軟式庭球部

2015.10.30

天皇賜杯全日本選手権 10月24日  滋賀・長浜市民庭球場

3組が2日目の厚い壁を乗り越える

 全国から名のある強豪が顔をそろえ、ダブルス日本一を決める天皇賜杯全日本選手権。大会二日目にはベスト8決めまでが行われる。船水颯人(スポ1=宮城・東北)・星野慎平(スポ1=奈良・高田商)組、安藤優作(社1=岐阜・中京)・安藤圭祐(スポ3=岐阜・中京)組、船水雄太(スポ4=宮城・東北)・九島一馬(スポ4=宮城・東北)組の3組が勝ち進み、覇を争う8強に名乗りを上げた。

 三、四回戦を1で振り切る快進撃を見せた船水颯・星野組とは裏腹に三回戦を苦しんだのは安藤優・安藤圭組。序盤、後衛の安藤優が前に出る得意のダブルフォワードの陣形を効果的に使いゲームカウント4-2で突き放す。しかし、ここで簡単にはいかないのが天皇杯の怖さだ。徐々に勢いづく相手に対して拙攻に甘んじると苦しい展開に。2ゲームを連取され、ファイナルゲームに突入した。「ファイナルまで来たら切り替えるしかない」と安藤優がしっかり気持ちを引き締め直し、ラリーをつなげる。その奮闘を後押しするかのように安藤圭がポーチに出てポイント連取。ファイナルを7-3で振り切った。この苦しい展開を勝ち切った安藤優・安藤圭組は続く四回戦、五回戦では調子を上げ5-1、5-2で激戦をくぐり抜けた。

試合後、笑顔で握手を交わす安藤圭・安藤優組

 

 ベスト8進出がかかる5回戦。早々に8強入りを果たしたのは船水颯・星野組だった。対戦相手は、ワセダの大先輩、鹿島鉄平(平23スポ卒=現ヨネックス)・高月拓磨(平27スポ卒=現ヨネックス)組。「一歩も引かずに先手先手で行く」という船水颯の宣言通り、テンポの速い攻撃を仕掛け付け入る隙を与えない。船水颯の気迫のこもった打球に押された鹿島のボールがコートの外へ。相手に1ゲームも許すことなく圧巻の勝利を見せた。船水雄・九島組も5回戦は昨年ワセダをけん引した小栗元貴(平27スポ卒=現東邦ガス)擁する小栗・上松(岡山理大附)と対戦。小栗の強く踏み込んでコースに打たれる打球にラケットをはじかれ、第3ゲーム目をポイント3-0からの逆転を許す。続く第4ゲームは1本目2本目とラリー戦で力負け、4本目はツイストをネットに掛けるなどかなり状況は悪く始まった。しかし、小栗のショートクロスを狙ったレシーブを勢い良く飛び出した九島が捉え、何とかポイントをもぎ取りそこから反撃の嵐。デュースに持ち込むと、船水雄の高い打点から打たれるショットに相手の返球が甘くなる。九島が逃すことなくポイントを重ね第5ゲームを取り切った。「第5ゲームから粘って3-2にできたのが1番の勝因」という船水雄の言葉通り、勢いづいた船水雄・九島組はその後の競る展開でも主導権を渡さない。最後は船水雄の打球をしのぎ切れず小栗のロブがサイドアウト。ゲームカウント5-2で念願の最終日へと駒を進めた。

初めてベスト8進出を果たした船水雄・九島組

 ワセダから3組が8強に名をつらねるという快挙。「大会前からも6人で上に行けるように頑張ろうなと声をかけ合ってきた」(九島)。個人戦だが、心の中ではチームと共に戦う気持ちがこの素晴らしい結果につながった。この3組の中から頂点に輝くペアは生まれるのか――。切磋琢磨し合い、6人は最終決戦に臨む。

(記事、写真 三佐川唯)

※掲載が遅れ、申し訳ありません。

コメント

船水颯人(スポ1=宮城・東北)

――今大会の意気込みは

やはり、調子をだんだんと取り戻し始めて、いま流れに乗っている時期でもあるのでこのまま行けるところまで一戦一戦という感じです。

――調子はいかがですか

そんなに特別に良いというわけではないんですけど、気持ちの持ち方や集中力といった少し別の部分では良い方向に向いてるなと自分でもおもっています。

――試合内容を振り返って

いつもと違ってやはり強い人が多いので、9ゲームマッチも長く感じますし、星野とも話し合って先手先手で行けたらなと。なので先にリードしたゲームは気を抜かずに二人で話し合ってやれたかなと思います。

