めきることが出来なかったので、流れを継続して持っていくことが出来なかったのが一番の敗因かなと思います。

――世界選手権への意気込み

まだ出たことがないので、世界選手権がどんな感じなのかはわからないんですが、きっと緊張すると思うので、その緊張感を楽しみながら日本に金メダルを持って帰ってこれるように頑張りたいと思います。