――最終戦は先輩の鹿島さんと高月さんでした

はい、このあいだもコートに来ていただいて一緒に練習したりだとか、関東一般でも決勝で当たったりしたので感じはわかっていました。僕らに隙ができたら付け込まれるというのを感じていたので、一歩も引かずに先手先手で行くことを常に考えてやった結果5-0という形で締めくくることができました。気持ちをしっかり高めてやれたかなと思います。

――ワセダから3ペア残りました

各自それぞれがいままでは戦って残ったというので、前から3ペア残ろうというのは言っていましたし、達成できてすごくうれしいです。ただあしたからは当たる可能性も高くなるので、敵というかライバルとしてそこはしっかり割り切って力を出し切りたいです。

――あすの意気込みをお願いします

あんまり欲を出さずにきょうみたいな感じで集中してやりきりたいです。

安藤優作(社1=岐阜・中京)

――今大会の意気込みは

実業団の人とか、学生でも大会で良い成績を残した人、強い人ばかりが集まっている大会なので常に向かっていく姿勢を忘れずに臨もうと思っています。

――以前今大会で良い成績を残したことはないと言っていましたが、ベスト8に残りましたね

そうです、高校のときに一回でて一回戦で負けたっていうだけなので、それが逆に欲もあまり出さずに向かっていける、良い方向に向いてるなと思います。

――試合内容を振り返って

きょうの一試合目はそれこそ自分たちが焦った結果競ってしまいました。あしたからは一戦目から強い相手と当たるので、最初だから崩れるという理由は通用しないと思うので最初からしっかり気合を入れて戦えたらなと思います。

――1試合目はファイナルにもつれました、勝ち切れた要因は

もつれてしまったんですけど、ファイナルに入ってからしっかりここまできたら最初からと同じだというように気持ちを切り替えて。そしたらやることをできたので勝てたかなと思います。

――最終戦はいかがですか

最終戦はこれを取ったらあすにつながるってことで自分でもすごく気合が入ってました。自分はチャレンジャーでもあるので勝たなきゃというよりは勝ちたいっていう気持ちでできたのが競った展開でも勝ち切れた理由かなと思います。

――ワセダから3ペア残りました

そうですね、上2本は順当に上がってきたと思うんですけど、僕らもインカレとかで一緒に戦ってきたので、負けてられないなという思いでやってきました。最終日に残れて良かったです。最後もみんなでハイタッチして、すごくうれしかったですね。

――あすの意気込みをお願いします

あしたの一試合目が高校日本一とやるんですけど、僕らも大学日本一なんで一歩も引かずに頑張りたいです。

安藤圭祐(スポ3=岐阜・中京)

――今大会の意気込みは

僕は天皇杯に良い思い出は無かったので、一試合一試合に集中して、とりあえず目の前の試合を頑張ろうという気持ちで臨んでいました。

――1試合目、ファイナルにもつれてからかなりポーチに出られていました

そうですね、相手の前衛が僕の高校の同級生ということもあって負けたくないっていう気持ちが強かったです。ファイナルに入ってからは、後衛の動きをしっかり見て、仕掛けていきました。

――今大会の自分のプレーを総括して

まだ、攻め切れていない部分がありますね。簡単なミスとかも多いので、基本の部分をしっかり振り返って土台をしっかり固めてからあしたの試合に臨みたいです。

――ついに2日目の壁を越えました

はい、緊張とかは無く良い感じなので
、あしたはやるべきことをしっかりやってその結果、勝てたらなと思います。

――ワセダから3ペア残りました

そうですね、来る前からみんなで一緒に残ろうという話はしていたんですけど、実際に達成できて、ワセダの層の厚さというか、普段の練習していることがしっかりと証明出来たんじゃないかなと思います。ただ、2ペア先に決まっている中での最終戦は勝ちたくなってしまって変なミスとかもありました。上の2ペアは僕らより強いので、僕らは僕ららしく向かっていく姿勢を忘れずに行けたらなと思います。

――あすの意気込みをお願いします

あすは初戦がインターハイチャンピオンということですごく勢いのあるペアで向かってこられると思います。僕らもそれに負けること無くしっかりと自分たちのプレーができたらいいですね。

――先日、船水・九島と当たりたいと言っていました

船水・九島がこんなに近くにいて当たることはもうないと思うし、もう最後だと思うので勝ち進めたらしっかりと試合していい思い出をつくりたいです。